SBIVC (SBIバーチャルカレンシーズ)の特徴・登録方法を解説【仮想通貨取引所】

f:id:Yuki_BTC:20171223164853p:plain

今回は2018年春にオープンする国内最大規模となるであろう取引所、SBIVC(バーチャルカレンシーズ) について解説していくよ。

 

  

SBIVC(バーチャルカレンシーズ)とは

 

f:id:Yuki_BTC:20171223162252p:plain

SBIVCは大手企業SBIホールディングスが立ち上げようとしている仮想通貨取引所

ストレスフリーな仮想通貨取引所』をスローガンとし、金融庁の認可も既に取得済で10月より事前予約を開始した。

一般登録は現在延期中となっていて2018年春から登録開始予定だ。

  

SBIVCを利用するメリット

 

 安心感が桁違い

 
親会社SBIホールディングスは証券、銀行、保険、住宅ローンなどを手掛ける金融最大手。資金力・サービスやセキュリティ面において抜群の安心感があることは言うまでもない。

また、これは取引所が開設してからでないとわからないが、資金力にモノを言わせられるSBIVCはbitFlyerやCoincheckのような大きなスプレッドにはしないのではないだろうかと思ってるよ。

資金力があるということは細部にまで余力を割くことができるということなので、サーバーの安定化や迅速なサポート体制等に期待できるね

圧倒的な人気と信頼を誇るSBIだからこそユーザーも自然と集まり、日本一の取引所となることが予想される。

 

取り扱い銘柄は安心のコイン


最大手企業が手掛ける取引所は基本的に上場コインに対してかなり慎重な姿勢をとることが多い。仮想通貨には詐欺じみたコインも中にはあるからね。

ユーザーからの支持を無くさない為や資産保護の観点から、SBIVCが選び抜いた信頼のおけるコインは以下の3種類。

●ビットコイン (BTC)
●ビットコインキャッシュ (BCH)
●リップル (XRP)

 
最初は3種のみだが、どこの取引所もオープン当初は少数銘柄からスタートしているので特に問題ではない。徐々に銘柄は増えて行くはずだよ。

国内で大人気のMONAXEMLISKあたりも上場に期待だね。


特にSBIグループはRipple社との提携を進めていて、『SBI Ripple Asia 株式会社』を設立している。おそらく国内でXRPを売買するならSBIVCが基準となりそうだ

 

海外取引所にあるコインを素早く円に換えたい場合、送金の遅いBTCではなくXRPに変えてからSBIVCに送金して売れば素早く円に換えることもできるようになるね。

 

住信SBIネット銀行と提携

 
仮想通貨投資において最もメリットの多い住信SBIネット銀行だけど、これも勿論SBIホールディングスの子会社なわけだ。

つまりSBIVCと住信SBIネット銀行は100%提携するし、おそらく利用者に何らかの特典やメリットも付与されるんじゃないかと思ってる

まぁ住信SBIネット銀行はSBIVCが無くても仮想通貨投資をやってる人は全員開設しておくべき銀行だけどね。 

住信SBIネット銀行なら取引所への入金が無料なんだ。
他にも様々なメリットがあるよ。

ほぼ全ての国内取引所と提携している
取引所への送金手数料が無料
24時間365日コンビニATMで引出し可能
他行への送金も回数制限内なら無料

投資家になった人のほとんどは住信SBIネット銀行を同時に利用し始める人が多い。
仮想通貨をやるなら必ず口座開設しておこう。 

住信SBIネット銀行を口座開設する


 ▼詳しくはコチラ▼
  

SBIVCのデメリット

 

まだオープンしていない為、現状デメリットは見当たらない。
オープン後に実際に利用したあと詳しく記載していく予定だ。

デメリットとして個人的に気になっているのは以下の3項目。

各種手数料
サーバーの安定度
取り扱いコインの上場スピード

やはり気になるのはこの3つだよね。

現状この3つを完璧にこなしている取引所は国内には無い
海外だとBinance(バイナンス)くらいかな。

トラブル時の運営サポート等に関しては不安は無いと思っている。
そこは天下のSBIだからね。

オープン後はこの3項目にも注視しながら詳しく追記していくよ。 

 

 スポンサーリンク

 

 

SBIVCの登録方法

 
2017年12月現在では、 事前予約登録者のみが開設している。

でもサービスはまだ始まってないので慌てる必要はないよ


一般登録が始まったら登録方法をココに記載していく予定。

 

SBIVCの操作方法

 

サービス開始後、記載予定。

  

 

  

総括

 

SBIVCは間違いなく2018年の日本一の国内取引所に成長するはず。

一般登録が始まったら各自必ず開設しよう。

オープン後は詳細な情報を記載していくので、今は1月のオープンを待ちだね。

今回はココまで。
 

👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 


合わせて読みたい