仮想通貨のコンセンサスアルゴリズムとは? PoW・PoS・PoI・PoCの違いを解説

f:id:Yuki_BTC:20180213162313p:plain

今回は仮想通貨のコンセンサスアルゴリズムについて解説するよ。

難しそうな用語だけど 、仮想通貨の知識を付けていく上でよく耳にする重要なシステムなのでこの際しっかり理解して覚えておこう。

   

  

コンセンサスアルゴリズムとは?

 

コンセンサスアルゴリズムは直訳すると『合意方法』。

非中央集権を採用している仮想通貨は銀行のように通貨を管理する組織がなく、取引の承認方法や意見の食い違いを誰が・どのようにして決定するのかを決めるルールのようなものがコンセンサスアルゴリズムだ。

仮想通貨で取引が行われた際、その取引が正しかったのかどうかを判断する必要があり、その判断方法が通貨ごとに違う形式を採用しているわけだ。

主なコンセンサスアルゴリズムは4種類ある。

PoW (Proof of Work)
PoS (Proof of Stake)
PoI  (Proof of Importance)
PoC (Proof of Consensus)

このように様々なアルゴリズムが存在するけども、こういったルールを決めておかなければ51%攻撃により正常な取引が行えなくなる可能性があるんだ。

事項で各アルゴリズムについて詳しくみていこう。
 

51%攻撃とは
ある仮想通貨の取引承認の過半数以上(51%以上)を特定の人物・組織が独占してしまうことで、取引の承認・非承認の権限が悪用されてしまうこと。
この51%攻撃を防ぐ為に様々なコンセンサスアルゴリズムが生み出され、正常な取引を保ち続けている。

 

  

PoW (Proof of Work)方式

 

コンセンサスアルゴリズムの中でも代表格となるのがPoW。

取引データが格納されるブロックチェーンにおいて、膨大な計算量を要する問題を最初に解いた者を取引承認者とする方式だ。

ブロックチェーンは過去から現在まで全て連動している為、悪意ある者が不正にブロックチェーンを伸ばそうとしても、その他大勢のマイナーの計算量を上回る速度でブロックチェーンの承認作業をし続けなければならないので改ざんが実質不可能と言われている。特定の個人が過半数の51%以上を独占することは困難というわけだね。

マイニングとは
PoWを採用する仮想通貨では全ての取引が取引台帳に記録されている。しかしこの取引台帳のデータどおり正常に取引が行われているかの検査が必要となる。

このデータの整合性を確かめる作業がマイニングであり、コンピュータを利用して複雑な計算処理を行い、最初に計算を解いた者に報酬が支払われる仕組み。

報酬目当てで世界中の人々がマイニングに挑戦し、世界中の人々から取引データが監視されながらデータの整合性が取られている為、正しい取引が行われていることがわかる。

 
しかしPoWにも大きなデメリットがある。
マイニングは成功報酬がある為に日々世界中のマイナー達による競争が激化していて、高性能なスペックを搭載したマシンを数千台用いてマイニングにあたっている業者も多々存在する。

それだけハイスペックなマシンをほぼフル稼働でマイニングする為、マイニングには膨大な電気代が掛かるのが現状だ。それ故にマイニングは電気代の安い地域(中国のド田舎)で盛んに行われている。

PoWのマイニングによる電気の無駄遣いを問題視する人も多く、PoWは時代遅れで不完全なアルゴリズムと発言する人も少なくない。

PoWを採用している代表通貨
BTC・BCH・LTC・ETHなど (ETHはPoSに移行予定)
 

 スポンサーリンク

 

 

PoS (Proof of Stake)方式

 

多くのアルトコインはこのPoSアルゴリズムを採用していて、PoSにはPoWのようなマイニングという概念が無く、通貨の保有量に応じて報酬を支払う仕組みをとっている。

 簡単に言い換えれば通貨を持っていれば持っているほど報酬が貰え、且つ発言権も得ることができるということ。

個人にマイニングはハードルが高すぎてお勧めはしないけど、PoSならコインを購入して保有しておくだけで増えていくからとても簡単。しかも電気代なども掛からないので非常にエコなアルゴリズムと言えるね。

でもPoSだと富豪が特定の通貨の51%以上を保有してしまったら51%攻撃が可能なのでは?と思うかもしれないけど、その心配は要らない。

なぜならもし仮に特定の通貨で51%以上の保有をしている人が不正を働いたら、その通貨の信用は一気に失われて間違いなく価値が暴落するからだ。

価値が暴落して困るのは51%以上保有している本人なのだから、不正をするメリットが無いというわけだね。

 
ただしPoSにもデメリットがあるよ。
PoS通貨は保有量が多ければ多いほど報酬が受け取れる仕組みなので、個人個人がたくさん保有してガチホしてしまう傾向が強く、通貨としての流通量が減少してしまうリスクが付きまとう。

仮想通貨は利用されてナンボなのに、報酬目当てで取引量そのものが減少してしまっては通貨としての存在意義が薄れてしまうというわけだね。
もちろん51%攻撃に対する耐性はPoSと同じくメリットが無い為起こり得ないという見解だ。

PoSを採用してい代表通貨
NEO・ADA・PAC・XPなど
 

 

PoI (Proof of Importance)方式

 

POIと言えば有名なのはネム(XEM)。
POIは特定の通貨において保有量・取引回数・取引量などから、コミュニティへの貢献度を算出して報酬を与える仕組みだ。

つまり通貨をたくさん持ってて取引もいっぱいしてて通貨を盛り上げてくれてる人に多くの報酬を支払うよっていうシステムだね。

保有するだけでいいPoSとは違い取引回数や量も報酬に影響する為、積極的に取引が行われて流通が捗るというわけだ。PoIはPoSの弱点を克服したアルゴリズムと言える。

PoIを採用している代表通貨
XEM 

  

PoC(Proof of Consensus)方式

 
PoCを採用しているのは日本人が大好きなリップル(XRP)。

PoCでは一部の信頼された組織が承認者(バリデーター)として選出され、取引の際にバリデーターの80%の合意が得られた取引だけが承認される仕組み。

PoCでは信用のおける組織に取引の承認作業が委ねられている為、とにかく承認時間が短いのが最大のメリットだ。

XRPの送金が速いと言われるのもこのアルゴリズム形態のおかげなんだね。
バリデーターの大半は金融機関が選出されており、金融機関同士が結託して不正を働かない限りは51%攻撃は起こらず、現実的には有り得ないと言われているよ。

PoCを採用してい代表通貨
XRP

  

総括

 

 今回は4つのアルゴリズムを紹介したけど、仮想通貨に触れていればよく耳にするフレーズなのでしっかり理解しておこう。

また、自分が保有している通貨がどのアルゴリズムを採用しているかを把握すれば報酬を受け取ることができるようになるかもしれない

特にPoS通貨は種類も多く、専用ウォレットに入れておくだけでいいので誰でも気軽に報酬を受け取ることができるのでオススメだ。
仮想通貨は知識=増収に繋がるのでこれからもどんどん自主的に勉強していこう。

👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 
合わせて読みたい