ループイフダン

10万円で始めるループイフダン初心者におすすめの設定と通貨ペア

▼人気急上昇中!▼
登録と本人確認で3,000円貰える取引所ビットポイント BITPoint

リピート系FXのループイフダンを始めたいけど、どれくらいの資金でどれくらい増やせるのか分からない…と思っていませんか?

この記事では資金10万円を元に、初心者がリスクを抑えながら資産を増やしていく設定を詳しく解説しています

いきなりハイリスクな手法は取らずに、まずはローリスクにコツコツ資産を増やして不労所得を形成してみましょう^^

今回はこんな人たちに読んでもらいたい記事です。

  1. ループイフダンを始めてみたい
  2. まずは10万円くらいで始めたい
  3. おすすめの通貨や設定が知りたい

ループイフダン
口座開設ページ

ループイフダンの基本的な仕組みと口座開設方法はコチラ

10万円運用プランの戦略

今回の10万円プランではドル円(USD/JPY)でループイフダンを運用します。

上図はドル円の過去20年分のチャートですが過去最安値が75円であり、かつ何度も100円のラインで大きく反発しているのが分かります。

つまりこの100円ラインと75円ラインまで下落しても耐えられる(ロスカットされない)ように設定することでリスクを極限まで抑えられるという訳です。

ループイフダンはロスカットさえされなければ利益が出続ける仕組みなので、最悪の事態を想定して設定をします。

ここでは100円ラインまで耐えられるミドルリスク設定と、75円まで耐えられる超ローリスク設定の2つを紹介していきます。

 

おすすめのミドルリスク設定

通貨 USD/JPY
設定 B100・取引量1
ロスカット なし
ポジション数
ロスカットライン 99.2円
最後の買い値 102円

※ドル円が110円の時の設定

まずは僕がおすすめするミドルリスク設定で、ドル円が100円まで下落しても耐えられるプランです。

B100の取引量1設定なので、ドル円が1円下落するごとに買いの注文が入っていき、1円上がることにポジションを決済して利益が出ていきます。

必ず設定時の「ロスカットありorなし」は「なし」を選択しましょう。

ポジション数が10まで持てるので、ドル円が100円を割らない限りはそこそこ利益を出し続けてくれる設定です

しかし過去20年で1度だけ100円を下回っている時がありますので、もしまた100円を割るようなことがあればロスカットされてしまいます。

ロスカットの可能性は小さいですが多少のリスクがあることは把握しておきましょう。

(実際は100円を割るまでにレンジ相場で利益を積み重ねているはずですので、100円を割ってもすぐにはロスカットはされることはありません)

20万円以上用意できるなら

  20万円の場合 30万円の場合
通貨 USD/JPY USD/JPY
設定 B50・取引量1 B25・取引量1
ロスカット設定 なし なし
ポジション数 20 27
ロスカットライン 99.5円 99.9円
最後の買い値 100.5円 103.5円

※ドル円が110円の時の設定

もし10万円ではなく20万円以上の資金を用意できる人は、もっと稼げる設定にすることができます。

上図のようにロスカットライン100円まで耐える仕様は変えずに、買い増しの値幅やポジション数を変えることで利益を上げやすくできます。

基本的にループイフダンは自己資金が多ければ多いほど安全に利益を上げることができますので、余裕がある人は20万円以上で運用してみるといいでしょう。

 

ドル円=75円まで耐えるローリスク設定

  ロスカットレート
ポジション数 証拠金10万 証拠金20万 証拠金30万
2 63.9円 13.9円
4 87.9円 62.9円 37.9円
6 95.1円 78.5円 61.8円
8 98.3円 85.8円 73.3円
10 99.8円 89.8円 79.8円

※ドル円110円の時に取引数量1でロスカット設定は無し

ローリスク設定は過去最安の75円まで耐える、超安定型のプランです。

ドル円75円まで耐える設定の場合、証拠金10万円だとポジションを2つまでしか持てないのでかなり厳しいです

持てるポジション数が少ないとそもそも利益が出ませんからね。

証拠金20万円の場合は6ポジション、証拠金30万円の場合は8~10ポジション持ちながら75円まで耐えることが可能。

では実際のローリスク設定を考えてみましょう。

  20万円の場合 30万円の場合
通貨 USD/JPY USD/JPY
設定 B100・取引量1 B50・取引量1
ロスカット設定 なし なし
ポジション数 6 8
ロスカットライン 78.4円 75.1円
最後の買い値 105円 106.5円

※ドル円が110円の時の設定

ロスカットラインが75円より僅かに上にありますが、ここまで下落する間にレンジ相場で利益が出ているはずなので問題ありません。

過去20年以上の間でドル円が75円を下回っていることは無いので、この設定がロスカットされる可能性は極めて低いです

しかしそのぶん持てるポジション数が少ないので、利益も少なくなってしまいます。

負けないことも重要ですが資産を増やせないと意味が無いので、個人的にはドル円100円を想定したミドルリスク設定のほうをお勧めします

 

利益貯蓄や積み立てで更に低リスクに

ループイフダンで出た利益を出金するか、そのまま証拠金として口座に貯めていくかは非常に重要です。

ループイフダンで10万円が11万円に増えたとき、1万円を出金するのか口座11万円のまま運用し続けるのかを考えてみましょう。

出金のメリット ⇒ 利益を確定させることができる。

口座貯蓄のメリット ⇒ 証拠金を増やしてロスカットのリスクを減らすことができる。

出金した分は銀行口座に入りますので、絶対になくなることがありません。

利益を口座に貯蓄していくと証拠金が増えますのでロスカットラインを下げることができますし、持てるポジション量も増やせます

僕個人としては、しばらくは利益を口座貯蓄していくほうをお勧めします。

口座の証拠金が増えれば利益を出しやすくなるため、加速度的に資産を増やしていくことができるからです。

積み立て投資

ループイフダンで出た利益を口座に貯蓄しつつ、さらに毎月1万円ずつ口座に入金して証拠金を増やすという手もあります

証拠金が増えれば持てるポジション数を増やしたり、取引数量を上げることができるので資産の増えるスピードを上げることができます。

リスクをなるべく抑えて「負けない設定」にしておけば、証拠金はあればあるほど有利になります。

貯金に余裕のある人は毎月少額ずつ積み立て投資をしてみるといいかもしれませんね。

 

おすすめ設定まとめ

  1. ロスカットされない設定にする
  2. ドル円100円下落を想定した設定がおすすめ
  3. 資金30万円ならドル75円まで耐えるプランも可能
  4. 利益をそのまま貯蓄するとリスクを抑えられる

如何でしたでしょうか。

ループイフダン等のリピート系FXは放置で資産が増えていきますが、ロスカットをされないことが前提になってきます

相場が急激に動いてもロスカットされない設定にしておくことで安心して放置することができるようになりますね。

大きく稼ごうとするよりもリスクを最小限に抑えつつ時間をかけて資産を増やしましょう

初心者の人はまず10万円を入金してドル円100円まで耐えられるミドルリスク設定からスタートしてみることをお勧めします。

ループイフダン
口座開設ページ

順に読めば理解できる

① ループイフダンとは?仕組みと評判について
ループイフダンの注文の出し方・使い方
③ 10万円で始めるループイフダンのおすすめ設定 ←いまココ!
勝てない人はまず勝つ為の仕組みを知ろう
30万円で月1万円勝つ為の設定