雪ねこは仮想通貨と夢の中

吾輩は猫である。 資産はまだ (400万しか) 無い。

マイイーサウォレット(MyEtherWallet)の作り方・使い方を徹底解説。ICO参加やエアドロップ受け取りに必須!



f:id:Yuki_BTC:20180130234626p:plain

今回は最近また流行ってるAirdrop(エアドロップ)の受け取りやICO参加に必要なマイイーサウォレット(MyEtherWallet)の作り方を解説するよ。

取引所に預けておくよりも安全だし、作っておいて損は無いからこの機会に自分専用のウォレットを作成しておこう。

 

  

MyEtherWalletとは

 

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は通称MEWと呼ばれている。

イーサリアム(ETH)やイーサリアムクラシック(ETC)、ICOやエアドロップで配布される様々なトークンを保管することが可能なウォレットのこと。

ICOやエアドロップへの参加は取引所のアドレスはNGであることが多くMyEtherWalletの作成が必須になってくるよ。

セキュリティ面も取引所に置いておくよりもずっと安全なので、これから仮想通貨投資をやっていく人は自分専用のウォレットを作成しておこう。

  

MyEtherWalletの作り方

  


MyEtherWalletのアドレス作成はこちら

 

上記リンクからTOPページへ。

まずは上部バーの『English』をクリックして日本語に変えておこう。

f:id:Yuki_BTC:20180130195328p:plain

パスワードは何でもいいけども必ずオリジナルで長めの文字列にしよう。

資産保護の観点から20文字以上あることが望ましい。


その後Keystoreファイルをダウンロードして大切に保管しておこう。

最後に『理解できました、続けます』をクリック。

f:id:Yuki_BTC:20180130200055p:plain


次は 秘密鍵 が表示されるのでこれをメモしておこう。

秘密鍵はあなたのウォレットを開く際に必要なパスワードみたいなもの。

この秘密鍵は 絶対に忘れてはいけないし、誰にも教えてはいけない

秘密鍵が流出すると資産が盗まれることになるよ。


f:id:Yuki_BTC:20180130200927p:plain

秘密鍵をメモし終えたら『アドレスを保存してください』をクリック。

これでMyEtherWalletの作成は完了。

 

MyEtherWalletの使い方

 

TOPページの上部バーから『お財布情報を見る』を選択。

ログイン方法の一覧が表示されるので、一番下の秘密鍵を選択して右側に出てくる欄に秘密鍵を張り付けると出てくる『アンロック』をクリックすればログインできるよ。

f:id:Yuki_BTC:20180130203343p:plain

 

ログインしたあとの画面はこんな感じ。

f:id:Yuki_BTC:20180130214212p:plain

 

入金・出金の方法

 

入金に関してはTOPページに表示されている0xから始まる『自分のアドレス』宛てに送金するだけでOKだよ。
ETHと他のトークンが1つのアドレスで管理できるようになってるので便利だね。

出金はまず上部バーの『Ether / トークンの放出』をクリック。
もう一度秘密鍵の入力を求められるので入力してアンロックしよう。

f:id:Yuki_BTC:20180130215635p:plain

上記画面になるはずなので、送金したいアドレスと量・通貨の種類を選択しよう。

ガスリミットは基本的には21000のままでOK。

あとは『トランザクションの生成』をクリックして、その後表示される『トランザクションの放出』をクリックすれば送金が完了するよ。

ガスリミットとは

ETHやトークンを送金する際の送金手数料。
多く設定すれば早く着金するし、少なすぎると着金が遅くなる。

基本は21000ガスなので基本的には21000のままでOK。
エアドロップやICOでガス量の指定があった時はその値を入力しよう
ガスは最終的に手数料としてETHが残高から引き落とされる。


ちなみに上部バーにある『ガス価格』をいじれば価格を調整することが可能だけど、ICOから特に指示が無い場合は触らないほうが良いよ

f:id:Yuki_BTC:20180130222632p:plain

  

 

トークンの残高表示

 

ETHはトップページに表示されてるけど、デフォルトではトークンの残高は表示されていないね。

トークンの残高を表示する場合はトップページ右下にある『トークン残高』の『ONly show Balances』をクリックしよう。

するとMEWで取り扱われている全てのトークン一覧が表示されるので、残高が知りたいトークンのところの『Click to Load』をクリックすれば残高が表示されるよ。

f:id:Yuki_BTC:20180130224022p:plain

上記画像だと『ACC』っていうトークンの残高を見たけど、筆者はACCを保有してないから0ACCと表示されているね。

 

トークンの受け取り方

 

ICOやエアドロップに参加した場合、トークンをMEWで受け取ることになる。

けどICOやエアドロップのトークンは新規発行されたトークンだから、実はそのままのETHアドレスじゃ受け取れないんだ

新しいトークンを受け取るにはまずトークン情報を入力しないといけない。

まずトップページ右側に表示されるアカウントアドレスから『Tokens(Ethplorer.io)』をクリックしよう。

f:id:Yuki_BTC:20180131002916p:plain


すると下記画面に飛ぶので、右上の検索窓に受け取りたいトークンの名称を入力

今回は試しに『IOST』というトークンで入力してみる。

するとすぐ真下にアドレスが表示されるのでそれをクリックしよう。

f:id:Yuki_BTC:20180131003308p:plain


するとIOST専用の画面に移行する。

ここで下記画面の赤枠で囲ってある部分の

・Contract
・Symbol
・Decimals

の欄の記号をメモしよう。
これがIOSTのトークン情報になる。
 

f:id:Yuki_BTC:20180131003623p:plain

次にトップ画面に戻って、画面右下の『トークン残高』のとこにある『カスタムトークンを追加』をクリック。

f:id:Yuki_BTC:20180131004132p:plain

ここの

・トークン契約アドレス欄にcontractのアドレスを入力
・トークンシンボル欄にSymbol記号を入力
・ケタ数欄にDecimalsの数字を入力

最後に『保存する』をクリックすればMEWに新しいトークンが登録されるよ。
あとはトークンが付与されるのを待つだけだ。

 
 
【ICOの場合】

ICOに参加した場合はトークン配布時に、メール等でこの3つの項目を埋める暗号が送られてくるのでその通りに入力して『保存する』をクリック。

そうすることでMEWに新しいトークンが表示されるようになり、ICOで購入した分のトークンもいずれ反映されることになるよ。 

  

 スポンサーリンク

 

 

総括

 

MEWをを初めて知った人もこの記事を読めば、アカウント作成からエアドロップ・ICOからのトークン受け取りまでこなせるようになると思います。

初心者にICO参加は少しハードルが高いかもしれないけど一度覚えてしまえば難しくないので、これを機にMEWアカウントを作ってみよう。

特にエアドロップはタダでトークンが貰えるので参加して損は無いからね。

ICOやエアドロで脱・初心者を目指して賢く資産を増やそう。
 

👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

合わせて読みたい