FXの基礎知識

海外FXにおける単位pips(ピップス)の意味と計算方法を分かりやすく解説

雪ねこ
雪ねこ
FXトレーダーの雪ねこです

FXをやっているとpips(ピップス)という言葉を必ず耳にしますよね。

「100pips取った」「25pipsで損切りする」というような使い方をし、pipsを理解すると多くのトレーダーと値幅の共有ができるようになります。

この記事ではピップス(pips)の計算方法や何故ピップス表記をするのかについて詳しく解説していきます。

ピップス(pips)とは

pipsとはFXにおいて為替レートの値幅を表す単位のことです。

例えば米ドル円が110.000円の時にロングを入れ、110.500円で利確したとします。

これは「0.5円幅で利確」「50銭幅で利確」という表現になりますが、これをpipsで言い換えると

「50pips取った」という表現になるのです。

雪ねこ
雪ねこ
円建て通貨の場合は100pips=1円になるよ

pipsをもっと分かりやすく覚える方法があります。

基本的にFXでは為替レートを110.000円のように小数点第3~5位まで表示しています。

そしてpips表記では小数点の一番右の桁が0.1pipsとなるのです

pipsの表し方

これを覚えておけばもうpipsで悩むことはなくなります^^

例えば米ドル円(USDJPY)の場合

  • Bid(売り) 106.350円
  • Ask(買い) 106.362円
  • スプレッド 1.2pips

豪ドル米ドル(AUDUSD)の場合

  • Bid(売り) 0.67730ドル
  • Ask(買い)0.67751ドル
  • スプレッド 2.1pips

と、すぐにスプレッドの値幅を表現することができますね。

1pipsの価値を計算する

雪ねこ
雪ねこ
今日はドル円で50pips取った!

50pipsと言われても「それって何円勝ったの?」と思いますよね。

しかしpipsはあくまでも値幅を表す単位なので、いくら儲けたかはポジションの大きさ(取引数量)とpipsの2つによって決まります

ではpipsと取引数量による利益を表で確認してみましょう。

米ドル円(USDJPY)の場合

取引数量1pips10pips100pips
1,000通貨10円100円1000円
1万通貨100円1,000円1万円
10万通貨1,000円1万円10万円

 

豪ドル米ドル(AUDUSD)の場合

取引数量1pips10pips100pips
1,000通貨0.1ドル1ドル10ドル
1万通貨1ドル10ドル100ドル
10万通貨10ドル100ドル1,000ドル

 

ポンド豪ドル(GBPAUD)の場合

取引数量1pips10pips100pips
1,000通貨0.1豪ドル1豪ドル10豪ドル
1万通貨1豪ドル10豪ドル100豪ドル
10万通貨10豪ドル100豪ドル1,000豪ドル

これで1pipsの価値をある程度把握できたかと思います。

米ドル円のように円建て通貨ペアは特にイメージしやすいですが、ドル建てや豪ドル建て通貨ペアになると少し慣れが必要ですね。

最初は「1万通貨で100pips取れば大体1万円勝てる」と覚えておけばOKです

まずは1000通貨で取引を繰り返し、何pips動いたらどれくらい損益が動くのか実際に体感してみるといいでしょう。

国内と海外業者では取引単位1ロットの数量が異なりますので注意。

国内FX業者 ⇒ 1Lot=1万通貨単位

海外FX業者 ⇒ 1Lot=10万通貨単位です。

pips計算機の使い方

海外FX業者のXMには通貨ペアごとに1pipsの利益を計算してくれるツールがあります。

pips計算ツールのページはこちら

  1. 取引したい通貨ペアを選択
  2. 取引数量を入力
  3. JPYを選択
  4. Standardを選択
  5. CALCULATEをクリック!
  6. 左下に1pipsの利益が表示される

このツールを使えば、マイナーな通貨ペアでも簡単に1pipsの利益が計算できますね^^

pipsに慣れないうちは活用してみましょう!

XMのpips計算ツールは1Lot=10万通貨で計算されます。

国内FX業者の場合は1Lot=1万通貨なので、計算結果を1/10しましょう。

値幅をpipsで統一する理由

① 値幅を共有しやすい

FXの値幅の単位をpips表記で統一する理由は、全ての通貨において値幅がイメージしやすくなるからです。

例えば米ドル円で「0.5円幅取った」と言われれば「0.5円幅で利確したんだな」と普通にイメージできると思います。

しかしポンド/豪ドル(GBP/AUD)の場合だとどうでしょう?

GBP/AUDの為替レート表記は1.79115のように小数点5桁で表示されます。

この場合、「0.003豪ドル幅で利確した」と言われても結局いくら勝ったのか全くイメージできませんよね?

雪ねこ
雪ねこ
確かに円絡みの通貨じゃないと値幅が伝わりにくい!

しかし「30pips取った」と言えば、どれくらい値幅を取ったのか・どれくらい儲けたのかが伝わりやすいのです。

FXの値幅をpipsで呼ぶことで、全ての通貨ペアにおいて値幅のイメージを全ての人と共有できるようになるということですね!

② 資金力に関係なくトレードの上手さが伝わる

  • Aさん「昨日ドル円で10万円勝ったよ」
  • Bさん「僕はドル円で1万円勝ったよ」

上記の2人ではどちらのトレードが上手かったと思いますか?

雪ねこ
雪ねこ
10万円も勝ってるAさんのほうが上手いに決まってる!

と思うかもしれませんが、実はこれだけでは判断できません。

これに条件を加えてみましょう。

  • 10万通貨のポジションで10万円を稼いだAさん
  • 1,000通貨のポジションで1万円を稼いだBさん

この場合、Aさんは大きなポジションで取引しているので、100pipsで利確して10万円勝ったことになります。

しかしBさんは1,000通貨という小さなポジションで1万円勝っていますので、なんと1,000pipsも取っていることになるのです

雪ねこ
雪ねこ
確かにこう考えるとBさんのほうがトレードが上手かったのは明白だね

勝った金額で話をしていると、純粋にトレードが上手いのか資金力があるだけなのか分からなくなってしまうのです。

FXで値幅の話をする時は、なるべくpipsで話すように心掛けましょう!

pipsまとめ

如何でしたか?

pipsはFXにおいては基礎中の基礎ですので必ずマスターしておきましょう。

慣れれば意識せずともpipsで値幅を表現できるようになります^^

 
おすすめFX業者
 
 
IG証券は国内FXと海外FXの良いとこ取りをした、最強の国内業者です。
 

XMよりも資金効率が良く追証もなし、税率も安い!
国内業者でFXをやるなら絶対にIG証券一択です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です