【最新版】仮想通貨の始め方・買い方
取引所の特徴

【図解】SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の登録方法と使い方・特徴

▼23,000円タダで貰える仮想通貨の取引所LIQUID!▼ QUOINEX

今回は仮想通貨取引所SBIVC(バーチャルカレンシーズ) について解説するよ。

SBIバーチャルカレンシーズは国内最大規模の取引所で、特にリップル(XRP)の取り扱いに力を入れている。

取引システムや取り扱い銘柄なども今後どんどん改善されていく為、日本円と仮想通貨の橋渡し的な存在になる取引所だ。

SBIVCの登録はこちら

SBIバーチャルカレンシーズとは

SBIVC公式サイト

SBIVCは大手企業SBIホールディングスが立ち上げようとしている仮想通貨取引所。

『ストレスフリーな仮想通貨取引所』をスローガンとし、金融庁の認可も既に取得済で10月に事前登録を開始した。

SBIバーチャルカレンシーズは、北尾社長がリップル支持者であることからXRPにかなり力を入れており、国内最小スプレッドを目指すと公言している。

国内のXRP取引・管理は今後SBIVCが基準となるかもしれないね。

Rippleと提携している

SBIホールディングスは時価総額3位の仮想通貨リップル(XRP)と提携しており、SBI Pipple Asiaを設立している。

SBI Ropple Asiaは国内外問わずRipple Solutionを用いた決済プラットフォーム『RCクラウド』の採用を世界中の金融機関に持ち掛けている。

今後SBIVCは仮想通貨XRPにおける世界一の取引所となるだろう。

【参考:SBI Ripple Asia公式サイト

独自通貨のSコインを発行

SBIバーチャルカレンシーズは取引所の独自通貨であるSコインを発行予定。

  【Sコインの特徴】

● いつでも使える日常通貨を目指す

● 限界まで抑えた決済コスト

● スマホ対応の決済手段へ

Sコインは24時間365日送受金可能な通貨として日常に浸透させることが目的の通貨。

決済コストを限界まで抑えることで、これまで電子決済を導入することができなかった小売店にもSコイン決済を導入できるようになる可能性を秘めている。

また、Appelpayなどのスマホ決済にも対応し、誰でも気軽にSコインで支払いができる環境を提供するとのことだ

このSコインがSBIVCに上場し、いずれ取引できるようになるよ。 

SBIVCを利用するメリット

業界最小スプレッドを実現

スプレッドというのは取引所における買い値と売り値の差のこと。

スプレッドが広い取引所ではアルトコインを買う時は高いのに売る時は安く設定されてしまい、ユーザー側が不利になっていまう。

SBIVCはスプレッドを業界最小にしていくと北尾社長が公言している為、これが実現すれば国内ユーザーはSBIVCに集まるだろう

仮想通貨の取引をするうえで手数料はかなり重要なファクターなので、手数料の面ではSBIVCにはかなり期待して良さそうだ。

最高峰のセキュリティ

SBIホールディングスは既に証券、銀行、保険、住宅ローンなどを手掛ける金融最大手。

金融業において既に成功を収めている企業である為、セキュリティ面において国内トップレベルであることは間違いない。

サーバーが不安定なことで有名な取引所ザイフ(ZAIF)のように、頻繁にサーバーが落ちるといったようなことはSBIVCでは起こらないはずだ

圧倒的な人気と信頼を誇るSBIだからこそユーザーも自然と集まり、日本一の取引所となることが予想される。

住信SBIネット銀行と提携

仮想通貨投資をしている人のほぼ全員が利用している住信SBIネット銀行とSBIVCは提携しているので、日本円の入出金が手数料無料となっている。

住信SBI銀行のメリット

● SBIVCと提携している
● 取引所への入金も出金も無料
● 24時間365日対応
● 他行への送金も回数制限内なら無料

SBIVCも銀行口座は住信SBIネット銀行を強く推奨しているので必ず開設しておこう。

仮想通貨投資の銀行口座に住信SBIネット銀行をお勧めする5つの理由仮想通貨投資をしていると必ず国内の取引所に銀行の登録をするよね。 実はどの銀行を使っても一緒という訳ではなくて、仮想通貨投資に特化した...

 

SBIVCのデメリット

唯一のデメリットといえば初期は取り扱い通貨の種類が少ないこと。

SBIVCは信頼できる通貨を見極めて取り扱うとのことなので、オープン当初に上場するのは以下4種類のみ。

● ビットコイン (BTC)
● ビットコインキャッシュ (BCH)
● イーサリアム(ETH)
● リップル (XRP)

最初はこの4種のみだが、どこの取引所もオープン当初は少数銘柄からスタートしているので特に問題ではなく、徐々に銘柄は増えて行くはずだよ

特にSBIグループはRipple社との提携を進めていて、『SBI Ripple Asia 株式会社』を設立しているので、国内でXRPを売買するならSBIVCが基準となりそうだ

海外取引所にあるコインを素早く円に換えたい場合、送金の遅いBTCではなくXRPに変えてからSBIVCに送金して売れば素早く円に換えることもできるようになる。
 

 スポンサーリンク

 

 

SBIバーチャルカレンシーズの登録方法

SBIVCの口座開設はまず下記リンクから登録ページへ飛ぼう。

SBIVCの登録はこちら

メールアドレスを入力し、アカウント作成をクリック。

アドレス宛てに確認メールが届くので、記載してあるURLをクリックすればパスワード設定画面に移行するのでパスワードを決めよう。

1. 確認事項の入力

ログインをすると最初に基本事項の入力をする必要がある。

まず取引に関する規定に同意する必要があるので、基本的に『確認・承諾しました』と『はい』にチェックを付けていけばOKだ

2. 個人情報の入力

次に個人情報の入力をする。

氏名・性別・住所・生年月日を入力していこう。

f:id:Yuki_BTC:20180604150345p:plain

3. 本人確認書類の提出方法 

最後に「Webアップロード」から本人確認書類を提出しよう。

パスポートか免許証・マイナンバーカードなどの顔写真付き証明書であればOKだ。

これで全ての基本事項の入力が終了。

あとは数日後に登録住所にハガキが届くので、ハガキを受け取れば登録完了だ。 

 

SBIVCの使い方

SBIVCへの入金方法

SBIバーチャルカレンシーズでは入出金は住信SBIネット銀行を強く推奨しており、6月現在は住信SBIネット銀行からしか入金ができない。

なので必ず住信SBIネット銀行は開設しておこう。

f:id:Yuki_BTC:20180604132236p:plain

入金は上部バーから『入出金』タグを選択し、『クイック入金』。

入金したい金額を入力して『次へ』をクリック。

f:id:Yuki_BTC:20180604174236p:plain

住信SBIネット銀行のログイン画面になるのでログインし。

WEB取引パスワードを入力し、認証番号もしくはスマート認証を行い『確定』をクリックすれば入金が完了するよ。

 

取引のやり方・買い方

まずホーム画面から取引したい銘柄を選択しよう。

すると下図のような取引画面へ移行する。

取引・注文方法

① 注文数は日本円か通貨枚数を選択
② 取引したい枚数を入力
③ 注文方法(成行or価格指定)を選択
④ パスワードを入力
④ コインを売る/買うボタンをクリック

 

注文方法は非常に簡単なので初心者でもすぐに取引できるようになるはず。

またSBIVCは販売所形式を採用しているけど、いずれ取引所形式(投資家同士の板取引)を採用すると発表している

 

総括 

SBIVCまとめ

● 取り扱い通貨はまず4種類

● 業界最小のスプレッド

● SBI住信ネット銀行は開設必須

●独自通貨Sコインを発行

SBIVCの登録はこちら 

元々SBI証券で株などの金融商品を取引していた層がSBIVCを通じて仮想通貨に参入してくることが見込め為、間違いなくSBIVCユーザーは増加する。

業界最小スプレッドも実現すれば国内最大取引所になるのは間違いないだろう

また入金の際に必要になるので、住信SBIネット銀行は必ず開設しておこう。

手数料無料の住信SBIネット銀行の口座開設方法をわかりやすく解説今回はあらゆる手数料が無料の住信SBIネット銀行の口座開設方法をわかりやく説明するよ。 仮想通貨用の口座としてだけじゃなく日常のメイン...
【超まとめ】LIQUID by QUOINE(リキッド)取引所の登録方法と使い方どうも雪ねこです。 この記事では取引所LIQUID by QUOINE(リキッドバイコイン)について詳しく解説していきます。 LIQ...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事