サイバーエージェントビットコインの特徴や登録方法を解説



f:id:Yuki_BTC:20180325153948p:plain

今回は2018年春にオープン予定の取引所サイバーエージェントビットコインについて解説。
2018年から仮想通貨の相場は冷え込んできているけど、大手企業はどんどん参入してきているので爆発的なブームが来るのはこれからだよ

 

 

サイバーエージェントビットコインとは

 f:id:Yuki_BTC:20180325154405p:plain

株式会社サイバーエージェントの子会社で、春から仮想通貨事業に参入する取引所。
2017年10月2日から仮想通貨事業を立ち上げ、現在オープンに向けて準備中だ。

金融庁の仮想通貨交換業へも登録済となっているので、  SBIバーチャルカレンシーズ のような大きな延期もなくオープンすることになりそうだね。

 

取り扱い通貨

 
CAビットコインは取引所 bitbank の技術である『bitbank for broker』を採用することを発表している。

その為、取引所のシステムや取り扱い通貨は bitbank と似たものになる可能性が高い。

bitbankの取り扱い通貨

● ビットコイン(BTC)
● ビットコインキャッシュ(BCH)
● イーサリアム(ETH)
● ライトコイン(LTC)
● モナコイン(MONA)
● リップル(XRP)

また、 bitbank 全ての通貨が指値注文で購入できる取引所で取引手数料無料のキャンペーンもやっている開設必須の取引所なので、CAビットコインにもかなり期待ができる。

おそらくこれら6種の通貨は取り扱われるだろうし、差別化を図る為に更に通貨を増やしてくることも考えられる。

国内で全ての通貨が指値注文できる取引所は基本的に取り扱い銘柄の数が少ないので、通貨の数を増やしてきた場合SAビットコインは国内取引所の覇権を握るかもしれないね
 

 スポンサーリンク

 

 

他サービスとの提携も考え得る

f:id:Yuki_BTC:20180325154537p:plain

サイバーエージェントはもともとエンタメ系の企業で、有名どころだと動画視聴サービスのAbemaTVや、ゲームアプリのCygamesなどで事業展開に大きく成功している。

つまり仮想通貨交換事業にも手を出したなら、自社の他サービスと提携して何らかの特典を付けてくる可能性があるよ

例えばサイバーエージェントの自社サービスが仮想通貨決済に対応して、日本円で支払うよりも格安で購入できたり等。

 夏にオープン予定の SBIバーチャルカレンシーズ も自社サービスの 住信SBIネット銀行 と連携することは確実だし、大手企業の取引所は開設しておいて損はないはず。

  

サイバーエージェントビットコインの登録・使い方

 

 この項目は取引所オープン後に執筆予定。 

 

 

今後の取引所の動向

 

CoincheckやZaifが金融庁の立ち入り調査及び改善命令を受け、いま日本では仮想通貨事業の健全化に向けて規制強化の真っ只中にある

でも規制自体は悪いことではなくて、CoincheckのNEM盗難事件のようなことが2度と起きないようにセキュリティ強化や顧客の資産保護に力を入れる為の準備段階に過ぎない。

取引所のシェアは熾烈な争いを繰り広げているけど、今後人気が出てくるのはセキュリティが強く、指値注文で安くコインが買えて、サポートが充実している取引所となるだろうね

現時点だとこれらを満たしているのは bitbank くらいだけど、後発組のCAビットコインや SBIバーチャルカレンシーズ がここに割って入ると予想。

といっても一度得た顧客はなかなか離れないのでZaifやbitFlyerも根強い人気を保ったままとなる可能性が高いだろうね。

関連記事
 ビットバンク(bitbank)の手数料やメリットを徹底検証
 取引所ザイフ(Zaif)の使い方やメリットまで徹底解説

   

総括

  

まとめ

● 春にオープン予定
● 取引所はbitbankの技術を採用
● 銘柄数によっては国内最有力になる可能性も
● 他サービスとの提携にも期待

サイバーエージェントは既に成功しているエンタメと絡めて面白い動きをしてきそうで個人的にはかなり期待している。

取引所のクオリティもbitbankの技術をそのまま使うのであれば全く心配する必要が無い。春のオープンを楽しみに待とう。 

👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و