【最新版】仮想通貨の始め方・買い方
アルトコイン

人気の仮想通貨Triggers (TRIG)の特徴や買える取引所を解説

▼人気急上昇中!▼
登録と本人確認で3,000円貰える取引所ビットポイント BITPoint

今回は日本人に大注目を浴びているコインTRIGについて解説していくよ。

TRIGは2018年から大きく躍進するポテンシャルを秘めている。

Triggers(TRIG)はどんなコイン?

名称  :Triggers(トリガース)
時価総額:221,877,151 USD
発行枚数:32,105,578 TRIG

▼公式Twitter▼
https://twitter.com/blocksafe

▼公式Webサイト▼
https://www.blocksafefoundation.com/

▼ホワイトペーパー▼
https://www.blocksafefoundation.com/assets/blocksafe_whitepaper_v.1.pdf 

 
TRIGはブロックチェーン技術を利用したスマートガンネットワークの普及を目的とした仮想通貨。スマートガンの普及により銃の防衛システムと管理体制の強化を図ろうとしているよ。 

 

スマートガンとは

 

f:id:Yuki_BTC:20180102185719j:plain

スマートガンとは握る人のグリップの違いによって許可された人のみを認証する仕組みの銃のこと。銃社会のアメリカで現在大きな注目を浴びているんだ。

スマートガンの普及がもたらすメリットは多い。

・銃の誤作動の防止
・子供のいたずら防止
・銃による自殺の防止
・銃を奪われても本人以外発砲不可 

 
スマートガンは現在99%以上の確率で本人を認証しているが、100%誤作動が無いとは言えない為、未だ警官への導入が進んでいないようだ。

 

スマートガンネットワーク『Blocksafe』

このスマートガンとブロックチェーンの融合がBlocksafeと呼ばれる技術だ。

スマートガンの認証にBlocksafeアプリを介して、登録者のみが銃のトリガーを引けるようになる。他にも以下のようなメリットがある。

・ロック機能の有効/無効設定
・発砲記録の確認
・銃の所在の確認

銃に関する様々な情報をブロックチェーン上に記録することが可能。また、これらの情報は匿名性を持っており、第三者に開示されることはない。

安心して自分の銃の管理ができるというわけだ。

 

TRIGの価格チャート

f:id:Yuki_BTC:20180102191056p:plain

9月中旬にTRIGが70%Burnされるという噂が流れ、一気に6000satまで暴騰。その後は低迷期が続き、2017年末から一気に吹き上げている。

2018年現在も高騰し続けており、1月中に大手取引所2ヵ所に上場する予定である為これから大いに期待できる銘柄といえるだろう。

ただし、取引所上場後は一旦下落する可能性もある為注意が必要だ。
 

 スポンサーリンク

 

 

TRIGが買える取引所

TRIGは12月29日にBinanceに上場した。

Bittrexでも売買可能だが、Binanceのほうが取引手数料が半分以下なのでBinanceで購入することをお勧めするよ。

Binanceの登録はコチラ

 
👇Binanceの解説記事