雪ねこはコタツの中

吾輩は猫である。 資産はまだ(150万しか)無い。

仮想通貨の資産をBTC建てと円建ての両方で見る理由


雪ねこです。

 

今回は初心者向けの記事です。

円建て』『BTC建て』って言葉耳にしたことありませんか??

聞いたことはあるけど意味はよくわかってないって人もいるはず。

今回は円建てBTC建てについて詳しく解説していきます!

 

  

円建て・BTC建てとは?

f:id:Yuki_BTC:20170905162509j:plain

円建てとは、ある通貨通貨の価値を円で示すこと。

BTC建ては、ある仮想通貨の価値をBTCで示すこと。

 

【例】

BTC=100円 (理解しやすい値段で設定) だったとしましょう。

自販機で120円のジュースが

120円と表示してれば円建て

1.2BTCと表示してればBTC建て

というわけです。カンタンなことですね^^

 

円建てとBTC建てで分ける理由

それはBTCが仮想通貨の基軸通貨だからです。

 私たちは日本人なので普段使っている通貨は『円』です。

しかし海外の取引所でしか購入できない仮想通貨を買う時、

世界中の人がそれぞれの国の通貨(Fiatと呼びます)で支払いしてきたら

色々ごっちゃになってしまいます。

なので『仮想通貨を買う時は基本的にはBTCで買う』というルール

のようなものがあるのです。(ETHでしか買えない通貨とかもある)

 

仮想通貨初心者の方は通貨を買う取引所は

Coincheck bitFlyer のどちらかを利用している人が多いと思います。

国内取引所であれば『円』に対応している為、円で買って円で売れます。

なので通貨の価値を円建てで見ていいと言えるでしょう。

 

しかし海外の取引所をメインに取引し始めるとそうもいきません。

その理由を解説していきます。 

       スポンサードリンク

 

 

円建ての罠

わかりやすく例を出して考えてみましょう。

 

1BTC = 100円、1XRP = 10円

の時に1BTCで10XRPを購入したとします。

この時は当然どちらも円建てで見ると100円分の価値があります。

 

ではこれが1ヵ月後に

1BTC = 200円、 1XRP = 15円になっていたとします。

『 やった! XRPの価値が1.5倍になってる! 利確利確~♪ 

 

...と思ってしまう人がいるかもしれません。

しかしここでXRPをBTCに戻そうとすると

 

10XRP = 0.75BTC となり、BTCが減っていることになります。

確かにXRPの価値は上がっているはずなのに損をしてしまう...

何故このようなことが起きるのか。

 

それはBTCの価値が大幅に上がっているからです。

上の例ではXRPが1.5倍になっているのに対し、BTCは先月の2倍。

もっと価値の上がったBTCに戻したら、そりゃ資産は減りますよね。

 

具体的な例を1つ挙げます。

👇これは8月初旬~下旬までのXRPのBTC建てのチャートです。

f:id:Yuki_BTC:20170905161818p:plain

ものすごい下降トレンド。ひたすら下落し続けてます。

しかし、この期間Coincheckの円建て表示のXRPはずっと20円で横ばいです。

これはXRPの円建て価値は落ちてないけど、BTCの価値が8月以降に

爆上げした為、BTC建てだとXRPは暴落していることになるわけです。

ちなみに私はこの時BTCの大半をXRPに変えていた為、大損でした(๑•﹏•)

 

じゃあBTCに戻さずそのまま円にすればいいのでは??

ところがどっこいBTCに戻さないと他の通貨を買えないんですよ。

仮想通貨の基軸通貨はBTCだから。XRPじゃ他の通貨は買えません。

 

だから国内取引所だけでトレードしてる人は円建てで大丈夫ですが、

海外取引所を利用する段階になるとBTC建てで考えないといけないのです。

 

       スポンサードリンク

 

 

最終的に増やしたいのはBTC

トレーダーの最終目的は何か?

それは日本国内の法定通貨(Fiat)である『円』を手にすること。

いくらXRPの価値が上がろうがXemの価値が上がろうが、

それはパソコンの画面上で資産が増えているだけの含み益です。

コインを日本円に変えて初めて『儲かった』と言えるのです。

 

そして最終的にはBTCの保有数がモノを言います。

例えば昨日9月4日に仮想通貨の大暴落が起きました👇 

BTC含めあらゆるアルトコインが暴落。

しかしBTCと同じくらい下落した通貨はBTC建てで見ると横ばい。

BTCよりも激しく下落した通貨がBTC建てでは暴落しているのです。

 

じゃあBTC建てで暴落してるうちに買っておいて、

元に戻ってきたときに売れば暴落時でもBTCの枚数は増やせるわけです。

あとはBTCの価格が円建てで元に戻るのを待てば、

暴落事件すらも利益に変えることができます。

暴落時はBTCを増やすチャンスなのです。

 

Coincheckの円建てチャートが真っ赤っかだと焦ってしまいがちですが、

常にBTCの保有数を増やすことだけを考えましょう。

 

国内の取引所しか使わないって人は円建てで考えて大丈夫です。

これから先、もっと勉強して海外取引所でもトレードしたいという人は、これを機にBTC建てで考えるクセをつけていきましょう(^^♪

 

ではっ٩( 'ω' )و

 

👇おすすめビットコイン情報サイト 

 

👇ビットコインFXを始めるなら