雪ねこは仮想通貨と夢の中

吾輩は猫である。 資産はまだ (400万しか) 無い。

話題のトークンQASH(キャッシュ)とは? QASHの特徴と取引所QUOINEXでの買い方を解説



f:id:Yuki_BTC:20180115032555p:plain

今話題になっている仮想通貨トークンQASHについて解説していくよ。
QASHを売買できるのはアジア最大級の取引所QUOINEXだ。

  
QUOINEXの登録はこちら

 

  

QASHとは

 

名称  :QASH (キャッシュ)
発行上限:1,000,000,000 QASH
取引所 :QUOINEX(コインエクスチェンジ)

▼公式Twitter▼
https://twitter.com/QUOINE_Japan

▼公式Webサイト▼
https://liquid.plus/ja/#home

▼ホワイトペーパー▼
https://www.stellar.org/papers/stellar-consensus-protocol.pdf

 

仮想通貨トークンQASHは、取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)がICOにて発行した独自トークンのこと。

2017年11月にICOを開始し、僅か3日で完売し350,000,000QASHの調達に成功。

QASHはQUOINEX社が手掛けるLIQUIDプラットフォームにて利用可能なトークンになるとのことだ。

  

LIQUIDプラットフォームとは

 

f:id:Yuki_BTC:20180114233306p:plain

LIQUIDプラットフォーム

世界中に点在する仮想通貨取引所が提供する全ての流動性を1つの取引プラットフォーム(World Book)に集約する。 更に、その流動性を享受する為に必要な各種関連サービスを一体提供することにより、QUOINEX LIQUIDプラットフォームユーザー全てに世界中の流動性へのアクセスを可能にする。

 
 難しいこと書いてあるけど、ものすごく簡単に言うと世界中の仮想通貨取引のオーダー全てを1つのブックにまとめて、価格差のない公正かつ円滑な取引を目指す、といった感じだね。

取引所によってユーザー数や取引高が違うから、現状は取引所間で適正な価格の取引が行われているとは言い難い。LIQUIDプラットフォームはこれを改善する為のプロジェクトと考えるとしっくりくるよ。

 

QASHホルダーの声

 

QASHは国内の有名な仮想通貨クラスタも保有している人が多く、将来有望である銘柄として注目されているようだね。 

  

  


国内銘柄はコミュニティがしっかり出来上がるから底が堅く、ホルダーの握力が強くなる傾向にある。QASHもテレグラムグループ人数が日を追うごとに増加しているよ。

2018年はじわじわと底上げしていく銘柄になりそうだね。

  

 スポンサーリンク

 

 

QASHの価格・チャート

 

f:id:Yuki_BTC:20180117215623j:plain

2018年に入ってから高騰し、最高値では270円ほどまで値をつけた。

16日の仮想通貨大暴落ではさすがに一旦下落し、17日現在は約160円ほどを推移しているよ。下がった場合は買い増しチャンスと捉えよう。

 

QASHが買える取引所QUOINEX

 

QASHは国内取引所のQUOINEXで購入することが可能だ。 
 
QUOINEXの登録はこちら

 
QUOINEXの特徴は以下のとおり。

・ BTC/JPYの取引手数料が無料
・指値注文が可能
・レバレッジ25倍まで可能

・QASHを購入可能

QUOINEXは国内の取引所にしては珍しく、指値注文ができる取引所。

現在はBTC・ETH・BCHしか取り扱っていないが、ZEM・LTC・XRPが上場予定となっていて、これら全てが指値で購入できる取引所は国内では他にないので必ず登録しておこう。 

 

総括

 

今までQUOINEXはあまり注視されていなかったけど、今後注目され始める取引所になると思ってるよ。

日本人に大人気の通貨であるXEMとXRPが指値注文で売買できて、かつJPYで入出金ができる取引所となるのでユーザーがどんどん流れてくるはず。

QASHもTwitterなどのSNSを中心にホルダーが増え続けているので、興味があれば買ってみては如何だろうか。今回はここまで。
 

👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 


合わせて読みたい