【完全版】2018年の仮想通貨おすすめランキング|注目銘柄TOP5

f:id:Yuki_BTC:20180511133517j:plain

どうも、雪ねこです ( @Yuki_coiner )

最近仮想通貨を始めた人で、何を買ったらいいのかわからないって人は多いはず。

そんなあなたの為に、今回は雪ねこが2018年度のおすすめ銘柄を紹介するよ。

もちろん投資に絶対は無いので100%高騰する保障はないけども、投資の指標にはなると思うので是非立ち回りの参考にしてみてね。

また、この記事ではどういったタイミングで売買をすべきなのか・アルトコインの投資法や利確タイミング法まで解説しているよ

 

 

2018年の仮想通貨市場はどうなる?

 

仮想通貨市場は2017年に爆発的に伸び、2018年になったタイミングで暴落している。

でもこれは2017年に過熱しすぎた為に一旦調整が入ったことや、税金を支払う為に保有しているビットコインを大勢の人が売ったことが重なったにすぎないんだ。

長期目線で見れば仮想通貨の市場規模は上昇し続けているよ。

仮想通貨は世界中で決済手段としての導入が進み、あらゆる国で税制度が緩和され始めているし、将来的に仮想通貨が普及するのは目に見えているね。

 世界中の経済評論家たちもビットコインの価格は将来10万ドル(1000万円)を超えると予想している人が多い。

なので初心者の人は短期目線で仮想通貨を見るんじゃなくて、長い目で将来性を判断して欲しい。仮想通貨の将来は間違いなく明るいよ。

  

ビットコイン(仮想通貨)はなぜ価格が上がるのか

f:id:Yuki_BTC:20180511132359j:plain

仮想通貨は基本的に発行枚数が決まっている。

日本円のような国際通貨は、それを取り締まる日本銀行が流通量や価値を制御しているのに対し、ビットコイン等の仮想通貨はそれを管理している組織がいないんだ。

つまり有限のものに対し欲しいと思う人が増えれば次第にオークションのような状況が生まれ価格が吊り上がっていくという仕組み

この世界に1つしか無いものには付加価値が付いて高額な値が付きやすいことをイメージすると理解しやすいかな?

ビットコインは発行枚数の上限が 2100万枚と決まっており、この2100万枚を世界中の人々で分け合って使っていくことになる。

ビットコインの枚数自体はこれ以上増えないのに、欲しがる人や使う人が増えて行くと当然1枚あたりの価値が上がって高騰していくわけだね。 

 

銘柄選びのポイント

 

仮想通貨はマイナーなものまで含めると数千種類もある。

初心者にはどの通貨が他とどう違うのかもわからないと思うけど、投資において銘柄選びは最も重要で将来高騰する銘柄を見抜いていれば負けることは無い

銘柄を選ぶ時のポイントは以下の3点だ。

● 技術的に将来性があるか

● 発行枚数と価格の伸びしろ

● 世界中で取引量は充分にあるか 

技術的に将来性があるか


仮想通貨は決済手段として将来使われて初めて価値がつく。

今現在の価格は短期的な高騰を狙った投資家や、将来の実需を予想した投資家たちが買うことにより形成された幻の価値なわけだ。

数千種類ある仮想通貨の99%はいずれ消えてなくなり、最終的に世界中で利用される本物の通貨のみが生き残ると筆者は考えている

よって将来使われることになるだけの技術があるかどうかは非常に重要となる。  

発行枚数と価格の伸びしろ

 
ビットコインは100万円まで上がっているが、リップルが1枚100万円まで上がることはまず有り得ないと思っていいだろう。

それはビットコインの発行上限枚数が2100万枚なのに対し、リップルの発行上限は1000億枚となっておりそもそも希少性が異なるからだ。

しかしビットコインは既に100万円まで上がっているがリップルはまだ100円前後なので、伸びしろという意味ではリップルのほうがあるとも言える。

発行枚数と伸びしろは無視できない重要な銘柄選びのポイントとなる。 

世界中で取引量は充分にあるか


仮想通貨は利用されてナンボ。流通量が多いに越したことは無い。

ガチホしているホルダーの多い通貨よりも、送金や取引が活発に行われている通貨のほうが多くの人の手に渡り、知名度も上がり普及に繋がる

また、日本でのみ盛り上がっている通貨もあるが世界的に取引が行われていないと普及するのは厳しいだろう。 
 

 スポンサーリンク

 

 

2018年のおすすめ銘柄TOP5

 

お待ちかねのおすすめ銘柄ランキング。

超マイナーなアルトコインでお勧めしたいものもあるけど、ここでは初心者でも買える有名な通貨を中心に格付けしていくよ

 

 1位 イーサリアム(ETH)

f:id:Yuki_BTC:20180508180611p:plain

f:id:Yuki_BTC:20180510002218p:plain

イーサリアムはブロックチェーン上に独自の契約内容を記録することができるスマートコントラクトという技術を持つ、時価総額2位の仮想通貨。

これは『AさんがBさんに10ETH送金し、Bさんは毎月1ETHずつ返済する』というような条件を送金に付け加えることができる技術だ。

このスマートコントラクトを持つ仮想通貨はいくつか存在するけども、スマートコントラクトの生みの親はイーサリアム。

また、イーサリアムのブロックチェーン上では誰もがオリジナルの仮想通貨(ERC20トークン)を作ることができ、それを利用してICOと呼ばれる資金調達が可能になった。

ブロックチェーンを利用したゲームであるクリプトゲームでも主に決済はイーサリアムで行われており、今後イーサリアムは仮想通貨市場の基盤のような役割を果たす通貨と言える

イーサリアムは将来大きな実需を伴う仮想通貨になる可能性が高い為、保有するリスクが非常に低く価格高騰に期待できるのでオススメ1位と判断した。

イーサリアムを安く買えるbitbank公式サイト

  

2位 リップル(XRP)

f:id:Yuki_BTC:20180508181553j:plain 

f:id:Yuki_BTC:20180510002546p:plain

リップル(XRP)は世界中の資金移動を限りなく低コストで行う『価値のインターネット』の実現と、通貨同士の交換の仲介役となる『ブリッジ通貨』としての役割を目的とする時価総額3位の仮想通貨。

リップルは他の仮想通貨よりも送金コストと送金スピードに特化しており、リップルの送金は手数料1円未満にも関わらず 数十秒で着金 する。

ただし取引所からの送金はマージンを取られるのでもっとコストは高くなる)

リップルは1秒間に約1500件もの取引を処理しており、これはビットコインやイーサリアムの100倍近い処理能力を持つことを意味する

2018年現在、最も実需に向けてプロジェクトが進行している仮想通貨で、銀行を始めとする世界中の金融システムにおいてリップル導入の話が進んでいる。

発行枚数が1000億枚とかなり多く、ビットコインのような価格になることは絶対にないが現在はまだ100円前後で購入できる為、今後の伸びしろに期待できる通貨だろう。 

リップルを安く買えるbitbank公式サイト

 

3位 ビットコイン(BTC)

 f:id:Yuki_BTC:20180508181500p:plain

f:id:Yuki_BTC:20180510002408p:plain

ビットコインは最初に誕生した仮想通貨であり、ブロックチェーン技術の生みの親でもある通貨で、時価総額も当然1位のまさに仮想通貨の王様。

ビットコインは最初に誕生した仮想通貨である為に改善すべき点も多く、実はビットコインよりも決済性能の高い通貨は数多く存在する。

しかし最近では、複数に及ぶ無駄な取引を省いて最終結果だけをブロックチェーン上に記述する『ライトニングネットワーク』が導入されるなど日々進化を続けている。

ビットコインの強みはまさに仮想通貨の基軸通貨であることで、あらゆる仮想通貨はビットコインで売買が行われているのが現状。

決済性能は他通貨に劣っていても他の通貨がこのビットコインのポジションを奪うのは難しく、将来ビットコインも生き残る通貨だと筆者は考えている。

ビットコインは既に100万円あたりまで高騰しているけど、発行枚数2100万枚とかなり少ないのでまだまだ高値を更新していく可能性は高いよ。

現状、仮想通貨はビットコインの保有枚数を増やしていくゲームと思っておこう。 

ビットコインを買うならbitFlyer
 

4位 ビットコインキャッシュ(BCH)

f:id:Yuki_BTC:20180508182022p:plain

f:id:Yuki_BTC:20180510002116p:plain

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインからハードフォークして誕生した時価総額4位の仮想通貨だ。

ビットコインキャッシュはビットコインの欠点でもあるブロックチェーンサイズを拡張した通貨で、ビットコインよりも決済性能が高い

現在はビットコインが基軸通貨であることや、その知名度の高さから取引量でビットコインには適わないが、いずれビットコインを抜く未来も充分に有り得る。

ビットコインキャッシュは既に決済手段として利用され始めており、少なくとも決済能力はビットコインよりも高いので将来性としてはかなり期待ができるよ。

価格は10~20万を推移していて、発行枚数はビットコインと同じ2100万枚なのでビットコインと同等の価格まで高騰する可能性もある。 

ビットコインキャッシュが安いのはbitbank

 

5位 ネム(NEM)

f:id:Yuki_BTC:20180510033637p:plain

f:id:Yuki_BTC:20180510033452p:plain

ネムは『新しい経済活動』をスローガンとしたNew Economy Movementの頭文字をとった時価総額約40位の仮想通貨。 

ネムはハーベスト(収穫)と呼ばれる独自のマイニング機能があり、Nanowalletという専用ウォレットに1万XEM以上入れておくと自動的にXEMが増えて行く。 

また、カタパルトというアップデートを実装した後は1秒に4000件の取引を処理できるようになり、これはリップルをも超える送金スピードが実現することになる

ネム独自のプラットフォームであるmijinの開発も進んでいる。

価格は30円~60円を推移中で発行枚数は90億枚と価格の伸びしろがあり、価格が安いことで買いやすく特に仮想通貨初心者の日本人や女性に人気がある。

ただし取引量は今までh総会した通貨よりはかなり劣る為、これからNEMが大きく高騰する為には世界的に取引されていく必要があると言えるだろう。 

ネムが安く買えるZaif公式サイト

 

 

アルトコインの買い時と売り時

 

アルトコインの売買は大きく分けるとガチホ(長期保有)と短期トレードの2種がある。

それぞれにメリット・デメリットがあるので難しいことがわからない人は買った後は1~2年放置してガチホしておけばいい。

短期トレードで売買を繰り返して利益を早く上げたい人は以下の点に気をつけておこう。 

● 必ず下落したタイミングで買う

● 高騰したら欲を出さずに利確

● 場合によっては損切りする 

アルトコインはビットコインに比べ情報により価格が大きく動きやすい。

高騰する時は一気に上がるが下落する際の大きく下げることが多く、買いのタイミングは必ず下がりきったところで買おう。

初心者にありがちなのが上がり始めたのを確認してから買って、暴落が始まって恐怖で売る人が多いが、これでは高値掴みで負けてしまう

暴落中はどこまで落ちるかわからないので怖いかもしれないが、投資で勝つ人はみんな安くなったタイミングで仕込んでいることを肝に銘じておこう。

買った銘柄が高騰した場合どこまで上がるか眺めていたくなるが 、いつかは下落が始まるので必ず自分で設定したラインに到達したら利確をすること。

また、高騰した際に半分だけ売るのも常套手段だ

半分を利確することで、もう半分がもし下落して買った価格と同じライン落ちてしまっても最初に利確した分があるので必ず勝って終わることができる投資法だ。

相場では勝つことよりも負けないことを第一に考えよう。 

 

仮想通貨FXをやるのもアリ

 

上記のオススメ銘柄でFXをすることができるのが DMM Bitcoin

 DMM BitcoinはBTC・BCH・ETH・ETC・XRP・NEM・LTCの7種類の通貨に5倍のレバレッジを掛けてアルトコインFXができる国内唯一の取引所だ。

アルトコインはハードフォークや半減期・アップデートなどの情報で価格の動きを読みやすく、ここぞという時にレバレッジを掛けて取引することで大きく利益を得ることも可能。

また、FXは『価格が上がるか下がるかを当てるゲーム』なので暴落相場でも稼ぐことができ、投資の幅を広げることができるよ

レバレッジ5倍は初心者にも優しい倍率なので、FXに興味のある初心者の人はまずDMM Bitcoinで少額入金をして練習して感覚を掴むことをお勧めするよ。 

DMM Bitcoinの登録はこちら

 

  

総括

  

2018年おすすめ通貨まとめ

● 将来性重視で長期目線で見る
● 1位はイーサリアム(ETH)
● BCHはBTCを抜く可能性もあり
● 短期トレードは暴落時に買う
● 初心者がFXするならDMM Bitcoin

仮想通貨はビットコイン以外にも将来性にあるアルトコインがたくさんある。

初心者のうちはコインの性質や特徴までわからないかもしれないけど、このランキングを参考にして様々なアルトコインを買ってみよう。

自分が保有している通貨には自然と興味関心が湧いて自分で調べるようになってくるので、知識は後からついてくるよ。 

👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و