【最新版】仮想通貨の始め方・買い方
ワンタップバイ

【徹底比較!】ワンタップバイの手数料は高い?定額プランはお得なの?

スポンサーリンク

この記事ではスマホ証券アプリで有名なOneTapBUYの手数料について解説するよ。

投資をする上で手数料の存在は非常に大きく、知っているのと知らないのでは収益に大きく影響し兼ねない。

ワンタップバイは元々「手数料が少し高い」と言われていたけど、定額プランを導入してからはむしろ安い部類になったよ。

この記事で手数料の仕組みとお得なプランを比較してみよう

OneTapBUYの登録はこちら

手数料プランの違い

ワンタップバイには「都度プラン」と「定額プラン」の2つの手数料がある。

それぞれ詳しく見ていこう。

1. 都度プラン

都度プランはその言葉のとおり、取引をする度に「スプレッド」と呼ばれる手数料がその都度掛かってくる制度だ。

スプレッドの手数料率は以下のとおり。

取引所の開場時間帯:0.5%
取引所の閉場時間帯:0.7%

買いと売りの両方に掛かるので、往復で1回あたり1~1.4%の手数料が掛かる。

例えばAmazon株を1万円分、開場時間帯に売買するとスプレッドは往復で1%なので100円の手数料がかかるよ。

もし10万円分の株を売買する場合なら1000円の手数料になる。

つまり都度プランでは取引をする金額が大きければ大きいほど、支払う手数料も高くなるプランということだね。

2. 定額プラン

定額プランでは、月額980円(+税)でスプレッド手数料を無料にできるプランだ。

定額プランでは何回取引をしても、どれだけ大きな金額で取引をしても支払うスプレッド手数料は月980円だけで済むよ。

ただし、スプレッドが無料になるだけでその他の一部の手数料は掛かるので注意!

定額プランにも掛かる手数料

  1. 入金・出金手数料
  2. 米国株を買う時のみ1$あたり35銭の為替手数料

定額プランは日本株・国内ETF・米国株・海外ETFの合計66銘柄が対象となる。

為替手数料の35銭が掛かるのは米国株・海外ETFだけなので、もし国内銘柄のみで投資をする場合は980円+税の定額料金だけでOKだ。

月額手数料は毎月25日16時に、ワンタップバイの口座から自動で引き落とされるよ。

 

都度プラン・定額プランの比較

知りたいのはどちらのプランが安いのか?だよね。

これはどちらがお得かは取引する回数や取引額によって変わるよ。

各プランで条件を同じにしてシミュレートしてみた。

プラン 取引額1000円 取引額1万円
10回 25回 50回 10回 25回 50回
都度プラン 980円 980円 980円 980円 980円 980円
定額プラン 100円 250円 500円 1000円 2500円 5000円

【条件:取引1回=1往復(スプレッド1%で計算)】

上の表は1度の取引金額と月の取引回数で、どれくらい手数料が掛かるかを表している。

1000円の取引だと50往復の取引をしても手数料は月々500円に抑えられるので、都度プランのほうが明らかに安いね。

1度の取引額が1万円になってくると月10回取引しただけで手数料が1000円を超えるので、定額プランのほうがお得になるだろう。

自分の資産や取引頻度を考慮して、最適なプランを選ぼう!

定額プランはこんな人にオススメ

〇 1回あたりの取引金額が3000円以下の人

〇 月に50回以上、頻繁に取引をする人

手数料を気にせずに取引をしたい人

海外銘柄を取引する際は1$あたり35銭の為替手数料が掛かることに注意。
 (1000円に対して約3.5円)

OneTapBUYの登録はこちら

 

入金・出金手数料について

1. 入金手数料について

OneTapBUYに入金するには指定されたみずほ銀行の口座に振り込むことになるよ。

振込手数料は自己負担になるので、入金には約300円ほど掛かることになる。

ただし振込手数料が常に無料の住信SBIネット銀行からの入金なら手数料は0円だ。

住信SBIネット銀行は24時間ATMからの引き出しも無料の、最強のネット銀行なので是非口座開設しておくことをお勧めするよ。

仮想通貨投資の銀行口座に住信SBIネット銀行をお勧めする5つの理由仮想通貨投資をしていると必ず国内の取引所に銀行の登録をするよね。 実はどの銀行を使っても一緒という訳ではなくて、仮想通貨投資に特化した...

 

2. 出金手数料について

出金額 みずほ銀行宛て その他の銀行宛て
3万円未満 108円 270円
3万円以上 216円 378円

OneTapBUYの口座から自分の銀行口座へ出金したい場合は以下の出金手数料が掛かる。

3万円を境に手数料が変わり、みずほ銀行宛ての場合は少しお得になるよ。

 

OneTapBUY手数料まとめ

  1. 都度プランは取引1往復で手数料1~1.4%
  2. 定額プランは何回取引しても月額980円
  3. 投資額が多い人ほど定額プランがおすすめ
  4. 海外銘柄を買う際は1$あたり35銭かかる
  5. 住信SBIネット銀行なら入金も振込も無料

OneTapBUYの登録はこちら

都度プランと定額プランは1ヵ月ごとに変更できるので、少額投資の人はまず都度プランからスタートして様子を見てみよう。

もし手数料が1000円を大きく超えそうなら翌月から定額プランに変更すればOK。

数万円~数十万円くらいの資産で取引をする人は必ず定額プランを選択しよう

定額プランは手数料を気にせず取引できるので、ストレスフリーになるのも大きなメリットだよ。

【図で解説】ワンタップバイの口座開設の流れから始め方まで全て解説どうも、雪ねこ(@Yuki_coiner1)です。 この記事では1000円から株式投資が気軽に始められるOneTapBUY(ワンタップ...
CMでお馴染みのワンタップバイ(OneTapBUY)の特徴・評判・口コミどうも雪ねこ(@Yuki_coiner1)です。 この記事では今CMでも話題になっている株式投資アプリOneTapBUY(ワンタップバ...
【毎日更新!】ワンタップバイの日本株30銘柄の株価チャートまとめどうも、雪ねこ(@Yuki_coiner1)です。 この記事ではワンタップバイ(OneTapBUY)の日本株30銘柄のチャートを毎日リ...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事