FX自動売買

ループイフダンはスワップポイントを狙え!スワップ投資のコツを公開

ループイフダンを運用するうえで欠かせない知識「スワップポイント」。

このスワップについては賛否両論あり、「稼げる」「稼げない」と人によって意見が分かれがちです。

僕はスワップを利用した運用方法でしっかりと利益を取れていますので、今回はそのスワップ投資法の極意を解説していきたいと思います。

ループイフダンは他の自動売買FXよりもスワップ金利が美味しいので狙わない手はありませんよ!

塵も積もれば山となるスワップで更なる利益を積み上げていきましょう^^

ループイフダン
口座開設ページ

スワップポイントとは

スワップが何かわからない初心者

スワップとは特定の通貨ペアを保有している時、一定の金利を毎日受け取れるor支払う仕組みのことを言います。

例えば米ドルが買いスワップ80、売りスワップ-90の時、米ドルを1ロット(1,000通貨)買いで保有しておけば毎日8円貰える計算です。

ループイフダンは多くのポジションを保有し、利確できるまでポジションを何日も持ち続ける仕組みなのでスワップ金利の影響を大きく受けます。

スワップを上手く利用すると毎月の利益が数千円以上変わってくるのです。

スワップ金利の実例

ループイフダンのスワップ画像

上図は私のループイフダンのポジションです。

今のポジションのスワップだけでも合計600円近くプラスになっていますね。

僕の場合は米ドル/円を2ロットごとに買い注文していましたので、ポジション1つごとに毎日16円入ってきています。

価格が下落してポジションが10個になれば16×10=160円が毎日入ってきますね。

ずっと含み損のポジションもスワップだけでプラス収支になっていくので、スワップの受け取りがいかに強力かがわかります

もし逆に米ドル/円を売り設定にしていたら毎日16円支払っていくことになるので、含み損がさらに膨らんでいくことになるので苦しいですね。

 

スワップは狙う価値がある?

さきほども述べたように、スワップは買いと売りで金利を受け取れるか支払うかが決まっています。

「なら金利を受け取れる側のポジションだけ持てばいいのでは?」

当然このような疑問が生まれますよね。

しかし相場には金利を大きく受け取れる通貨ペアは価格が損をする方向に動きやすいという特徴があります

スワップと価格の関係

・買いスワップがプラスの場合は価格下落しやすい

・売りスワップがマイナスの場合は価格高騰しやすい

つまりFXではスワップ金利狙いでポジションを持つと価格が逆方向に動いて損をし、金利以上の負債を背負ってしまう可能性があるのです。

それ故に「FXのスワップ狙いは稼げない」と言われてきました。

ループイフダンならスワップで稼げる!

スワップの解説

しかし自動売買FXのループイフダンなら話は別です。

なぜならループイフダンは自分が設定したレンジの中でなら、どれだけ大きく価格が上がろうが下がろうが利益を出せる仕組みだからです

米ドルの買いでスワップ金利を受け取りつつ、ロスカットされないように設定をするので価格が下がっても問題ありません。

ポジションが増えたあとは価格が元に戻れば利益を出せますからね。

大切なのはカバーできるレンジを広くとって、絶対にロスカットされないようにすること

ロスカットさえされなければ永遠にスワップ金利を受け取りつつ、レンジ内で利益も同時に得ることが可能なのです。

 

スワップ金利がおいしい通貨ペア

ループイフダンの通貨ペアごとのスワップ表
公式サイト スワップ表一覧はこちら

ループイフダンの通貨ペアの中でも比較的スワップ金利の高いものをまとめてみました。(変動制:2019年2月調べ)

例えば売りスワップが-100の通貨で買いポジションを持つと、1ロット(1,000通貨)ごとに毎日10円支払い、売りポジションなら10円受け取れます。

ループイフダンはポジションをたくさん持ち続けるので、ロット数が10以上になることはザラで、毎日100円以上受け取ることも珍しくありません

特にプラススワップで60以上のものはかなり美味しい金利で、スワップだけでもかなりの収益になります。

僕はスワップ金利だけで毎月+4,000円ほどの収益が出ていますので、これだけでスマホ代が支払えています^^

買いで金利が貰える通貨と、売りで金利が貰える通貨に分かれているので、どちらのポジションで受け取れるかは把握しておきましょう!

 

ハーフ&ハーフとスワップ金利の合わせワザ!

では実際にスワップをどう利用していくかについて考察しましょう。

僕が実際にループイフダンで運用している、リスクを極力抑えつつスワップを受け取り続けるテクニックを公開します。

このテクニックを利用するにはハーフ&ハーフという証拠金を半分に抑える投資法を活用しますので、まずハーフ&ハーフについて理解しておきましょう。

こちらの記事で詳しく解説しています。

ループイフダンでリスクを半分に抑えられるハーフ&ハーフ投資法とはループイフダンには「ハーフ&ハーフ」という、必要な証拠金を半分に抑えられる低リスクな投資法があります。 この投資法をすることでロスカッ...

低リスクでスワップを受け取るテクニック

まず、基本的にはスワップ金利を受け取る側のポジションしか持ちません。

例えば豪ドルで70円~105円のレンジでハーフ&ハーフを仕掛けた場合、70~88円は買い、88~105円では売り設定で運用することになりますよね。

ハーフ&ハーフを活用したスワップ投資

そして豪ドルのスワップ金利は買いで受け取れる仕様なので、レンジ半分のうちの買いのレンジでのみ運用します

つまり70~88円までの間は買いで運用してスワップ金利を受け取り続けます。

88円を超えて売りレンジに入ったら、スワップがマイナスになりますので豪ドルの運用をやめて別の通貨ペアに移行します。

移行する先は「ハーフ&ハーフでレンジを分けて今現在スワップを受け取れる側のポジションを持てる通貨ペア」です。

こうすることで常にスワップを受け取り続けることができ、かつハーフ&ハーフの手堅い運用方法も同時に行うことが可能なのです。

2019年2月現在では、僕は米ドル/円で買いの運用をしてスワップを受け取り続けています。

レンジは100~125円を想定しているので、米ドルが113円を超えたら買いの運用を辞めて他の通貨ペアに移行する予定です^^

 

スワップ投資で気を付けること

スワップ利益はオマケ。欲は出さないこと

スワップの受け取りは確かに美味しい仕組みです。

しかしスワップをもっと受け取りたいと欲を出して取引数量を上げたり、値幅設定を狭めて多くのポジションを持とうとするのは危険です

あくまでもスワップは含み損を長く持っているポジションに対する救済措置という認識で、オマケ程度に考えるようにしておきましょう。

ループイフダンのメインとなる収益は値幅変動での利益です。

スワップを狙いすぎてリスクを大きく取るような運用方法ではいつかロスカットされてしまうでしょう。

スワップ金利は変動する

さきほどのスワップ金利一覧表は公式サイトから全通貨ペアが確認できますが、金利は変動しますので注意が必要です。

多少変化することはありますが、プラスだったはずのスワップが急にマイナスに変わったというような大きな変動は基本的にないので安心してください。

たまに公式サイトへ行って金利をチェックする程度でいいでしょう^^

 

まとめ

  • スワップは毎日受け取るor支払う金利
  • スワップだけで月数千円稼ぐことが可能
  • ハーフ&ハーフと組み合わせると効率的
  • 狙いすぎてロスカットには注意!

基本的にはスワップによる収益よりも、値幅変動によるループイフダンの収益のほうが大きいのでスワップは気にしなくてよいという意見もあります。

確かにその通りですが、やはり含み損を抱えている時にスワップでもマイナスが膨らんでいくと精神的に辛いです。

貰えるものは貰ったほうが得ですし、スワップをうまく活用するだけで毎月数千円~1万円近くの収益が変わるならしっかり貰うべきだと考えています。

今までスワップ金利を支払っていた人は、これを機にスワップを受け取る運用法に切り替えてみては如何でしょうか^^

ループイフダン
口座開設ページ

 

 
おすすめFX業者
 
 
IG証券は国内FXと海外FXの良いとこ取りをした、最強の国内業者です。
 

XMよりも資金効率が良く追証もなし、税率も安い!
国内業者でFXをやるなら絶対にIG証券一択です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です