仮想通貨APIS(エイピス)とは|買い方や特徴・将来性を徹底解説

f:id:Yuki_BTC:20180522140604p:plain

どうも、雪ねこです(@Yuki_coiner)

今回はICOとエアドロップで一時期有名になった仮想通貨APISの特徴や将来性・買える取引所について解説していくよ。 

 

仮想通貨APISとは

APISの概要

 

通貨名称  : APIS

発行枚数  : 52億3600万枚

公式Twitter : https://twitter.com/Apis11Official

公式サイト : https://apisplatform.io/

ホワイトペーパー : https://apisplatform.io/whitepaper.en.pdf

APISは2018年2月にICOが行われて発行され、マスターノードの参入難易度を下げることを目的とした仮想通貨。 

APISは多くの一般投資家から資産を預かり1つの巨大なノードを立てることで、誰でも気軽にマスターノードへ参入し配当を受けられるようにする仲介プラットフォームだ。 

マスターノードとは


マスターノードとは一定の枚数の通貨を保有していると、割合に応じて配当を受け取ることができる、銀行の定期預金のようなものをイメージするといい。
しかしこのマスターノードに必要な資金は多額であることが多く、また専門的な知識も必要なことから一般の投資家が参入するには少しハードルが高い。

これまでマスターノードは資産家のみが利用するもので、一般投資家のマスターノード参入は非常にハードルが高かった。

しかしAPISプラットフォームではマスターノードを建てるのに必要な資金を小口の個人投資家から少しづつ集め、投資額に応じて配当を分配する。

f:id:Yuki_BTC:20180522124353p:plain

APISがマスターノードの維持を代行して行ってくれるので投資家は専門的な知識も必要なく、気軽に資産運用ができるというわけだね。

また、APIS自体にもマスターノード機能があり、5万APIS以上を持っている人は自身でマスターノードを建てて配当を受け取り続けることが可能だ。

APISマスターノードの限度は50万枚のようなので、APISを買いたい人はなんとか50万枚集めておきたいところだ。
 

 スポンサーリンク

 

APISが買える取引所

APISは海外の取引所Bit-Z(ビットジー)で購入可能。

Bit-Zは取引量が世界10位以内に入っている大手取引所で、最近はAPIS等のアツいICO銘柄がどんどん最速上場している注目の取引所だ 。 

 
 
今後も人気通貨の上場先となる可能性が高いのでBit-Zは必ず開設しておこう。

APISエアドロップあり

f:id:Yuki_BTC:20180601161536p:plain

Bit-ZではAPIS上場記念イベントとして、Bit-Zの口座を持つユーザーにAPISのエアドロップ(無料配布)を行う

エアドロップは2回あり、6月6日と6月13日に配布される予定だ。

APISエアドロップ参加条件

● 1次は88APIS以上保有していること
● 2次は888APIS以上保有していること
● 本人確認が全て終わっていること

エアドロップはタダで貰えるので必ず888枚以上のAPISを購入して本人確認まで済ませておこう。 

APISの価格・チャート

f:id:Yuki_BTC:20180601131326p:plain

APISはBit-Zに上場後、右肩上がりで高騰し続けている。

上場直後40satoshiだった価格も僅か数日で4倍の160satoshiまで高騰。

取引高も徐々に増えているので少しづつ知名度も上がりAPISに興味を持つ人が増えていっているフェーズだ。

またAPISが高騰し続ける要因としては、APISはマスターノード代行およびAPIS自身でもマスターノードで配当を受けられる仕組みがあるからだ。

APISを保有していればマスターノードの配当を受け取れるので、購入した人が手放さなくなり売り圧が弱くなるので買われる一方となる

マスターノードを立てられる枚数分を保有してガチホする人が一定数現れるまでは高騰し続けるというわけだね。

APISの評判

APISは有望なICO情報を提供する情報アカ氏が推していたことで国内で有名となった。

ICO銘柄を見極めるプロの情報アカ氏がAPISを強く推奨している為、彼に乗っかって購入した人もかなり多いようだ。 

 

総括

APISまとめ

● マスターノード仲介プラットフォーム
● 取引所Bit-Zで購入可能
● 88APIS保有でエアドロップ
● 情報アカ氏が推していたICO銘柄


APISはマーケティングも上手く開発も順調に進んでいるようだ。

上場直後にエアドロップを実施することで、上場後の下落を防ぐやり方も非常に上手い。

また、APISはICOセール時に送金トラブルによりセール枚数の約50%が売れ残ったことにより、約 50%が全てBurn(焼却)されている。

セール時に発行枚数がかなり減っているため、希少性が上がり価格高騰にも期待ができるというわけだね

マスターノードの仲介自体も需要のあるものなので、興味がある人は是非APISを購入してみては如何だろうか。 

👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 
 関連記事