ライトコイン(Litecoin)の仕組み・安く買える取引所・将来性を徹底解説



f:id:Yuki_BTC:20180214171223j:plain

今回はライトコインの仕組みや安く買える取引所等を解説していくよ。

ライトコインはかなり古株のコインで、知名度も高くて時価総額も5位付近にいる大物コインなので、この際しっかりその仕組みを理解しておこう。

Litecoinを安く買えるbitbank

    

  

ライトコイン(Litecoin)とは

 

略称  :LTC(エルティーシー)
時価総額:約100億 USD
発行枚数:8400万枚
ブロック生成:約150秒
アルゴリズム:PoW (Proof of Work)

▼公式Twitter▼
 https://twitter.com/litecoin

▼公式Webサイト▼
https://litecoin.com/

▼ソースコード▼
https://github.com/litecoin-project/litecoin

 
ライトコインは2011年10月に共有ウェブサービスの『Github』上でCharlie Lee氏によって作られた仮想通貨だ。
Charlie Lee氏はビットコインをリスペクトしているそうで、ライトコインもビットコインのプログラムコードを基に作られた仮想通貨となっているため基本的にはビットコインと基本的な仕組みは同じ

以下の動画はライトコインの解説動画。
日本語訳もついているので非常にわかりやすいよ。

 

▼ Charlie Lee氏のTwitterアカウント▼
 

ライトコインとビットコインの違い

 

f:id:Yuki_BTC:20180214171847j:plain

 ✅ブロック生成時間の違い
ビットコインのブロック生成時間10分毎に対して、ライトコインのブロック生成時間は2.5分と約4倍の速度で新しいブロックが生成される。

ブロック生成時間が短いということは取引の承認時間が短いということなので、結果ビットコインよりもライトコインのほうが送金速度が速いということだね。

ただし、ビットコインの承認時間10分というのはセキュリティ保護の意味でもあるので、承認時間を短縮すればするだけ良いというわけでもない。

取引データの改ざんや二重支払いなどのリスクを考えると安全面ではビットコインに軍配が上がるということだね。

 

発行枚数の違い
ビットコインの発行枚数2100万枚に対して、ライトコインは8400万枚。
ブロック生成速度と同じく発行枚数も約4倍になっているね。

これはコンセンサスアルゴリズムがPoW(Proof of Work)である為、ブロック生成速度が4倍速いライトコインはビットコインの4倍の速度で新規発行されるから。

▼コンセンサスアルゴリズムの解説はこちら▼


暗号方式の違い
ビットコインとライトコインではそれぞれ採用している暗号方式が『SHA-256』と『Scrypt』となっている。
これにより何が違ってくるかというと、SHA-256を採用しているビットコインはマイニングの際にGPU(画像処理回路)を利用するのに対し、Scryptを採用しているライトコインではCPU(中央集積回路)を利用する。

技術的な話になってよくわからないかもしれないけど、要するにマイニングに必要なPCのパーツが変わると考えておけばOKだよ。

  

 スポンサーリンク

 

 

ライトコイン(LTC)の価格・チャート推移

  

f:id:Yuki_BTC:20180214165222j:plain

 
 LTCの価格推移は以下のとおり。

2017年2月     450円
2017年6
月   3000円
2017年9月   8000円
2017年12月   40000円(最高値)
2018年2月 18000円

1年前の450円から最高値の40000円まで約90倍になってるね。
時間をかけてしっかりと上昇していっているのがわかる。

 

ライトコイン(LTC)が安く買える取引所

 

国内でライトコインを安く買うならビットバンク (bitbank)一択だ。
ビットバンクは指値注文が可能な為、自分の好きな価格で注文することが可能

ライトコイン以外にもリップルやイーサリアム・モナコイン等の主要な通貨も他の取引所より安く購入することができるので必ず登録しておこう。 

bitbankの登録はこちら
  

 

海外の取引所で安くライトコインを買いたい人はBinanceで購入しよう。
BinanceはLSKだけでなく国内では買えない様々なアルトコインが取り扱われていて、日本人ユーザーの最も多い海外取引所だよ。

Binanceの登録はこちら
 

 
 

総括

  

LTCはBTCと仕組みは同じ
BTCと発行枚数や取引の承認速度が違う

価格は1年で約270倍に
購入はbitbankかBinance

コインチェックが取り扱っていた銘柄なので聞いたことはあったけど、仕組みまでは知らなかった人も多いと思います。

もしライトコインに興味を持たれたなら是非購入して保有者になってみよう。
ライトコインは様々な企業提携や決済サービスが開始し始めているかなり有望なコインなので将来的にもかなり明るいと思うよ。
 

👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 


合わせて読みたい