スワップ投資

メキシコペソのスワップ投資で生活できる?年利25%の資産運用を始めよう

どうも、投資家の雪ねこです。

僕は元手20万円のメキシコペソのスワップ投資で毎日130円の不労所得を得ています。

メキシコペソは年利20~25%が現実的に狙える長期型の資産運用です。

雪ねこ
雪ねこ
年利25%って相応のリスクがあるのでは…?

もちろんある程度のリスクはありますが、自分自身でリスクの大小をコントロールすることができます。

この記事では僕のメキシコペソのスワップ投資実績や戦略、運用シミュレーションなどを詳しく解説しています

メキシコペソのスワップ投資を検討している人は参考にしてみてくださいね^^

 

メキシコペソの年利は約25%!

メキシコペソのスワップ金利は10万通貨あたり130~160円(変動制)です。

(追記:2019年6月現在は162円です!)

つまり10万メキシコペソを保有しているだけで毎日130円が貰えるということです^^

僕は20万円で10万メキシコペソを買ってスタートしました。

僕が買った時はメキシコペソ=5.75円だったので10万通貨は約58万円、僕は原資20万円なのでレバレッジは約2.8倍ですね。

雪ねこ
雪ねこ
130円×365日=47,450円の利益だから、年利は約24%だね

もちろんもっと多く保有すれば年利は上がりますし、ローリスクに少なく買えば年利は下がります。

絶対にリスクは取りたくない!という人はレバレッジ1~2倍を推奨します。

ただメキシコペソは比較的価格の安定した通貨なので、多少のリスクは取っても大丈夫だと僕は考えています^^

 

メキシコペソの設定と運用シミュレーション

①:雪ねこのスワップ設定

MXN/JPY
初回入金額20万円
保有量10万通貨
毎月の積立額5,000円
1日あたりの収益+130円
スタート時の価格5.8円
積み立て利益1万円ごとに5,000通貨
ロスカットライン3.7円

僕は2019年の4月から20万円を元にメキシコペソのスワップ投資を開始しました。

初回に10万通貨を購入し、毎日130円のスワップ収益が入ってきています

そして毎月5000円を追加で入金していき、スワップ利益と合わせて1万円貯まる毎に5,000通貨(0.5Lot)の積み立てを行います。

積み立てをするとメキシコペソの保有量が増えるので、時間が経つにつれスワップ収益がどんどん増えていきます^^

ロスカットラインは約3.7円となっていますので、もし5円を大きく割った時には追加入金をしてロスカットを防ぎます。

②:数年後の利益シミュレート

運用期間保有通貨年間収益口座資金投資額
スタート時10万56,550200,00020万
1年後15万86,580316,55026万
2年後23万56,940463,13032万
3年後32万125,190648,32038万
4年後44万172,270972,07044万
5年後58万234,1101,175,20050万
10年後117万518,3403,159,96050万
15年後177万799,1406,570,66050万

【シミュレート条件】

  1. 20万円で10万通貨を保有してスタート
  2. スワップポイントは常に10万通貨で+130円計算
  3. 毎月5000円を積み立てで入金(5年目まで)
  4. 利益が1万円貯まる毎に5000通貨を買い増し(月1回まで)

上記は僕のメキシコペソ運用のシミュレート条件です。

この投資条件を真似した場合、ロスカットされなければ10年後には累計250万円以上の利益が出ており毎月の不労所得も5万円を超えます。

毎月の5000円追加投資は5年目でストップしますので、トータル投資額は50万円まで。

買い増しは月1回までのルールなので、5年目以降はどんどんレバレッジも下がることでロスカットされにくくなっていきます。

雪ねこ
雪ねこ
収益は毎月上がるのに逆にリスクは下がっていく安全運用だね

最初の1~2年は大したことありませんが、複利効果が徐々に発揮し始めますね。

スタート時は月4000円ほどですが、毎月の不労所得も次第に増えていきます。

ただしロスカットされないことが大前提ですので、メキシコペソが4円を割った場合は対策が必要です。

ロスカットを防ぐ対策

  1. ロスカット前に追加入金で耐える
  2. 途中から積み立てをやめて収益を証拠金維持率に回す

ロスカットされずに数年耐えれば、月数万円の不労所得を作れますので夢のある資産運用ですね^^

メキシコペソのスワップ投資のメリット

①:価格が安定している

上図はメキシコペソの過去20年分のチャートです。

メキシコペソは2009年からの10年間はずっと5~8円のレンジを出ていないのです

スワップ投資は保有しているだけで貰える毎日の金利で儲けることを目的としている為、価格が上下に荒れる通貨は好ましくありません。

メキシコペソは価格の上下による差益を気にしなくて良い安定通貨なので、安心して長期保有ができるということですね。

値崩れのリスクが少なく、毎日一定の金利を受け取り続けられる…となればかなり魅力的な投資ですね^^

逆にスワップ投資で有名なトルコリラのチャートは下図になります。

トルコリラは過去11年間で、90円⇒20円と約70円の下落をしています。

トルコリラはスワップ金利がメキシコペソの約3倍ほどあるのですが、価格が下落する一方なのでリスクが非常に高いです。

もちろん金利が美味しすぎるので僕はトルコリラのスワップ投資もやっています。

しかし安定してローリスクなのはやはりメキシコペソのほうです。

初心者の人がローリスクにまったり運用したいならメキシコペソを選びましょう^^

②:少額資金から運用できる

通貨通貨価格1万通貨の価格1万通貨のスワップ
トルコリラ20.0円20万円+120円
メキシコペソ5.8円5.8万円+13円
南アフリカランド8.0円8万円+15円
豪ドル円80円80万円+50円

※価格は2019年4月のもの

スワップで稼げる主要3通貨の中でもメキシコペソはダントツで安いので、少額資金から運用が始められます。

取引は1万通貨からなので、メキシコペソ1万通貨をレバレッジ3倍で買うなら2万円あれば運用できるわけです。

雪ねこ
雪ねこ
少ない資金で始められるのは嬉しいね

また、スワップ金利に関してもトルコリラには及びませんが豪ドルなどと比較してもかなり高い部類に入ります。

安定&高金利を両方実現しているのはメキシコペソだけです^^

③:裁量トレードも可能!

手動で売買をして利益を狙うことを裁量トレードと言います。

メキシコペソは10年間5~8円レンジで推移していますので、5円付近まで落ちてきたらスワップ保有分とは別に買いのポジションを増やすのも戦略の1つ

価格が反発して上昇したら、買い増した分だけ高値で売りましょう。

裁量トレードで稼ぐことで証拠金が増え、スワップ投資分のロスカットレートを下げることができます^^

トルコリラなどはひたすら下落相場ですので裁量トレードをすることができません。

レンジ相場になっているメキシコペソだからこその利点ですね^^

ただし、5円付近で必ず反発する補償はないので注意してください。

④:政策金利が安定している

スワップポイントは国の政策金利に応じて変動します。

スワップ主要3通貨のうちトルコリラが最も政策金利が高いですが、トルコリラの政策金利は荒れまくっているので安定していません。


【ザイFX!様より画像引用】

各国の政策金利のグラフですが、圧倒的1位のトルコリラは一時的の暴騰してるだけなことが分かりますね。

次点でメキシコペソとなっており、綺麗な右肩上がりをしながら2位につけています。

メキシコペソは政策金利も安定の上昇を続けながら、価格チャート自体もここ10年値崩れしていないのです

これがメキシコペソこそスワップ最強の通貨と認識されている理由です。

スワップ投資はやはり安定した通貨を選ぶことが重要ですからね^^

 

今後のメキシコペソの見通しは?

スワップ投資はロスカットされなければ理論上は100%勝つことができる投資です

問題はどこで下落が止まるのか?ですね。

僕個人の予想ですがおそらくメキシコペソは4円付近で価格が横ばいになると見ています。

しかし4円でヨコヨコする前に最後の大きな急落があると思っていますので、底値は3~3.5円付近を予想。

とはいえ過去10年間ずっと5円を割っていないので、まだこの先もしばらくは5~8円レンジが続く可能性が高いです。

5円を割った時どこまで落ちるかを予想して、それに耐えられるだけの証拠金を用意しておきましょう^^

今後のメキシコペソの予測

  1. しばらくは5~8円レンジ
  2. 5円を割ると一気に下落し底値は3円付近
  3. 急落後は4円付近でヨコヨコ

僕はロスカットラインが3.8円になっているので、3円まで落ちていきそうな場合は追加で資金を投入してロスカットを防ぎます

ただ5年後以降は5000円の積立も辞め、毎月2万円以上のスワップ益が入ってくるのでロスカットレートも徐々に下がってきます。

時間が経てば経つほど有利になる設定で運用していく予定です^^

メキシコペソのスワップ運用おすすめ業者

①:LIGHT FX

LIGHT FXLIGHT FXはトレイダーズ証券が運営する、初心者向けのFX業者です。

メキシコペソのスワップは10万通貨130円と高水準なのでおすすめ。

トレード画面やスマホアプリが非常に使いやすいのが特徴です。

②:みんなのFX

トレイダーズ証券[みんなのFX]

みんなのFXはLIGHT FXとスワップも使い方もすべて全く同じです。

複数の通貨でスワップ投資をする場合はLIGHT FXとみんなのFXを使い分けましょう。

スワップ投資はリスク分散の為に複数のFX業者を使うのが鉄則です。

この2社はスワップポイントのみの受け取り機能が備わっています。

これは保有しているポジションを決済せずに、貯まったスワップポイントだけを受け取れるという便利な機能です。

スワップポイントは受け取って口座に反映されて初めて証拠金として利用できます

スワップ投資はポジションを決済せずに受取ができるFX業者でやることが鉄則。

LIGHT FXとみんなのFXはどちらも途中受取が可能なのでオススメというわけです^^

 

メキシコペソでスワップ生活をするにはいくら必要?

月20万円あれば生活ができるとして、メキシコペソのスワップ投資で月20万円を稼ぐのに必要なお金はいくらでしょうか。

メキシコペソのスワップは1万通貨=13円です。

月30日と仮定すると13×30=390円。

20万÷390=513なので、513万通貨を保有していればOKということになります。

メキシコペソを最近の価格である6円付近で買うと、6×513万=約3000万円

3000万円の現金があればレバレッジ1倍で超安全に月20万円の不労所得を得られます^^

少し攻めてレバレッジ2~2.5倍でいくなら半分以下の1000万強で足りることになります。

投資や資産運用をしている人なら、割と現実的な数字ですね…!

月〇万円稼ぐのに必要な資金を表にまとめてみました

月の収益必要な通貨量レバレッジ必要なお金
2万円約50万通貨1倍300万円
2倍200万円
3倍100万円
10万円約250万通貨1倍1500万円
2倍1000万円
3倍500万円
20万円約500万通貨1倍3000万円
2倍2000万円
3倍1000万円

レバレッジ3倍なら年利24%、2倍なら年利12%、1倍なら年利6%ですね。

メキシコペソはレバレッジ2倍までなら割とローリスクなほうではあります。

3倍は少し攻め気味ですね。

3倍以上で運用する人はスワップ利益を買い増しに利用せず、証拠金として貯めていくなどの工夫をしてリスクを減らしましょう^^

 

スワップ投資の実績

メキシコペソのスワップ投資は2019年5月から始めました。

今後のスワップ収益の推移はここに記載していきます。

随時更新していきますのでチェックしてみてくださいね^^

 

もっとローリスクな設定でスワップ投資をやりたい場合

MXN/JPY
初回入金額12万円60万円
買いの保有Lot数2万通貨10万通貨
1日あたりの収益約+26円約+130円
スタート時の価格6円6円
積み立て利益6万円ごとに1万通貨
ロスカットラインロスカットされない

とにかく安全にスワップ投資がしたい!という人にはこの設定がおすすめです。

レバレッジ1倍かつ、スワップで証拠金が増えていくので絶対にロスカットされません

60万円用意すれば毎月3900円ほどのスワップ収益が見込めます。

メキシコペソの通貨の価値が0にならない限り、スワップ利益をずっと受け取り続けることができます。

雪ねこ
雪ねこ
銀行にお金をずっと置いとくよりはマシだね

メキシコペソはレバレッジ1倍にする必要はないと思っていますが、初心者の人はこちらの設定でもいいかもしれませんね。

どれくらいの資金を用意したらロスカットラインがいくらになるのかは、LIGHT fXの公式サイトで計算することもできます^^

公式サイトのロスカットライン計算機はこちら

 

メキシコペソのスワップ投資まとめ

 

スワップ投資はFXの知識は必要ないので初心者にもおすすめできます。

通貨を保有したらあとは永遠にほったらかしでOKです(笑)

スワップ利益が貯まったら買い増してもいいし、そのまま証拠金にしてリスクを下げてもいいですね。

スワップ投資はこんな人におすすめ

自力でFXをしても勝てない人

トレードをする時間が無い人

定期的な不労所得が欲しい人

特にメキシコペソはスワップ金利が高い上に価格が安定しているので、スワップ投資の初心者にまずおすすめしたい通貨です。

リスク管理をしながら長期目線で数年後に月数万円の不労所得を作りましょう^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です