楽天証券

【完全版】つみたてNISAで楽天ポイント投資の税金を非課税にする方法

どうも、1000万円で資産運用をしている雪ねこです。

資産運用について調べていると、よく「NISA」という言葉が出てきますよね。

NISAは資産運用をする上で利益の一部に税金が掛からなくなる超お得な制度。

この記事ではNISA口座を開設して、一番お得に楽天ポイント投資をする方法を解説していきます

この記事でわかること

NISAは投資利益が非課税になる制度

目的によって一般NISAとつみたてNISAを選べる

 損益通算できないデメリットもある

 楽天ポイント投資ならつみたてNISA一択!

これからポイント投資を始める人はぜひこの機会にNISA口座を開設しましょう!

楽天ポイント投資って何?という人はこちらの記事を読んでみてくださいね。

楽天ポイント投資のやり方・メリット・デメリット

\ 0円からポイント投資するなら楽天証券  /

楽天証券 口座開設はこちら

NISA(ニーサ)とは?

NISAとは、株や投資信託で得た利益に税金が掛からなくなる制度です

NISA枠には投資上限額が決まっており、非課税の対象となるのはその上限額までです。

一般NISA」と「つみたてNISA」の2種類があり、投資目的によって自分に合ったほうを選択することができます。

一般NISAとつみたてNISAの違いは以下のとおりです。

  一般NISA つみたてNISA
年齢制限 20歳以上
運用方法 買付・積立 積立
年間投資上限 120万円まで 40万円まで
投資対象 株式・投資信託 一部の投資信託
手数料 国内株式:無料
投資信託:銘柄による
海外株式:約0.5%
無料
非課税になる期間 5年 20年

一般NISAなら120万円まで投資可能で、自分で株の売買などで得た利益を5年までは非課税にすることができます。

つみたてNISAは40万円まで投資可能で一部の投資信託を積み立てていくことができ、得た利益は20年間は非課税です。

それぞれにメリットがあるので、自分の投資スタイルに合ったほうを選びましょう

 

一般NISAの特徴

一般NISAの最大のメリットは投資上限額が120万円と高額なことです。

120万円を投資してそこからどれだけ大きな利益を得たとしても全て非課税になります

また運用方法は積立だけでなく買付も適用されるので、自分の意志で株や投資信託を頻繁に売買したい場合は一般NISAを選びましょう。

一般NISAはこんな人におすすめ!

● 40万~120万円で投資する人

● 投資信託だけでなく株式もやりたい人

● 売買を繰り返すトレードで利益を出したい人

つみたてNISAの特徴

つみたてNISAはその名の通り積立方式でのみ運用ができるNISA口座です。

積立投資は毎月コツコツ一定の金額分を買い増していく投資法で、知識があまり無い初心者の人に向いている運用方法です

初心者ほど積立投資をしてコツコツ稼いでいくことが重要。

また非課税となる期間が20年間も適用されますので、長期的に積立投資をする予定の人はつみたてNISAを選択しましょう!

つみたてNISAはこんな人におすすめ!

● 投資経験の浅い初心者の人

● 楽天ポイントで積立投資をしたい人

● 年間の投資額が40万円以下の人

税金シミュレーション

NISA枠を利用すれば利益が非課税になることが分かりましたね。

しかし、NISA口座で投資をすると実際どれくらいお得なのでしょうか

100万円で一般口座とNISA口座で利益を出した場合を比較してみましょう。

シミュレート条件

●1株1000円の銘柄Aを100万円分買う(1000株)

● 銘柄Aは1株につき15円の配当が年1回ある

● 1年後に25%増しの価格で銘柄Aを全て売却

● 一般口座での利益の税率は20.315%

  一般口座 NISA口座
投資額 1,000,000円
1年間の配当 1,000株 × 15円 = 15,000円
売却益 1,000,000円 × 25% = 250,000円
利益の合計 265,000円
税率 20.315% 非課税
支払う税金 265,000円 × 20.315%
= 53,835円
0円

一般NISAの詳しい手数料は公式サイトを参照

年間で265,000円の利益を出した場合、一般口座ですと約54,000円もの税金を支払わなければなりません。

しかしNISA口座を開設しているだけで、この54,000円の税金は支払う必要がなくなるのです

これは圧倒的にお得すぎますね。

さらにNISA口座ではこの浮いた54,000円を来年さらに投資に回すことができ、複利効果でどんどん利益が膨らんでいきます。

1年目は54,000円の差でも、2年目以降はもっと大きな差が開いてくるということです

実際にシミュレートしてみるとNISA口座の破壊力が理解できますね…!

NISA口座でポイント投資をしてみる

楽天証券でNISAを開設するメリット

①:利益が非課税になる

何度も解説していますが、NISAの一番のメリットがこれです。

投資や資産運用における一番の敵は税金ですが、NISA口座で100万円を稼いでも税金が掛かることはありません

資産運用をするならNISAの口座開設は必須。

非課税になって浮いたお金をさらに翌年の資産運用に充てて、複利でどんどん資産を増やしていきましょう!

②:ポイントで積み立て投資ができる

つみたてNISAを選択すれば、楽天スーパーポイントで自動の積立投資ができます。

つみたてNISAは非課税期間が20年と長いので、長期的に資産運用をしていきたい人におすすめです。

楽天で買い物をして、貯まったポイントを毎月500ポイントずつ投資信託で運用していくことも可能。

しかも投資信託の積立を楽天カード決済にすると、投資信託の購入金額の1%がポイント還元されます

もちろん還元されたポイントを使って投資信託を買い増すことも可能。

楽天のポイントシステム的には、楽天ユーザーに積立投資を長くやってもらいたいという意図が読み取れますね^^

③:非課税枠は毎年与えられる!

つみたてNISAは40万円、一般NISAは120万円までの投資上限がありますが、この年間の投資枠は毎年新規で付与されます

「つみたてNISAって40万円までしか投資できないの?」

と勘違いしている人が多いのですが、投資上限は年間で40万円です。

例えば2014年につみたてNISAで40万円を積立し、翌2015年にも40万円まで新規で買付をすることができるのです。

つみたてNISAなら非課税期間が20年もありますので、税金のことを考える必要は全くありませんね^^

 

ちなみに一般NISAは非課税期間が5年までですが、買付をして5年経った銘柄はそのまま5年後のNISA枠に組み込むことができます

例えば2014年に120万円で買付した銘柄は2018年までは非課税で、その銘柄は2019年のNISA枠に移管できるので引き続き非課税を継続できるのです。

つまり一般NISAはトータル600万円の投資まで非課税になりますね^^

④:NISA口座開設で2,000ポイントが貰える

楽天証券のNISAでは口座開設をした人を対象に楽天ポイント2,000Pが抽選で2,000名に当たるキャンペーンをやっています。

期間は1月4日~3月29日までの2ヵ月強なので、2000名となれば当たるチャンスはそこそこ高いと言えるでしょう^^

楽天ではポイントで投資信託が購入できるので、これに当選した人は0円からノーリスクで非課税の資産運用が開始できます…!

もし資産運用に興味がない人でも2,000ポイントをタダで貰うチャンスなので、口座開設だけでもしておくといいでしょう。

楽天証券 口座開設はこちら

NISAのデメリット

①:他の口座と損益通算ができない

NISA口座内の利益および損失は、他の一般口座と損益通算することはできません

損益通算とは

利益と損失を合わせて税金計算すること。

株A+100万円、株Bで-100万円の場合、損益通算することで利益は0になる。

例えば300万円で投資をする場合、一般NISA枠は120万円が限度なので残りの180万円は一般口座を利用することになります。

NISA口座で-10万円の損失を出し、一般口座で+20万円の利益を得てもNISA枠は他の口座と損益通算ができないので+20万円のほうに税金が掛かるのです。

NISA枠で得た利益はもともと非課税なので、NISA枠で損失を出すと勿体ないことになりますね。

②:非課税枠の再利用・繰越はできない

NISAの非課税枠は投資額40万円もしくは120万円までで、この上限枠は使い切りです。

例えば120万円分の投資信託を買付して、同じ年に全て売却して生じた空き枠を再度利用することはできません。

最初に購入した120万円分の投資に対してのみ非課税が適用されると覚えておきましょう。

 

また、未使用分の非課税枠を翌年に繰り越すこともできません

例えば今年NISAで60万円しか投資してないので、残りの60万円枠を足して翌年は180万円分は非課税だ!とはならないのです。

非課税枠は常に年間120万円までです。(つみたてNISAなら40万円)

③:1人につき1口座まで

NISA口座内で得た利益は非課税になりますが、1人で複数の口座は作れません

複数口座を持てたら上限なく全て非課税になってしまいますからね(笑)

1番効率の良い投資法はNISA口座の上限額いっぱいで投資することです。

 

NISAの口コミ・評判

僕の周りでも積立NISAをしている知人はかなり少ないです。

普通の人って「貯金が最強」だと思っているので、その貯金で資産運用をしようという発想に至ってない人が多いんですよね。

お金は持ってるだけじゃ増えないので、銀行に預けておくくらいなら積立をしたほうが将来の為になります。

NISAは実は楽天証券以外でも開設することができます。

どこでNISA口座を開設するか迷っている人も多いようですが、僕はダントツで楽天証券のNISAを推しています

理由は楽天経済圏の恩恵が強すぎるからです。

楽天カード・楽天銀行・楽天ポイント・楽天でんき・楽天モバイルなど、生活の一部を楽天サービスにすることで加速度的にポイントが貯まっていきます

節約しつつ貯まったポイントで資産運用ができる楽天は本当に凄いです…!

今20~30代の若者が65歳になる頃には年金制度は破綻している可能性が高いです

受給できる年齢もおそらく70歳に引き上げられますし、貰える金額もごく僅かです。

年金があるから65歳まで適当にサラリーマンをやっていればOK!という時代はもう終わりました。

高所得でしっかり貯金をできる人はいいですが、低所得者は今のうちから資産運用を始めておかないと老後に必ず極貧生活を強いられます。

「自分の資産は自分で築く」まさにこれに限りますね。

 

NISA口座開設のやり方

楽天証券の口座を持っていない人

NISAの口座開設は楽天証券の口座開設と同時に行えます

楽天証券の口座を持っていない人はまず楽天証券の公式サイトから登録しましょう。

楽天証券の詳しい口座開設の方法はこちらの記事を参考にしてみてください。

楽天ポイント投資のやり方と口座開設方法

楽天証券 口座開設はこちら

楽天証券には登録済の人

すでに楽天証券の口座を持っている人は、公式サイトのNISAのページへ。

そこにある「NISA口座申込」からNISA口座を開設することができます。

 

NISAの注意点と落とし穴

NISAは今やコマーシャルでも放送されるほど一般大衆に浸透しています。

そしてブログやクチコミでNISAでは税金が掛からない!と言われているので、NISAは絶対に儲かるものとして意識している人が多いです。

しかしNISAは「利益が非課税になる」という制度であって、必ずしも利益が出るわけではありません

株式や投資信託は投資の一種ですので、100%勝てるとは限らないのです。

「NISA=絶対お金が増える」という勘違いだけはしないようにしましょう

とはいえ利益が非課税になるNISAのシステムは素晴らしいものですので、投資や資産運用を始める人は必ず開設しておくことを強くおすすめします。

何事も多少のリスクはあるよ、ということですね^^

 

NISAまとめ

NISAは資産運用をするなら絶対に開設しておいたほうがいい制度。

せっかく利益を出したのに税金で20%も持っていかれるのは嫌ですからね…

特に楽天ポイント投資だけをする人は必ずつみたてNISAを選択しておきましょう。

楽天ポイント投資+つみたてNISAは、0円で積立ができて且つ税金を支払わなくてよくなる最強のノーリスク運用ですね

お金を用意できない投資初心者の人にもおすすめです。

今日から資産運用を始めて老後資金を貯めていきましょう^^

\ つみたてNISAで投資するなら楽天証券  /

楽天証券 口座開設はこちら

楽天証券のサイトマップ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です