雪ねこはコタツの中

吾輩は猫である。 資産はまだ(150万しか)無い。

仮想通貨のチャートにテクニカル分析は通用するのか


雪ねこ です

 

みなさん仮想通貨トレード順調ですか?

何も考えず適当にトレードしてたらヤケドするので、

少しはデクニカルな技術を身に付けておいて損はありません。

 

今回は仮想通貨のチャートにテクニカル分析が通用するのかどうかについて。

 

 

テクニカル分析とは

 

 テクニカル分析(テクニカルぶんせき、Technical analysis)とは、主に株式商品取引為替等の取引市場で、将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法である。

 

つまり『以前と似たチャートしてるな。以前はここから〇〇のように動いたから

今回もそうなる可能性が高い!』と予測することです。

Twitterでチャートに色々な線を引いてる👇のような画像を見たことがありませんか?

 

f:id:Yuki_BTC:20170909134724j:plain

f:id:Yuki_BTC:20170909134712j:plain

 

過去のチャート推移を元にチャートに線引きをして今後の動きを予想してるわけです。

筆者はテクニカル分析は独学で勉強した程度ですが、

実際に分析通りに相場が動くことは多いです。

 

こんな線引いて意味あるの?どう動くかなんてわかるわけない

と思う方もいると思います。次項でその意味を説明します。 

 

 

相場を動かすのは人間の心理

テクニカル分析の効果についてですが、結局のところ分析をするのは人間であり、

相場を動かしているのも人間です。(自動FXツールを使用している人も一部いますが)

 

売買をしているのは人間なのだからチャートが人間の心理状態に依存しているのは当然。

 

急騰して今買わなきゃ!』と思って飛びつくイナゴも

ガラがきてヤバい』と思って焦って売るのも

あの人が買ったから私も買っておこう』と思って買うのも

前回〇〇が底だったからまたみんな〇〇で買い戻すだろう』と思うのも

 

全て人間の心理状態が起因しています

 

チャートとは今までの投資家達の心理状態が積み上げてきた売買の軌跡なのです。

これをテクニカル分析に当てはめてみましょう。

 

f:id:Yuki_BTC:20170909142439p:plain

めっちゃ適当ですがこんなチャートのコインがあったとしましょう。

このあと赤い矢印のところから相場がどう動くか??を考える。

 

はっきり言って上がるか下がるかなんて誰にもわからないですが、

少なくとも分析してこの線を引いた人は『赤の矢印が底で、ここからは

また小さく上げる可能性が高い』と読みます。

 

押し目ですし、コツコツ利益を出すデイトレ勢ならここで仕込む人はいるはず。

 【押し目とは】

上昇傾向にある相場が一時的に下げること。チャート全体像では上昇している為、一時的に下げた底で仕込むと反発して利益に繋がりやすい。これを押し目買いと呼ぶ。

 

 つまり、テクニカル分析をしている人間がいる限り、

分析通りのタイミングで少なくともいくつか売買が発生するということです。

 

赤い矢印のところから分析勢の買いが入って一瞬でも反発すれば、

底を探っていた人間の心理状態は『反発した!ここが底だったから急いで買わなきゃ!』

となってなだれ込むように買いが殺到して反発が起きるわけです。

  

重要なのは情報ではなく、周囲の反応

少し話題が逸れますが、仮想通貨は好材料となるニュースがきたら

比較的簡単にチャートが釣られて高騰したり、逆に悪いニュースが来ると

すぐに下落したりしますよね。

 

昨日の9月8日に仮想通貨の暴落がありましたが、結局中国のデマだったとか、

いやガチな話だとか憶測が飛び交ってて、情報に振り回されすぎな感があります(笑)

 

ここで気を付けなければいけないのが、重要なのは

情報の内容ではなく、周囲がその情報を知ってどう動くかということ。

 

情報自体は好材料であっても急落する可能性があります。

最近のRippleのカウントダウン事件がまさにそれですね。

 

発表内容そのものは好材料でしたが、周囲の人間は落胆して浴びせ売りが殺到。

ここも結局は人間の心理状態が招いた下落だったと思います。 

 

 Rippleにとって好材料なんだから下落は無視してガチホ!でもいいのですが、

やはり周囲の人間からすれば売るに値する発表だったわけなので、

ここは相場にしたがってショートポジションをとるのが正解だったのかなと。

 

トレードで利益を出すなら

情報の中身より周囲の人間のアクションを読み取ることが大事ということですね。

 

総括 

 テクニカル分析は仮想通貨には通用しないと言う人もいますが、私はそうは思いません。

たった1人のトレードで相場が動いたり(与沢翼のXRP1億円買い等)するわけですから、

分析勢の動きに釣られて周囲がアクションを起こしてしまうからです。

 

-30%のような大暴落時にはたった1つの買い注文で相場が逆転して反発することも

珍しくありません。みなさんもこれを機にチャート分析を勉強してみましょう。

 

ビットコインFXに最適の取引所

ここで紹介するのは『ビットコインFXに特化した』取引所です。

アルトコインでチマチマトレードするんじゃなく、ビットコインで

レバレッジ(倍率)掛けてガッツリ稼ぎたい人にオススメです。

 

特にビットコインFXはテクニカル分析が重要になってきますよ

 

 Bitbank.trade

bitbank trade

ここはレバを20倍までかけられます。

FXと言えばハイレバ。bitFlyerは15倍までなので20倍は非常に魅力的。

また、追証が無いとのことで安心してトレードできますね

 

ちなみに『bitbank』と『bitbank trade』は別なので注意。

bitbank tradeの解説記事はコチラ   

GMOコイン

 

GMOコインに至ってはレバ25倍までいける

ここはスマホアプリがかなり使いやすいと評判です。

スマホで普段取引してる人はGMOコインが良いかもです。

 

今回はココまで。

 

 

👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و

  

 

合わせて読みたい