雪ねこはコタツの中

吾輩は猫である。 資産はまだ(150万しか)無い。

趣味の無い人にダーツをオススメする6つの理由


ども。雪ねこです(^^♪ 

 

f:id:Yuki_BTC:20170907023012j:plain

 

突然ですが、趣味が無い人っていますよね。

私は多趣味なので趣味が無い人って普段は何してるんだろうと思っちゃいます。

私の趣味の1つにダーツがあるんですが、ダーツはとにかくお勧めできる趣味です。

その理由を説明していきます。

 

 

 あまりお金がかからない

趣味ってやたらとお金がかかっちゃうものが多いですよね。

男性ならゴルフやギャンブル、音楽、ソーシャルゲーム、車にバイク etc... 

 

その点ダーツは比較的お金のかからない趣味と言えます。

まずマイダーツは3本セットで4000円~10000円程度。

その他のスポーツで専用のアイテムを揃えようとしたら

数万は軽く飛んでいきますが、ダーツはそんなことありません。

消耗品に至っては500円とかで買えます。

 

また、ダーツを投げるならネカフェかダーツバーになります。

料金体系はネカフェだとドリンク飲み放題の3時間で大体1000円くらい。

 

ダーツバーはお店によりますが

おおよそ3時間1500円~2000円+ドリンク別です(九州地方)。

家で練習する人は3000円くらいでダーツボードが売ってますので、

壁に掛けて練習すれば家でも投げることができますね(^^♪ 

とにかくそこまでお金がかからない!

 

 ダーツバーに行くと友達がすぐできる

何かのお店に行った時、知らない他のお客さんと遊ぶことって基本ないですよね。

ダーツバーでは初見のお客さんから『対戦しましょう!』とよく声を掛けられます。

これはダーツがそういう風潮のスポーツだからです。

ダーツには『知らない人に気軽に声を掛けて対戦するのが当たり前のスポーツ

という共通認識があるのです。筆者はダーツを5年やっていますが、

対戦を申し込まれてそれを断る人を未だ見たことがありません。

 

バーの店員さんにも気軽に勝負を申し込んでみましょう。

『強い人に勝負を挑んでも勝てないのが当たり前』なんてことはありません。

なぜならダーツにはハンデ戦があるからです。

大きな実力差があっても際どい勝負ができるようになっているのです。

 

ダーツを投げる人は必ず行きつけのダーツバーがあります。

あなたも近場のダーツバーに通えば常連客と何度も顔を合わせることになるので

すぐにダーツ仲間ができるはずです(^^♪

 

自分の実力が数値化される

ダーツを始めたら会員カードを作ります(500円)。

ダーツで遊ぶ際にそのカードをダーツマシンにセットすることで

対戦成績や自分のスコア等を細かく記録してくれます。

 

                👇こんな感じ

  f:id:Yuki_BTC:20170907004505j:plain

カードを通してダーツをすることで自分の上手さが数値化されるのです。

例えばDARTS LIVEという規格のダーツには

階級(RATINGと言います) が18段階に分かれて存在します。

初心者がダーツを投げたら恐らくRATINGは3~4くらいからのスタートでしょう。

 

実力が数値化されると上達していくのが目に見えてわかりますので、

成長期はダーツを投げるのがどんどん楽しくなっていくのです。

逆にスランプに陥ったときはストレスとの戦いです(笑)

 

ハウストーナメントが毎月開催されている

ハウストーナメント(略称ハウト)とはダーツバーが個人的に開催している小さな大会。

大会と言っても敷居は低く、ハンデ戦が基本なので初心者も

普通に参加してますし下手な人でも優勝することが普通にあります

ちなみに賞金もありますよ(^^♪

 

大体どこのダーツバーも月1か2か月に1度くらいの頻度でハウトを開いています。

ダーツバーで知り合いができると『来月〇〇のハウト出ましょう』と

誘われることも増えてきます。ダブルス戦もあるのでダーツ仲間ができたら

ダブルス型のハウトに参加すると一層面白くなりますよ。ダブルスは緊張します(笑)

 

       スポンサードリンク

 

 

大人からでも余裕でプロになれる

ダーツプロのほとんどが大人からダーツを始めて2~3年以内にプロになってます。

そもそも日本でダーツが流行り始めたのがここ数年のことなので、

トッププロでもダーツ歴浅い人は普通にいるのです。

上達早い人は本当に半年以内にプロ試験に受かります

勿論、プロになることはできてもプロの世界で勝つことは容易ではありません。

 

ダーツにはPHOENIXとDARTS LIVEという2つの有名企業があり、

PHOENIXのプロ試験のほうが簡単で、筆者でも合格できます。

DARTS LIVEのプロ試験はかなりハードル高いので

本気でダーツで食っていく覚悟のある人が受ける感じです。

 

趣味でダーツをやってるうちに上手くなって、

PHOENIXのプロライセンス持っておこうかな?と考える人も多いようです。

知り合いにダーツのプロって言えたらカッコイイですね!

 

ちなみにこの動画はPHOENIXの日本トッププロ同士の決勝です。

この2人はダーツ界でも有名なバケモンですが...笑


 

上手くなったらカッコイイ&女性ウケがいい

説明不要、もうタイトルのとおりです(笑)

ダーツバーにいる上手い人は本当にカッコイイです。

お世辞にも容姿がカッコイイとは言えないような人でも

とにかくカッコよく見えるんです。

 

そしてダーツは女性ウケが間違いなく良いです

彼女がいる男性は彼女に優しく教えながら投げるのもきっと楽しいですよ(^^♪

 ダーツバーならお酒も楽しみながらゆったり投げられるのでデートにも最適です♪

 

総括

 安くて、楽しくて、知り合いも増えて、デートもOK。

1つの趣味としてダーツをやると遊びの幅も広がると思います(^^♪

もしよかったらこれを機にダーツを始めてみませんか?

 

いきなりダーツバーは勇気はいるかもしれませんが、

普通にお酒を飲みに行く気持ちで入店して、ついでに店員さんに

ダーツ教えてくださいよー!って言えば丁寧に教えてくれるはずです(^^)/

 

このブログでもこれからダーツに関する記事を更新していきますので、

もしよかったらたまに覗きに来て下さると嬉しいです。

では今回はこのへんで(๑•̀ㅂ•́)و✧