雪ねこはコタツの中

吾輩は猫である。 資産はまだ(150万しか)無い。

仮想通貨のトレードで損をしない為のコツと心構え【下落チャート編】


雪ねこです。

 

前回のデイトレ術に続き、個人的に気を付けていることをつらつらと書いていきます。

今回は価格が下降しているコインの買い方編です。前回の記事はコチラ👇

 

 

 BTCはある程度常に持っておく

落したコインを底で買えたら美味しいですよね。

でもいざという時に買う資金が無いと話になりません

なので取引所には常にBTCもしくは日本円を用意しておきましょう。

 

手持ち2BTCの場合2BTCを全て分散してポジションとっておくのではなく、

0.5BTCは常に持っておいて1.5BTCをデイトレに使うなど工夫しましょう。 

暴落したコインを買うために泣く泣く損切りした経験が何度かあります...w

 

急落は買い、緩落は見送り

ボラの激しい仮想通貨界。

数日に1度は一瞬で10%以上下がる暴落が起きています。

 

このように下落には一瞬で下がりきる急落と緩やかに時間をかけて下がる緩落がありますが、

私は急落した時にポジションをとることが多いです。

 

前回の記事でも書きましたが基本的に買いを入れるときは

上昇トレンドに乗っている押し目の時で、下降し続けているコインは買いません

 

緩落しているコインはテクニカル分析が利くコインでもありますが、

永遠に下降し続ける草コインを何度も目撃しているので私は手を出さないことにしています。

 

しかし、10%近く急落したときは例外。急落したあとは一瞬で

ある程度まで戻ることがほとんどなので 底を見極めてガッツリ資金を突っ込みます。

f:id:Yuki_BTC:20170911225958p:plain

 

このとき私の中で1つルールがあって、『1度目の戻しで必ず売ること』です。

急激な戻しがきて含み益ができた場合、

 

どこまで上がるかわからないからなるべく上で売ろうとしてしまいがちです。

しかしその通貨は1度暴落していることを忘れてはいけません

 

基本的に戻しが暴落前の価格を追い抜いて上に突き抜けるなんてことはほとんどなく、

ある程度戻したらまた落ちていくことが大半です。

 

売りのタイミングを逃すと含み益が消えて売るに売れず、塩漬け状態になりかねません。

欲を出さずに利益が出たらどこかでサクっと利確してしまいましょう。

損をしないことが勝つ最短の道です。

 スポンサーリンク

 

 

買わなければ損はしない

私は寝る前にコインを2~3個決めてかなり下げた位置に買いの指値を入れてます。

買えなくて当たりまえ、もし買えたらラッキー』くらいの位置です。 

 

急落が始まって-8%くらい下げたとしても-10%くらいの位置まで待ちます。

もしかしたら-9.5%から反発してしまいギリギリで買えないかもしれません。

でもいいじゃないですか、買えなかっただけで損はしてないんですから

 

 言ってることは当たり前のようですが結構大事なことだと思っています。

moonしてしまったコインを買い逃すと悔しいですが、買い逃しは損をしません。

 

しかし、浅い下落で焦って買ってしまい、

そこから更に下げてしまったら塩漬けするか、損切りするかの2択になってしまいます。

 

なるべく損をしたくないのであれば、大チャンスの時のみ買えばいいのです。

仮想通貨はその大チャンスが来る頻度が多いです。

 

  

総括

主要コインだけ買うなら正直買ったら気絶しとくのが一番確実です。

海外取引所でマイナーなコインも買ってデイトレしてどんどん資産を増やしたい

攻めっ気の強い人は、なるべく損をしないトレードの仕方も知っておきましょう。

負けなきゃ勝ちですよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 

 

今回はココまで。

 

 

👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

  

 合わせて読みたい