【最新版】仮想通貨の始め方・買い方
初心者向け記事

仮想通貨投資の銀行口座に住信SBIネット銀行をお勧めする5つの理由

▼口座開設で3000円タダで貰えるBITPOINT ▼ 画像の説明文

仮想通貨投資をしていると必ず国内の取引所に銀行の登録をするよね。

実はどの銀行を使っても一緒という訳ではなくて、仮想通貨投資に特化した手数料が無料のネット銀行があるんだ。

今回はそんな住信SBIネット銀行を紹介するよ。 

住信SBIネット銀行のメリット

f:id:Yuki_BTC:20180219213028p:plain

仮想通貨投資をしている投資家たちは住信SBIネット銀行を利用する人が多い。

それは住信SBIネット銀行が取引所と提携していて様々な恩恵を受けるられるからだ。

そのメリットを解説していくよ。

ほぼ全ての国内取引所が対応している

住信SBIネット銀行対応の取引所

Coincheck (コインチェック)
bitFlyer (ビットフライヤー)
Zaif (ザイフ)
bitbank (ビットバンク)
GMOコイン (ジーエムオー)
QUOINEx (コインエクスチェンジ)
BITPOINT (ビットポイント)

見ての通り国内の主要取引所のほぼ全てと提携している。

また、SBI住信ネット銀行の親元となるSBIホールディングスは2018年からSBIバーチャルカレンシーズという独自の仮想通貨取引所を設立する。

もちろんSBIVCが住信SBIネット銀行と提携してくることは間違いなく、SBIグループがいかに仮想通貨業界に力を入れているかがわかるね。  

入金手数料が無料・365日対応

 SBI住信ネット銀行同士の入金は手数料が無料。国内のほぼ全ての取引所が提携している為、取引所への入金手数料が無料 となるわけだ。

普通の銀行口座から取引所へ入金した場合、手数料が約300円を取られるうえに着金するのが翌日だったりする。

仮想通貨ってなにかと資金を移動させることが多くて手数料をいっぱい払ってる人も多いはず。SBI住信ネット銀行ならその心配をする必要はなくなるよ。

また、SBI住信ネット銀行同士の送金は 24時間365日対応しているので、土日祝日でも関係なく資金の移動が可能なんだ。これは非常に助かるね。

SBI住信ネット銀行では回数制限内なら他行への入金も無料だから、家賃や奨学金の定期振込など、毎月の支払で手数料とられてる人もこれからは全て無料で送金できるようになるんだ。

 入金スピードがとにかく速い

 振り込んだはいいけど反映がなかなかされないとイライラするよね。でもSBIネット銀行はとにかく着金が速いからその点は安心できるよ。

SBI銀行同士でテスト送金を行ったところ、数分で反映されたのを確認。これは取引所の『コンビニ決済』と同じくらいの速さだね。

でもコンビニ決済は1000円近い手数料を取られるから、取引所に入金したいなら絶対に無料で且つ爆速の住信SBIネット銀行を利用したほうがいいのは明らか。

入金が速いとビットコインが大暴落して買い増しのチャンスが来た時に素早く対応できるのが強みだね。

 コンビニATMで引き出し手数料が無料

f:id:Yuki_BTC:20180219211142p:plain

セブンATM
ローソンATM
ゆうちょATM
イオンATM
イーネットATM
ビューアルッテATM

上記ATMでの 引き出し手数料は月最大15回まで無料

個人的にこれが一番美味しい機能と思ってる。

筆者はよくコンビニATMを利用するけど、その度に少額とはいえ手数料をとられるのが嫌だったんだよね。でも住信SBIネット銀行ならその心配は無用。

しかも24時間365日いつでもATMから引き出し可能だ。

新規口座開設で2000ポイントの特典

住信SBIネット銀行を口座開設してVisaカードを5000円以上利用した人には500ポイント、そして口座を給与の受け取り口座に登録した場合は1500ポイントが付与されるんだ。

1ポイント = 1円相当なので計2000円相当のプレゼントが貰えるわけだね。

住信SBIネット銀行はメイン口座にするだけの価値があるので、どうせなら給与口座にして1500ポイント貰っちゃおう。
 

 スポンサーリンク

    

総括

 ほぼ全ての取引所と提携済
 取引所への入金手数料は無料
 他行への入金も回数制限内なら無料
 入金スピードが速い
 コンビニATMで24時間365日出金可能

これから仮想通貨を始める人も既に始めている人も、SBI住信ネット銀行の利用は手数料の面だけ見ても絶対にお得になるよ。 

住信SBIネット銀行のデメリットは1つも無いし、今後かなり注目されているSBIバーチャルカレンシーズへの資金移行準備も兼ねて今の内に開設しておこう。

合わせて読みたい 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事