FXの基礎知識

海外FXの税金の真実を語る|計算方法やシミュレーションで国内FXと比較

雪ねこ
雪ねこ
FXトレーダーの雪ねこです

FXをやるうえで避けては通れないのが税金です。

税金は利益に掛かるものなので負けているトレーダーには無縁な話ですが、年間収支がプラスになると税金を納めなければなりません。

そして「海外FXの税金は国内FXよりも高い!」という認識が広まっていますが、これは完全に間違いです

この記事では海外FXにおける税金の正しい知識を解説していきます。

国内FXと海外FXの税金の違い

項目国内FX海外FX
税制度申告分離課税総合課税
税率20.315%累進課税
15~55%
所得区分雑所得雑所得
損益通算同じ区分同士なら可能同じ区分同士なら可能
損失繰越3年まで可能不可
申告義務給与所得者:20万円以上
非給与所得者:38万円以上

上図のように国内FXと海外FXでは、そもそも適用される税制度が異なります。

雪ねこ
雪ねこ
国内FXは一律20.315%なので計算も簡単!

海外FXでは累進課税制度を適用しているので、給与や事業所得などのその他の所得とFXの利益を合算して税金を計算します。

つまりその人の所得とFXの利益額によって、国内FXと海外FXでどちらが税金が安いかが決まってくるということです。

サラリーマンの場合は課税所得額が低くなりますので、海外FXのほうが税金が安くなる人もいると思います。

海外FXの累進課税方式

年間所得税率詳細
195万以下15%所得税5%+住民税10%
195万~330万20%所得税10%+住民税10%
330万~695万30%所得税20%+住民税10%
695万~900万33%所得税23%+住民税10%
900万~1800万43%所得税33%+住民税10%
1800万~4000万50%所得税40%+住民税10%
4000万超え55%所得税45%+住民税10%

このように海外FXでは年間の所得によって税率が変わります。

給与やFXの利益を含めたトータルの所得額が330万円未満の場合は海外FXのほうが税金が安くなりますね

雪ねこ
雪ねこ
でもサラリーマンならほとんどの人が年収330万円以上あるはず。

つまり絶対税率30%以上になって国内FXより税金高くなるんじゃないの?

こう考えてしまうかもしれませんが、それは違います。

注意しなければならないのは、「税金は収入ではなく課税所得に掛かる」ということ。

課税所得とは収入からあらゆる経費や控除を差し引いた額のことで、仮に年収330万円のサラリーマンなら実際の課税所得は大体150万円くらいになります。

つまりこの課税所得の約150万にFXの利益を足して、330万円以下なら税率が20%以下となり国内FXよりもお得となるのです。

課税所得=給与収入−給与所得控除−その他の所得控除 で計算できます。

順を追って解説しましょう。

給与所得控除額

まず会社の給与(年収)から上図の給与所得控除を差し引きます。

年収330万なら「30%+18万円」なので330万×0.7−18万=215万円になります。

そしてここから更に各種控除を差し引くことができ、主な控除は

  • 基礎控除=38万円
  • 社会保険料控除=前年度支払った社会保険料
  • 扶養控除や医療費控除など

これらを全て差し引いた金額が最終的な課税所得です。

海外FXの税金シミュレーション

  • 年収:500万円
  • 海外FXの利益:300万円

で計算していきましょう。

【所得の計算】
500万円×0.8(給与所得控除率)−54万(控除額)=346万円

【課税所得】
346万+300万(FX利益)−38万(基礎控除)−50万(社会保健控除)=528万円
(※社会保険料控除は人によって異なります)

【所得税】
528万×20%(税率)−427500(控除)=約63万円

【住民税】
528万×10%=約53万円

となるので63万+53万=119万円が支払うトータルの税金となります。
(これは給与の税金も含まれているので、FXだけの税金ではありません。)

累進課税ではFXの利益によってトータルの所得が変化するので、「FXだけの税金」を完全に算出するのは少し難しいです。

もし年収500万円だけなら税金は39万円ほどなので、FX300万円に対する税金は

119万−39万=約80万円ほどになる計算です。

では同条件で国内FXのシミュレーションをしてみましょう。

国内FXの税金シミュレーション

国内FXの利益:300万円

【FXの税金】
300万円×20.315%=約61万円

雪ねこ
雪ねこ
国内FXの税率は一律20.315%だから税金の計算が非常に簡単だね

同条件の利益300万円の場合の税金は約61万円となり、海外FXの80万円よりも20万円ほど安くなる結果となりました。

所得が小さい場合の税金は海外FXのほうが有利ですが、ここまで大きく稼いでいると国内FXのほうが安く済みます。

1つの目安として年収と雑所得(FXの収益)の合計が500万くらいであれば、国内と海外の税金が同じくらいになると覚えておきましょう。

それ以上稼げる自信がある人は国内FXを選ぶことをオススメします。

税金の計算は自動でやってくれる

e-tax

雪ねこ
雪ねこ
こんな難しい税金計算、自分にはできない!

おそらくこう思った人は多いのではないでしょうか。

でもご安心ください。実際に納税する時はネット上で手続きが出来ますし、

国税庁の確定申告ページ源泉徴収表に記載されている年収や徴収額、そしてFXの利益を入力すれば自動計算して納税額を表示してくれます

実際に納税する時に税金の知識はそこまで必要ないということですね^^

もし不安な人は確定申告期間の2月~3月中旬に税務署に行き、確定申告をしたいと伝えればマンツーマンで税務所員の人が教えてくれますよ^^

海外FXは損失繰越はできない

損失繰越

損失繰越とは「今年の利益を過去の損失と合算」できる有難い制度です。

例えば上図のように過去2年間で250万円の損失を出していた場合、今年+400万円勝っていても今年の利益を150万円とすることができるのです。

雪ねこ
雪ねこ
損失繰越をすることで支払う税金が安くできるんだね!

しかし総合課税の雑所得ではこの損失繰越が認められておらず、海外FXでは損失繰越をすることができないのです。

一方、分離課税である国内FXは過去3年間に渡って損失を繰り越すことが可能です

やはり節税という観点においては国内FXに軍配が上がりますね。

海外FXの税金を安くする為のコツ

損益通算を活用する

損益通算の例

  1. XMで年間+100万円
  2. iFOREXで年間−20万円
  3. 仮想通貨取引で年間−50万円
  4. 副業の転売で年間+20万円

この場合は全て損益を合算することができ、雑所得は+50万円で計算可能

海外FXの税区分は「総合課税の雑所得」にあたり、これと同じ区分であれば他の損益と通算することができます。

FXをやっている人は他にもお金に関わる副業や別の投資をしている人は多いので、損益通算できるものが無いか調べてみましょう。

そして逆にFXでマイナスになってしまった場合、他の総合課税の雑所得で利益を出しているものがあれば損益通算して所得を軽減しましょう。

ただし国内FXや株の損益は申告分離課税という別区分になっているので、海外FXと損益通算することはできません

XMで100万勝ち、国内のDMMFXで−50万円だったとしても100万円に税金が掛かってしまいますので注意しましょう。

ポジションの決済タイミングをズラす

決済タイミングで納税時期をずらす

 

これは年末において重要になってくるテクニックで、税金というのは1月1日~12月31日までの1年間の「確定した利益」に対して掛かるものです。

つまりポジションを決済しなければ、どんなに含み益が出ていても課税はされないのです

このポジション決済のタイミングを考慮して節税するテクニックを紹介します。

【節税パターン1】

  • 海外FXを利用中(損失繰越は不可)
  • 12月31日時点で年間損益が−100万円
  • 含み益+100万円のポジションを保有中

この場合、海外FXは損失繰越ができないので年明け前に+100万円のポジションを決済して損失を減らしたほうがお得となります。

決済しようがしまいが今年に税金は掛かりませんが、決済せず来年まで持ち越すと来年の損益が+100万円となってしまい課税対象とされてしまうからです。

海外FXを利用している人は年末には損失を少なくすることを考えましょう

【節税パターン2】

  • 海外FXを利用中(損失繰越は不可)
  • 12月31日時点で年間損益が−100万円
  • 含み益+200万円のポジションを保有中

では上のように、ポジションを決済すると年間収支がマイナスからプラスに転じてしまう場合はどうすればいいと思いますか?

正解はこれも年明け前に決済するほうが得になります。

雪ねこ
雪ねこ
でも決済したら税金かかっちゃうよ!

もちろん決済して今年の損益が+100万円になれば課税されます。

しかし来年に持ち越せば今年の−100万円は無かったことにされ、+200万円に対して課税されることになるのです。

それに利益が大きくなりすぎると税率が上がってしまうので、利益は年を跨いで分散させたほうが税金は安くなりますよ

経費をうまく計上する

FXは利益を出す為にやっているので利益を意図的に抑えることはできず、節税をする為には経費を増やすことになります。

FXにおける経費として計上していいものを以下にまとめました。

  • FXの為に購入した機器代(PCやモニター)
  • FX関連の書籍の購入費
  • FXセミナーへの参加費や交通費
  • EA(自動売買システム)の購入費
  • VPS仮想サーバー費

FXをやる為にかけたお金は基本的に経費として計上することができます。

しかしパソコン代などは全額を経費にするのは難しく、「FXの為に使用している割合」を決めて計算する必要があります

雪ねこ
雪ねこ
パソコンはFX以外の用途でも使えるからね

例えばFXの為に3割使って、7割くらいは日常生活で使ってるPCなら3割を経費として計上するといいよ

ただFXのチャートを表示させる為だけのサブモニター等は全額経費でいけます。

もし経費に関して不安な場合は税理士や税務署に相談してみましょう。

税率20%のIG証券ノックアウトオプションがおすすめ

ノックアウトオプション

海外FXは利益を出し過ぎると国内FXよりも大きな税金を取られてしまいます。

しかも税金の計算も面倒なので、税金の知識が無い人がもし大勝ちしてしまうと税理士に相談しないといけなくなる可能性も。

雪ねこ
雪ねこ
  • 税金の計算をしたくない!
  • 税率は一律20.315%がいい!
  • でも海外FXみたいなハイレバFXがしたい!

こんな人にはIG証券のノックアウト(KO)オプションをおすすめします。

IG証券KOオプションは国内FXでありながら海外FXのメリットを取り入れた、かなり特殊なFX業者です。

  • 最大レバレッジ1000倍以上
  • 追証なし
  • 海外FXより狭いスプレッド
  • 税率20.315%

税金を考えずに海外FXと同じハイレバトレードをするならIG証券一択

詳細を下記事にまとめましたので参考にしてみてください^^

IG証券ノックアウトオプションの評判|8つのメリットと4つのデメリット 最近、IG証券の「ノックアウト・オプション」が話題になっていますね。 国内業者でありながら海外FXと同等の資金効率で追証が無く、か...

 

もし確定申告をしなかった場合…

FXの脱税

結論から言いますと、国税庁はFX業者の取引履歴を調べることができるのでFXで得た利益の脱税は100%バレます

また、脱税をして数年後に税務調査をされた場合、過去数年分の脱税分の税金に「重加算税」や「無申告課税」という重い税金を科されて支払うことになります。

雪ねこ
雪ねこ
つまり脱税をすると結局後から余計に多く納税するハメになるということか…

脱税の金額が大きすぎると悪質と見なされ、最悪逮捕されてしまう可能性も。

FXで数千万円ほど稼ぐと税務署から事前に「ちゃんと税金は支払うように」という電話で釘を刺してくる場合もあります(怖い)

利益が出たら税金を納めるのは国民の義務ですので脱税だけは絶対にやめましょう

まとめ

FXで勝てる人は2割未満と言われていますので、実際に税金を納める人は少ないです。

ですがもし年間で収支がプラスで終わりそうになった時の為に、税率が一律20.315%のIG証券でトレードしておくことをおすすめします。

国内と海外どちらが良いかは人それぞれなので、自分のスタイルに合ったFX業者を探しましょう!

また、節税方法として「ふるさと納税」は必ず活用しましょう^^

 
おすすめFX業者
 
 
IG証券は国内FXと海外FXの良いとこ取りをした、最強の国内業者です。
 

XMよりも資金効率が良く追証もなし、税率も安い!
国内業者でFXをやるなら絶対にIG証券一択です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です