雪ねこは仮想通貨と夢の中

吾輩は猫である。 資産はまだ (300万しか) 無い。

【日本発のICO】 COMSA事前登録がスタート



f:id:Yuki_BTC:20170804051812j:plain

  今回は日本発のICOであるCOMSAに関する記事です。

  登録LINKはコチラ 👇

https://tokensale.comsa.io/?ref_id=b0990be3bb105742dc25ba71529a74b4

   

  

  ICOとは?


ICO = Initial Coin Offeringsの略。

企業が独自トークンと呼ばれる仮想通貨を発行し、それを元に資金調達を行うこと。

簡単に言えば株式の仮想通貨verですね。
 

今回で言えばCOMSAという新しく発行される通貨(トークン)を

事前に購入できるということです
 

海外ではICOはここ最近でかなり有効な資金調達手段として採用されて

いましたが、遂に日本企業もICOに踏み出したようです!

これはコイナーとしては是非とも応援したいところ。
   

COMSAとは?


f:id:Yuki_BTC:20170804012333j:plain

 
 COMSAは仮想通貨取引所として有名な「Zaif」を手掛ける

テックビューロ社がこれから行うICOサービスのことです。
 

ビットコイン・イーサリアム・NEMに対応した

ブロックチェーンを用いてトークンを発行し、

そのトークンで様々な企業のICO独自通貨をお得に取引できる。

 日本の企業がICOを行うのはこれが初めてで、期待したいところですね^^
 

まずは10月にCOMSA自身の独自通貨が発行されます。

(10月2日14:00に開始、11月6日14:00に事前販売終了)

そのトークンは今後Zaifに上場し取引が可能となります。
  

◆事前登録時のトークン価格は1COMSA = 1USD(発行上限は無し)

◆トークン販売期間終了時、購入されたトークン総数と同じ数のトークンが追加発行され、その10%が紹介ボーナスとして配布、残り90%は運営側が保持。(下図参照)

つまり投資家が55%、残り45%は運営側が保持した状態で取引所に上場する。

◆COMSAトークンの使い道は今のところ ICO取引のみ。

つまり新規企業がICOを行い独自トークンを生成した際に、COMSAトークンでお得に購入することができる(後述参照)

 f:id:Yuki_BTC:20170804044840j:plain

    

そして11月には東証二部上場企業である

プレミアムウォーターホールディングス

CAMPFIRE

の2社がICOを予定しているとのこと。

つまりCOMSA持っておけばこれら2社の独自通貨をお得に買える

ってことになるわけだね。

テックビューロ社からすればCOMSA利用者が増えればそれだけ多くの

資金調達が可能になり、且つ取引所のZaifも潤うという一石二鳥の策。  

 

COMSAの利点と懸念点

 

利点

事前購入したCOMSAトークンの価値が高騰することでしょう。現時点でホリエモンやイケハヤさん

含め大御所方もこの話題について触れており、COMSAの知名度はうなぎ登り

と言っても過言ではありません。

通貨の知名度が上がり、流動性が高まれば自ずと価格高騰に期待できます。

(※短期で上がる保障はありません)
 

2つ目の利点として、COMSAのトークンで他企業のICO独自通貨を購入する際

に5%のボーナスが付与されること。
 

また、COMSAに対応した仮想通貨はBTC・ETH・NEMの3つだけなので、

COMSAの事業が成功してICOが普及すればこの3つの通貨の今後の値上がり

に期待できます。
 

ICOが国内で普及すれば、自ずと仮想通貨を持つことがメリットとなる

ようなサービスも向上し、仮想通貨界全体に益をもたらすのではないか?

と考えています。(ここはちょっと考えが漠然としていますね笑 ^^; )  

懸念点

 

先ほどの添付画像のように、総数の45%の量のCOMSAを運営側が保持した状態で取引所に上場します。果たしてこれがどう相場に影響するか...
 

発行数が倍になるということは上場時にまず価値が半減してからのスタート

となるのだと思います。

半減してZaifに上場するなら、上場した直後に買えばいいじゃない?

と思うかもしれませんが、上場直後は恐らく新規で買うことはできません。
 

なぜならCOMSAは事前登録が終了した時点で発行上限となり、新規発行

されない為、誰かが売りに出さない限り買うことはできないからです。
 

でも上場直後に売る人はいませんよね?価格が半減してるんだから。

これが短期では高騰しないであろう理由です。
 

45%のCOMASAは運営が保持しており、それを開発費や運営費用に回すとの

ことなので、そう考えるとCOMSAが長期的に継続し得る材料ともとれます。
 

短期的に暴騰、というワケにはいかないようですが長期的に見ればICOは

普及する見込みがあると確信していますので、私は即決で参戦します^^

頑張れテックビューロ社!笑
  

事前登録はもう開始しています(; ・`д・´)

購入は10月からですが、忘れないうちに登録だけでも(*'▽')
   

登録はコチラから (登録は終了しました)

  
読者になって頂けたら嬉しいです。

 
  

 合わせて読みたい