雪ねこはコタツの中

吾輩は猫である。 資産はまだ(150万しか)無い。

ビットコインFXの始め方や注意点・用語を徹底解説するよ【FX初心者必見】


f:id:Yuki_BTC:20171115131102j:plain

 

雪ねこ、BTCFXで死んだってよ。

 

今回はビットコインFX(BTCFX)の解説記事。

筆者自身BTCFXは最近始めたので、

実際にFX初心者が経験したことを初心者にわかりやすく解説していくよ。

 

👇前回の記事はコチラ 

  

 

FXの基本的な考え方

FXは小さなお金で大きな取引ができるよ。

例えば1万円だけ用意すれば15万円分のビットコインが買えて取引できたりする。

 

少ない資金で大きな量のビットコインを持つわけだから、

BTC価格が上がると自分の資産が増えるのも早くなるし、減るのも早くなる

 

例を出すと、BTC価格が50万円の時に10万用意したとする。

レバレッジ倍率を5倍にすると10万円で50万円分のBTCが売買できるので、

10万円あれば1BTC買うことができる。

 

【BTC価格が55万円に上がった場合】

1BTC持っているのでBTC50万→55万だから5万円の利益が出る。

もしこれがFXじゃなかったら10万円だと0.2BTCしか持てないので、

50万→55万になっても1万円しか勝つことはできない。

 

【BTC価格が45万円に下がった場合】

FXで1BTC持っているとBTC50万→45万なので5万円の損失だ。

FXじゃなかったら0.2BTCしか持ってないので、1万円の損失で済むことになる。

 

つまりレバレッジを5倍にすると勝ち額も負け額も5倍になるということ。

これでイメージができたかな?

 

ビットコインFXを始める前に知っておいて欲しいこと 

 

資産マイナス(借金)には基本ならない

初心者がFXに持ってるイメージって『資産がマイナスになるから怖い』だと思う。

でもはっきりいって資産マイナス(借金)なんてまずならないよ。

 

通常のFXにも仮想通貨FXにも『ロスカット』っていう、

ある程度価格が落ちたら自動的に決済されるルールがある。

 

ロスカットがあるおかげで暴落が起きても資産がマイナスになる前に切られるから

FXは預けた金額以上に負けることは基本的に無いよ

 

1万円で練習がしたかったら最悪1万円までしか負けないってこと。

ここがFX初心者が一番勘違いしやすいとこだね。

  

素人が簡単に勝てるほど甘くない

預けた金額以上に負けることは無いけど、だからといって甘い世界じゃないよ。

Twitterとかブログとかでは『BTCFXで原資30万から1000万達成した』 

とかをよく見かけるよね。

 

でもあれって勝ちまくった人だけが報告するから勝ってる人ばかりが注目されてるだけ

FXで100万溶かした人よりも100万勝った人のほうが喜んで記事にするってこと。

 

FXは投資家同士のマネーの取り合いだから、

1000万勝つ人のウラには1000万負けてる人がいるってことだけは忘れないで欲しい。

 知識もなく適当に売買してたら運の良い人以外は高確率で負けるよ。

 

FX専門用語の解説

ビットコインFXでよく聞く専門用語を初心者向けに簡単に説明するよ。

 

◆ポジション

今後価格が上がると見込んで買ったらロングポジション

今後価格が下がると見込んで売ったらショートポジションを持っている状態。

 

◆証拠金

FXをする為に用意した金額のこと。

 

◆レバレッジ

証拠金に掛けられる倍率。

レバレッジ10倍で証拠金10万用意したら100万円分の取引ができる。

最初は低いレバレッジで練習するといいだろう。

 

◆証拠金維持率

用意した証拠金が何%増減しているかの割合みたいなもの。

証拠金維持率が下がりすぎる(含み損が膨らむ)とロスカットされる。

 

◆建玉(たてぎょく)

売買をして自分が今持っているポジションのこと。

証拠金10万円のレバレッジ10倍で1BTCを買った場合、

1BTCの買い建玉を持っていることになる。

買った分は返さないといけないので、1BTCを売るとポジションが解消される。

 

◆強制ロスカット

含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に決済されてポジションを解消されること。

どこでロスカットされるかは取引所によって変わる。

例えば証拠金維持率50%以下でロスカットのbitFlyerだと、

用意した10万円の証拠金が5万円を切った時点でロスカットが起きる。

 

◆追証(おいしょう)

証拠金維持率が一定の割合を下回ると、期日までに追加入金を迫られること。

期日までに入金が無い場合はロスカットされる場合が多い。

 

◆指値注文・成行注文

指値注文は自分で価格を指定して売買注文すること。

成行注文は今出ている価格で安いほう(高いほう)から順に買って(売って)いくこと。

 

 スポンサーリンク

 

 

初心者がビットコインFXをやる上で気を付けるべきこと

最初は必ず低いレバレッジで練習しよう。

レバレッジ5倍以下ではそこまで値が動かないので初心者は3~5倍で始めるといい

慣れてきたら10倍以上に上げていこう。

 

また、理論に基づいた価格推移の予想をテクニカル分析と呼ぶけど、

仮想通貨ビットコインはテクニカル分析から大きく外れる動きをしやすい。

 

いきなり大暴騰や大暴落をすることもある為、余裕を持った取引を心がけよう

特に初心者はポジションを持ったまま寝ると朝起きた時に悲惨なことになりかねない。

  

初心者は相場が大きく動いた後に天井でショートポジを入れるか、

大暴落があった後に底でロングポジをとるかだけに絞ると勝ちやすいだろう。

  

おすすめBTCFX取引所の比較

仮想通貨FXやるなら候補として挙がるのが以下の4つ。

 

BitMEX

f:id:Yuki_BTC:20171115122954j:plain

レバレッジ最大100倍

ロスカット:証拠金維持率0%で適用(ゼロカット)

追証   :なし

 

BitMEXは筆者が一番オススメするFX取引所だ。

なんとレバレッジが100倍なのである。

 

8000円あれば80万円のビットコインを1BTC分取引することが可能。

もちろん8000円が一瞬で溶ける可能性もあるので注意が必要だ(笑)

FX上級者でもBITMEXを勧めている人は多い。

 

FXをやるならレバレッジは高いほうが夢があるので腕に自信がついたら

BITMEXでやってみるといいだろう。

もちろん小さなレバレッジでも取引できるので初心者にもオススメできる

  

 

bitFlyer Lightning

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

レバレッジ:最大15倍

ロスカット:証拠金維持率50%以下で適用

追証   :証拠金維持率80%以下で追証発生

 

bitFlyerにはLightningという名称のビットコインFXに特化した機能がある。

bitFlyerではスプレット差が大きいのでアルトコインを買ってはいけないが、

ビットコインFXをする分には問題ない

 

国内最大手の取引所なのでユーザーも日本一だ。

ただしLightningFXはサーバーが弱く、大きく価格が動いて取引が活発になると

画面が固まったり鯖落ちしたりすることがあるので注意が必要だ。  

 

Bitbank.trade

bitbank trade

レバレッジ:最大20倍

ロスカット:証拠金維持率20%以下で適用

追証   :なし

 

bitbank tradeはレバレッジを20倍までかけられる

FXと言えばハイレバ。bitFlyerは15倍までなので20倍は魅力的。

また、追証が無いので安心してトレードできるようだ。

 

ちなみに『bitbank』と『bitbank trade』は別なので注意。

国内でBTCFXをやっている人の取引所の中ではユーザーは少なめ。

 

👇bitbank tradeの解説記事はコチラ 

  

GMOコイン

 

レバレッジ:最大25倍

ロスカット:レバ5倍だと75%、15倍だと80%、25倍だと85%以下で適用

追証   :なし

 

GMOコインはレバレッジ25倍までいける

しかもアルトコインのFXまでできる貴重な取引所だ

 

ここはスマホアプリがかなり使いやすいと評判。

また、スプレット差(買いと売りの価格差)が300円と非常に狭く、

手数料で損をすることがないのが安心だ。

スマホで普段取引してる人はGMOコインを強くオススメするよ。

 

ただし、GMOコインは大金を稼ぎすぎると規制が入る

初心者にはオススメできるが、上級者はBITMEX等のほうがいいだろう。

 

👇GMOコインの解説記事はコチラ 

 

どの取引所を使っても勝率に大きな影響はないよ。

なので利用する取引所は『使いやすさ』と『自分に合ったレバレッジ』で選ぼう。

  

総括

ビットコインFXが流行り始めてるから触って経験してみるのは良いことだと思う。

ただし簡単に勝てるわけではないので、そこだけは注意してね。

FXは必ず余剰資金でやろう。

  

腕の無い人が頻繁に買ったり売ったりすると負けることが多いので注意しよう。

今回はココまで。 

 

👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و