モナコイン(MONA)を安く買える取引所はどこ?特徴や将来性も合わせて解説

f:id:Yuki_BTC:20180216134757j:plain

今回はモナコインの仕組みや安く買える取引所等を解説していくよ。

 モナコインはかなり古株のコインで、特に日本人に人気が高く時価総額も70位付近にいる。特定の店舗で決済手段としても用いられているコインなので、しっかりその仕組みを理解しておこう。

  

モナコイン(MONA)が安く買える取引所

 

国内でモナコインを買うなら取引所Zaif(ザイフ)一択だろう。

そもそもモナコインを最初に取り扱いを始めたのがザイフなので元祖モナ取引所で、ザイフのチャット欄もモナコイン好きなファンが大勢いる。

また、ザイフではMONAコインの積み立て投資もできるので是非モナコインを積み立ててみよう。積み立てとは毎月コツコツ自動で買い増していくローリスクな投資方法のことだ。

Zaif(ザイフ)の登録はこちら

  
また、モナコインはビットバンク (bitbank)でも安く購入可能。

ビットバンクはモナコイン以外にもリップルやイーサリアム・ライトコイン等の主要な通貨も他の取引所より安く購入することができるので必ず登録しておこう。  

特にリップルに関してはbitbankが取引量日本一となっている。

bitbankの登録はこちら

 

 

モナコイン(MONA)とは

 

略称  :MONA(モナ)
時価総額:319,058,063 USD
発行枚数:105,120,000枚
ブロック生成:約90秒
アルゴリズム:PoW (Proof of Work)

▼非公式Twitter bot▼
 https://twitter.com/tipmona

 ▼公式Webサイト▼
https://monacoin.org/

▼ソースコード▼
 https://github.com/monacoinproject/monacoin 


モナコインは2014年1月に誕生した国内初の仮想通貨だ。

モナコインの可愛らしいアイコンデザインの元となっている『モナー』はインターネット掲示板2ちゃんねるで親しまれているキャラクターで、モナコインも2ちゃんねるの有志によって開発された。

モナコインで誰でも気軽にチップを投げ合える『投げMONA』という機能を搭載しており、チップ文化が無い日本においてチップ文化の普及を促す通貨となっている。

モナコインは国内取引所ザイフ(Zaif)で取り扱いがスタートし、その後は大手海外取引所Bittrexに上場、さらには国内最大手のビットフライヤー(bitFlyer)にも上場と着実に世界中で認知度が上がっている国産通貨の王道ともいえるコインだよ。

ビットコインのブロック承認時間10分に対してモナコインは90秒となっていて、取引スピードがとにかく速いのも特徴の1つ。送金するとすぐ着金するよ。
決済手段としても優秀な通貨といえるわけだ。
 

 

モナコインのコミュニティの強さ

 

モナコインは初の国産コインというだけあって日本人のコミュニティが非常に強く、支持している人がとにかく多い。

様々なモナコインのアイテムや、モナコインの広報活動がボランティアで行われており、モナコインを普及しようという強い意志が感じ取れる

その普及活動の一部を紹介するよ。 

✅有志によるモナコインの擬人化
f:id:Yuki_BTC:20180216122655j:plain

とにかくなんでも可愛く擬人化するのが大好きな日本人。

モナコインも例外ではなくめちゃめちゃ可愛く擬人化されており、『モナコインちゃん』の愛称で親しまれている。

モナコインちゃんは様々なSNSでイラストレーターが可愛く描き上げているのでググればたくさん画像が出てきて目の保養になるよ。

上記画像は非公式bot(http:// https://twitter.com/tipmona)のアイコン。


✅リアルコインの普及
f:id:Yuki_BTC:20180216121206j:plain
仮想通貨は現物が存在しないデジタルマネーだが、モナコインはファンが本物のコインを作ってイベントで配布活動を行っているんだ。

リアルモナコイン、めっちゃ欲しい...(笑)

 
✅秋葉原でモニタージャック

2017年の10月から一定期間、秋葉原の巨大モニターにてモナコインの広告が何度も流れ続けるというモニタージャックイベントが行われた。

現地の人によれば立ち止まって見続ける人も結構いたそうで、モナコインの良いPR活動となったようだ。
 

投げ銭機能『tipmona』とは

 

f:id:Yuki_BTC:20180216124140j:plain

tipmonaはTwitterのアカウント同士でモナコインを気軽に投げ合える機能。
一部界隈ではモナゲと呼ばれ親しまれている。

さきほど紹介した非公式botのモナコインちゃんbotがTwitterユーザーのモナコインアドレスを管理していて、利用者はウォレットを作る必要すらない。

非公式botをフォローして、『@tipmona tip @誰かのID 金額』とツイートすることにより誰かにモナコインを送金することが可能。

(もちろんモナコインを持ってないと送金できない)

モナゲの際はよく感謝の意を込めて以下の金額で送金されることが多い。
0.039MONA (サンキューの意味)
0.114114MONA (いいよ!いいね!の意味)

遊び間隔で誰でもチップを送り合えるので是非調べてモナゲに参加してみては如何だろうか。

特にイラストレーターは可愛いモナコインちゃんを書いた人がチップとしてモナコインを大勢の人から送られているのをよく見かける。   

 スポンサーリンク

  

  

モナコイン(MONA)の価格・チャート推移

  

f:id:Yuki_BTC:20180216131545j:plain

 
 MONAの価格推移は以下のとおり。

2017年2月     3円
2017年6
月      30円
2017年9月      60円
2017年12月    2300円(最高値)
2018年2月    600円

1年前の3円から最高値の2300円まで約800倍になってるね。
MONAで億り人になった人も多いのではないかと言われているくらい2017年はモナコインの年だったんだよ。

特に11月から12月にかけて様々な取引所へ上場し、一気に海外への認知度が上がって国産コインが世界中に知れ渡ることになった

急激に上がりすぎた為2018年になってからは一旦下落して価格が落ち着いてるけどMONAはコインの性能もかなり高くコミュニティも強いから今後も期待できるコインと言えるね。 

 

総括

  

MONAは初の国産通貨
BTCよりも送金速度が速い
tipmonaというチップ機能がある
ファンのコミュニティが強い
価格は1年で約800倍に
購入はザイフかビットバンク

ザイフ・ビットバンク・ビットフライヤーと多くの取引所が取り扱っている銘柄なので聞いたことはあったけど、仕組みまでは知らなかった人も多いと思います。

もしモナコインに興味を持たれたなら是非購入して保有者になってみよう。
モナコインはそのコミュニティの強さと優秀な決済速度から、数々の店舗で決済手段として利用され始めていて、かなり有望なコインと言えるので将来的にも明るいと思うよ。


👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 


合わせて読みたい