雪ねこはコタツの中

吾輩は猫である。 資産はまだ(150万しか)無い。

Segwit2XによりBTCがB2Xと分裂。B2Xが『ビットコイン』になる?


雪ねこです。

 

11月にまたビットコインがハードフォークするね。

次に誕生するコインの名称は『B2X』。

つい最近BTG分裂したばかりだけど、今回のフォークはBTGよりも深刻

 

B2Xの分裂によりビットコインがどうなるのか。

それにより市場にどんな影響があるのか。

アルトコインはどうなるのか。

 

さぁ考察していこう。

 

 

Segwit2Xの概要と日時

よく耳にするSegwit2Xというのは、簡単に言うとビットコインのアップデートの名称。

今のところマイナーの約85%がSegwit2xを支持していて、分裂することが濃厚。

 

アップデート日時は11月16日を予定しているんだけど、

これはあくまでも予定で実際はブロック生成速度に依存する。

 

BTGのときもそうだったよね。

ブロックNo.140147で分裂するBTGは予定よりフォークが1日早まった。

 

実は今回のSegwit2Xも予定よりブロック生成速度が速く、

BTG同様にハードフォークが前倒しになる可能性が高い

 

正確な日時は不明だけど恐らく11月14日~15日あたりになるはず。

ハードフォーク前後は相場が荒れるので常に注意しておこう。

 

f:id:Yuki_BTC:20171029135757j:plain

( 出典:https://bashco.github.io/2x_Countdown/ )

☝Segwit2Xのカウントダウンサイトがあるので参考にして欲しい。

 

ビットコインが入れ替わる!?

Segwit2XのハードフォークでBTCとB2Xに分裂するけど、

この2つのコインのうち、『ハッシュパワーの高いほうをビットコインと認識する

という声明がCoinbaceの記事で発表されている。

 

f:id:Yuki_BTC:20171029121437j:plain

 

つまりフォーク後にB2Xのほうが『ビットコイン』になってしまう可能性がある。

こうなってしまうと間違いなく市場に大混乱を引き起こすことになる。

 

 まずB2Xの現在のBTC建ての価値は約0.2BTC前後で推移している状態。

これがビットコインに置き換わるなら、B2Xが現在の1BTCの価格まで

一気に大暴騰し、現在のBTCが大暴落を引き起こすことに繋がる。

 

取引所の対応は?

f:id:Yuki_BTC:20171029142520p:plain

 

国内でいえばbitFlyerがSegwit2xを支持する方針

しかし取引所ごとに、どのコインを『ビットコインとするか』が

分かれていてはユーザーが混乱してしまう。

 

bitFlyerがいくらSegeit2x支持派で、B2Xを『ビットコイン』と見なす方針でも、

他の取引所がBTCをそのまま『ビットコイン』として取り扱った場合、

おそらくbitFlyerを利用する人は激減するでしょう。

 

取引所はあくまでユーザーありきの『商売』なので、

個人の思想でユーザー離れを引き起こしては元も子もない。

 

おそらく国内の取引所はビットコインの定義について

足並みを揃えて発表してくるだろうと筆者は読んでいるよ。

 

ただしBTGの時みたいにフォーク直前で内容を覆すような 

発表をしてくる可能性もあるからアナウンスには常に気を張っていよう

(bitFlyerはBTGフォークの前日の夜に前倒しメールを飛ばしてきた)

  

 スポンサーリンク

 

 

『BTC』が無価値になる可能性とアルトコインの将来

もしB2Xが大きなハッシュパワーを持って『ビットコイン』となった場合 、

BTCは勿論大暴落する。

 

その場合、マイナーはBTCをマイニングし続けるだろうか?

いや、マイナーはよりマイニング報酬の高い別のコインを採掘し始めるだろう。

 

するとマイニングのされなくなったBTCはブロックの生成速度が著しく低下し、

送金そのものが機能しなくなる未来が見える。

 

もしB2Xが主導権を握った場合、BTCは消えて無くなることすらあり得るのだ。 

 

アルトコインはどうなる?

もしB2Xがビットコインとなった場合、アルトコインはどうなるだろう?

今の仮想通貨界のほとんどのアルトコインがBTC建てで取引されている。

 

BTC建てがわからない人はこの記事を読もう

 

一気にBTCが大暴落をし、マイナーがいなくなり、ほぼ『無価値』同然と

なってしまった場合にBTC建てのアルトコインは高騰する。

 

しかしこれは高騰であって高騰ではないのだ

 

BTC建てで価値が上がってもBTCの価値が無くなればそれはもう

アルトコインも道連れに無価値になってしまうということ。

 

これを防ぐ為に可能性としてアルトコインが『B2X建て』になることが考えられる

しかし、もし『B2X建て』になるとして、そのタイミングはいつになる?

 

BTCとB2Xの価格が乱高下する状況で、

アルトコインの基軸通貨を入れ替えるベストタイミングがあるとは思えない。

 

アルトコインの価値が無くなることは無いだろうが、

ビットコインを基軸通貨として価値付けされているアルトは間違いなく荒れる。 

 

ビットコインキャッシュ(BCH)が主導権を握る可能性

  f:id:Yuki_BTC:20171029124327j:plain

 

最近ビットコインキャッシュ(BCH)が注目を集めている。

これはSegwit2xによりビットコインの将来を危惧し、

BCHのハッシュパワーが増加するであろうとの読みから買いが殺到している為だ。

 

また、世界最大規模のBTCマイニング社BitmainのCEOであるジハン氏もBCHを推している

BCHの支持者は多く、BCHがBTCやB2Xに取って変わって本物の『ビットコイン』

となる可能性も否定できない状況だ。

 

マイナーははっきり言ってBTCがどうなろうが知ったこっちゃ無いのだ。

マイナーはマイニング報酬の高いコインを採掘できればいいのであって、

それがBTCであろうがBCHであろうがB2Xであろうが関係ない。

 

そもそもビットコインの価値はマイナーありきだ。

彼らが採掘しなければビットコインの価値は無くなる。

 

今後のビットコインの主導権を握る争いは

マイナーの動向をチェックしていくことが必須となるだろう。

 

投資家はどうするべきか

f:id:Yuki_BTC:20171029143117j:plain

今のところはBTCを保有していればB2Xが確実に貰えるというわけではない。

 

しかしこれは取引所の対応に依るところが大きいので、

今後の取引所のアナウンスを待とう。

 

筆者はB2Xの付与はされると思っているので

取引所のアナウンス後はBTCが一時的に高騰すると睨んでいる。

 

しかしフォーク後はどうなるか誰にも予想できない為、B2X付与後は

BTCが暴落すると予想される。さすがに付与後すぐに高騰することは無いだろう。

 

投資家として取る行動は数パターンある。

①BCHに全力。資産をほとんどBCHに突っ込む

②一旦BTCに戻してB2Xを貰った後、BTCをアルトかフィアット通貨に変えて静観

③B2Xは貰わず分裂直前にアルトを全力で仕込む

 

筆者は①と②で迷っている。

個人的にB2Xは使い物にならないコインになり、

BTGと同じ扱いを受けると思っているのでB2Xには固執しない方針だ。

 

総括

情報が多すぎて何が正しいのか判断するのも難しい状況だが、

筆者はB2Xがビットコインとなることは限りなく薄いと考えている。

 

B2Xは開発者が1人しかおらず、ホワイトペーパーもまともな内容ではない

マイナーはSegwit2Xにおけるブロックサイズの拡張を行わないと、

マイニングのウラワザが使えなくなるので支持しているに過ぎないのだ。

 

それにマイナーには逃げ道としてBCHのマイニングもある。

なにも『B2X』という通貨を本気で支持しているわけでは無いはずだ。

 

BTCのユーザー視点で言えば開発者1人の通貨を

基軸通貨になんかして欲しくないのは当然。

 

最終的にはBTCが今まで通り『ビットコイン』となる未来が見える

 

なんにせよこれからの取引所やマイナーの動向に注意して

情報をしっかり把握し、最善の行動をとろう。 

 

 

👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

 

B2Xの各取引所の対応まとめはコチラ