ループイフダン

ループイフダンでリスクを半分に抑えられるハーフ&ハーフ投資法とは

ループイフダンには「ハーフ&ハーフ」という、必要な証拠金を半分に抑えられる低リスクな投資法があります。

この投資法をすることでロスカットされるリスクをかなり抑えることが可能です

大きなメリットがある反面、デメリットもありますので詳しく見ていきましょう。

ハーフ&ハーフまとめ

必要な証拠金が半分で済む

買いと売りを併用することで含み損が少なくなる

設定の変更時は手動でやる必要がある

レンジの上下に損失リスクが出る

ループイフダン
口座開設ページ

ハーフ&ハーフとは

ハーフ&ハーフの図

ハーフ&ハーフではまず大きくレンジ幅を決めます。

ドル円を例にすると過去20年間はほとんど100円~125円の幅で動き続けている為、この値幅で今後も動くだろうと予想します。

そしてレンジを半分に分けて下半分にいる時は買いのループイフダン、上半分にいる時は売りのループイフダンを仕掛けましょう

ハーフ&ハーフのやり方

チャートを長期的に見て価格レンジを決める
 (上図だとドル円100~125円がレンジ)

レンジを上下半分に分ける

下のレンジでは買い設定・上のレンジでは売り設定で運用する

このとき重要なのはレンジの上限もしくは下限まで価格が動いたとき、絶対にロスカットされないように証拠金を調整することです。

決めたレンジ内でロスカットさえしなければ、価格がレンジを出ない限りは利益を出し続けることができます。

ハーフ&ハーフのやり方はたったこれだけですが、このやり方をすることで様々なメリットがあります。

 

普通の設定との違い

ハーフ&ハーフと通常設定の違い

ハーフ&ハーフの特徴

ハーフ&ハーフの設定では上レンジでは売り設定、下レンジでは買い設定で運用します。

上レンジでは高騰すればするほど売り増しを行い、レンジ中央まで下落してきた時に今までの全てのポジションが利確されます。

逆に下レンジでは買い増しを行い、レンジ中央まで高騰してきた時に全てのポジションが利確されます。

つまりレンジ中央では含み損が0の状態なので、片側のレンジ幅までの含み損までしか発生しないので必要な証拠金が半分で済みます

少ない証拠金で幅広いレンジをカバーできるローリスクな設定というわけですね。

ハーフ&ハーフはレンジ相場で無類の安定感を発揮します。

通常の買い設定の特徴

通常の買い設定の場合は安く買って高く売るが基本となります。

下落し続けるとひたすら買い増しを行い続けるため、どんどん含み損が膨らんでいくことになります。

つまり含み損の幅は天井から底までとなるので、必要な証拠金が多くなってしまいます。

これがループイフダンの基本設定ですのでハイリスクという訳ではありませんが、ハーフ&ハーフよりはリスクが大きいことは否めません。

もしレンジ相場ではなくこの先は大きく高騰or下落し続ける可能性が高い場合は、通常の買いor売り設定で放置すると良いでしょう

 

ハーフ&ハーフのメリット

証拠金を抑えてリスクを減らせる

通常の設定との違いでも説明しましたが、ハーフ&ハーフでは含み損になるレンジ幅が通常の半分で済みます

例えばドル円100~110円のレンジで稼ぐ場合、通常の買い設定だと110円から100円まで下落した時のことを考えると10円幅の含み損に耐える必要があります。

しかしハーフ&ハーフは中央の105円で全ポジションが利確されるので、110円や100円どちらに動いても含み損は5円幅となります。

ロスカットされないことが最も重要なループイフダンにおいて、ハーフ&ハーフは最適な投資方法と言えるでしょう。

レンジ幅を広くカバーできる

必要な証拠金が半分で済むならば、その分広くレンジをカバーできます。

相場は大きく高騰or下落をしてしまっても必ずいつか帰ってきますので、想定レンジを広く取ることは非常に重要です。

今まで通常の買いor売り設定で10円幅レンジを想定して運用していた人は、ハーフ&ハーフで20円幅をカバーしてみましょう。

レンジ内で全ポジションが利確できる

ハーフ&ハーフではレンジ中央で全てのポジションが利確されますので、レンジ中央では含み損が0の状態になります。

しかし通常の買い設定ではレンジの一番上で買いポジションを持ってしまうと、レンジを上に抜けない限りそのポジションはずっと含み損のまま清算されません

これは売り設定の時も同様です。

ずっと含み損のポジションを持ち続けるのは気持ち悪いですし、運用を停止する時には損切りをせざるを得ません。

逆にハーフ&ハーフはレンジ中央以外の時には常に含み損のポジションを持っていることになります。

しかし中央にくれば全て利確された状態となる為、損切りせずに運用を停止させたり別の設定に移行することができることが強みです。

 

ハーフ&ハーフのデメリット

レンジの上下に損失リスクが発生

通常の買い設定は通貨の価格が上がれば上がるほど利益が出続けます。

したがって損失は価格が下がった時のみとなるので、損失リスクは下方向にしかありません。(売りの場合は上方向)

しかしハーフ&ハーフの場合はレンジ中央で設定を切り替えるので、想定レンジ外の上と下の両方に損失リスクが生じてしまいます

つまりどちらか片方にでも価格が大きく動きすぎると損失のリスクが出てくるのです

しかしハーフ&ハーフでは必要な証拠金が半分で済むので、価格が想定レンジを超えないように可能な限り広くレンジをカバーしましょう。

買いと売りの切り替えは手動

ハーフ&ハーフではレンジの中央値を通過する際に、買い設定と売り設定を切り替える必要があります。

しかしループイフダンには買いor売りの設定を自動で切り替える機能がありません。

レンジの中央値に価格がきた時は手動で一旦設定を止め、逆の設定を運用し始めましょう。

レンジ中央値では必ず利益だけが出て含み損は0の状態ですので、設定を止める際に損切りする必要が無いので安心ですね。

スワップポイントは狙えない

ハーフ&ハーフではスワップポイントを狙うことはできません。

レンジ帯によって買いと売りを決定しますので、スワップポイント金利を受け取る場合もあれば支払う場合もあります。

そもそもスワップポイント金利を狙った手法はリスクが高く、稼げませんので無理に狙う必要はないでしょう。

スワップポイントとは

通過ごとに買いor売りのポジションを持っていると、ポジションの大きさに応じて一定の金利を支払うor受け取る制度です。

利率や、買いと売りどちらが金利を貰うかは通貨によって異なります。
公式サイトのスワップ金利一覧はこちら

 

ハーフ&ハーフまとめ

  • 証拠金を半分に抑えられる
  • 稼げる価格レンジを広くカバーできる
  • レンジ内で全ポジションを利確できる
  • 損失リスクが上下に出てしまう
  • 設定の切り替えは手動

ループイフダンを運用するにあたりリスクを抑えられるのは大きなメリットです。

もちろん通常の買いor売りのみの設定にもメリットはありますので、ハーフ&ハーフが絶対に良いというわけではありません

あまりリスクを取りたくない人はハーフ&ハーフを実践してみては如何でしょう^^

ループイフダン
口座開設ページ

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です