コインチェック(Coincheck)がハッキングされNEM580億円分が流出? 取引所の危険性を再認識しよう



f:id:Yuki_BTC:20180126190517p:plain

2018年1月26日、取引所コインチェック(Coincheck)にて約5億NEM(580億円分)が正体不明のアカウントへ不正送金された模様。

今回はこの事件と取引所に資産を預けておくことの危険性をみていこう。

※記者会見によりハッキングが確定。被害総額は580億円。
 更に流出した資産は顧客のXEMであったとのこと。

⇒コインチェック社は全てのNEM保有者に対しJPYにて返金に応じると発表。

 

  

コインチェックから約5億NEMの送金

 

1月26日に取引所コインチェックから約1億NEMずつ5つのアカウントへ送金されていることが発覚する(計580億円分)。 


そしてこの後、コインチェック公式がNEMの取引および入出金を一時的に停止することを公式ページにて発表した。

これを受けて界隈では5億NEMがハッキングにより盗まれたのでは?という噂がまことしなやかに流れ、市場は大混乱。

他の取引所ではNEMの投げ売りが始まり、105円から一気に80円まで暴落する。

f:id:Yuki_BTC:20180126173051p:plain


更に、コインチェックはNEMだけでなくBTC以外の全てのアルトコインの売買およびに出金すらも停止するとアナウンス。 
おそらくこれはパニック出金を防ぐ為の措置だろうね。

 

更に山本一郎氏のコインチェック資産流出疑惑の記事がヤフーに載り、Twitterでは『コインチェック』がトレンド入り。

山本一郎氏は今回の流出は関係者から裏が取れているとの発言をしている為、本格的にハッキングの線が濃厚となっている模様だ。 

 
このコインチェック騒動は海外でもかなり話題になっているようで、NEMだけでなくBTC含む他のアルトコインまで道連れとなって下落している。

海外でも仮想通貨大国である日本の大御所取引所コインチェックの陥落はかなり警戒していると思われる。

 

もし流出だった場合、資産は戻ってくる?

 

今回の件で流出した金額は約580億円分。

これは以前マウントゴックス社が出した損害約120億よりも遥かに大きい。

またコインチェック代表の和田社長は以前このように発言している。

f:id:Yuki_BTC:20180126183226p:plain

 
6億円の損害で会社単体での補填はかなり困難とのことだが、今回の額はその95倍の金額だ。

これはもはや補填は不可能ということと解釈して問題ないということになる。

コインチェック社が現在どれくらいの資産を保有しているか不明なので何とも言えないが、580億という額はかなり致命的なダメージになり得るだろうね。

ちなみにコインチェックには100万円までなら資産が盗まれた際に補填するというサービスがあるが、あれは個人ウォレットに限った話であり今回の件では適用されないはずだ。

 

【追記】

記者会見にて580億の資産を取り戻すことは不可能と大塚氏が言及。

顧客の資産に関してはできるだけ迷惑のかからないよう対策を検討中とのこと。

  

取引所は安全ではない

 

ほとんどの人が仮想通貨資産を取引所に保管してると思うけど、取引所に預けておくことは決して安全ではない

取引所はいつでもハッキングに遭って倒産する可能性が充分あるし、特定のアドレスが狙い撃ちされる事件も報告が多数挙がってる。 

国内でも有名なマウントゴックス事件で取引所に預けてあったビットコインは返還されない事例があり、これはいつ自分の身に降りかかってきてもおかしくない。

『一番有名な取引所だしみんな利用してるから大丈夫でしょ』なんて理屈は一切通用しないんだ。

資産管理において一番安全なのは自分専用のハードウェアウォレットに資産を移して、自宅でそれを管理すること。ハードウェアウォレットは他社に資産を預けない形で自己資産管理ができるから、 紛失しない限り絶対にハッキングに遭うことも無いよ。

  

 ハードウェアウォレットで最も利用されているのはLedger Nano Sだ。

 

 スポンサーリンク

 

 

取引所の自己セキュリティはしっかりと

 

f:id:Yuki_BTC:20180126185417j:plain

取引所 がハッキングされるのはユーザーは防げないけど、せめて個人攻撃に遭わない為のセキュリティはしっかりやっておこう。

・1つの取引所に資産を集中させない
・2段階認証は絶対に設定する

・パスワードは絶対に取引所毎にオリジナルを使用
・Gmail等のパスワードも絶対に使いまわさない


上記4つは徹底すること。
2段階認証の無いウォレットはハッカーに目をつけられると簡単に侵入されてしまう。

また、取引所毎にパスワードは絶対に変えること。パスワードを全て使いまわしていると1つに侵入された際に全ての取引所に侵入されることになるよ

もちろんGmail等のフリーメールのパスワードとも別にしておこう。Gmailに侵入されてしまったら、そこから先のハッキングは素人でもできるからだ。

取引所のパスワードがわからなくても、パスワードを忘れたボタンを押せばGmailに新しいパスワードが届くので、ハッカーは好きなだけ取引所に侵入できるんだ。 

  

総括

 

今回の件がハッキング被害なのかそうでないのか、補填はあるのか無いのかは公式アナウンスを待つしかない

⇒ハッキング確定、補填は検討中。


今回は最近仮想通貨に参入した人には良い教訓になったと思う。

仮想通貨は資産がなくなるかもしれない覚悟を持ってやるべき』であり、『必ず余剰資産で投資すること』を守って参加しなければならない。 

あとNEMは一切悪くないので暴落後に投げ売りしている人たちは最終的に損をする可能性があるよ。投資は底で買って天井で売らないと勝てないからね。

今回の件で資産を失うハメになる人もいるかもしれないけど、良い経験だと思って次に活かそう。仮想通貨は毎日どこかしらで事件が起きてるのだから。 

 

👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

コインチェック以外で仮想通貨を買うなら