ノーリスクで仮想通貨を始める方法
仮想通貨

ハードウェアウォレット『Ledger Nano S』の特徴や注意点を解説

今回はハードウェアウォレット『Ledger Nano S』についての解説。

コインチェックの580億円流出事件を受けて、今ハードウェアウォレットを購入する人が急増している状況。みんな資産管理の重要性に気付いたみたいだね。

これを機に自分の資産を取引所ではなく安全なハードウェアウォレットで保管しよう。
現在品薄になりつつあるみたいで、予約注文になっているので買う場合はお早目に

 ↓ Ledger Nano Sの購入はこちら ↓

ハードウェアウォレットとは

 
ハードウェアウォレットとは仮想通貨をUSBメモリのような媒体に保管することができるデバイスのこと。
取引所やそのほかのオンラインウォレットと隔離して保管することが可能なので、仮想通貨の最も安全な保管方法と言われている。

ほとんどの人は取引所に仮想通貨を置きっぱなしにしていると思うけど、取引所が安全だと思っているならそれは大きな間違い。

国内最大手のコインチェックでさえハッキングに遭い580億円分のNEMを盗まれてるし、そもそも取引所自体が潰れた事例もある。

短期で動かすコインは取引所に置いておくしかないけど、ガチホと決め込んでいるコインは必ずハードウォレットに移しておこう

 

Ledger Nano Sとは

 

f:id:Yuki_BTC:20180128161826p:plain

ハードウェアウォレットにも種類があって、Ledger Nano Sはその中の1つ。

本体はマイクロUSB型で値段は15800円
数百万~数千万の単位で資産を動かす仮想通貨を安全に保管できるなら安いもんだね。

Ledger Nano Sの対応通貨は以下のとおり。

f:id:Yuki_BTC:20180128161427p:plain

メジャーなコインも勿論、ちょっとマイナーなコインにも対応している。
主に使用されているのはBTC・LTC・BCH・XRPあたりだね。

爆上げするまで売る気が一切ないガチホ勢は是非Ledger Nano Sで資産保護をしよう。
あと、ハードウェアウォレットを持っているとちょっとだけ仮想通貨上級者の気分になれるよ(笑)

 

 スポンサーリンク

 

 

Nano Ledger Sについて知っておくべきこと

 

Amazonやメルカリで絶対買わない 

Amazonやメルカリでハードウェアウォレットが販売されていることが増えてきたけど、絶対に買っちゃだめだよ。
ハードウェアウォレット自体にマルウェア(ウイルスのこと)を仕込まれている可能性があるので、購入は正規代理店からにしよう。
 

保管したい通貨に対応しているか

Ledger Nano Sにガチホコインを保管しようとしても、対応していなければ意味がない。対応通貨はさっき貼った画像のとおりだから、必ず購入前に確認しよう。
  

本体が故障しても大丈夫

ハードウェアウォレットも故障したら中身のコインは無くなるんじゃないの?と思うかもしれないけど、Ledger Nano Sはその点は大丈夫。

なぜなら『リカバリーフレーズ』という24種類の英単語から成る暗号鍵があり、それを紙に書いて保存しておけば本体が故障してもウォレットを復元できるんだ。

ハッキングにも遭わず、本体が故障しても問題ないとなるとセキュリティは完璧だね。
その変わりリカバリーフレーズだけは絶対紛失しちゃダメだよ。  
 

 ↓ Ledger Nano Sの公式代理店はこちら ↓

 

総括

 
Ledger Nano Sのまとめ

・取引所の資産放置するより安全
・必ず正規代理店から買う
・本体が故障・紛失しても復元可能
・お値段は15800円くらい

筆者もハードウェアウォレットを予約購入したので、届き次第使い方も追記するよ。

届くのは春先になるみたいなので焦らずに待とう。

2018年が仮想通貨市場の一番のバブルで資産が膨れ上がった時、いつまでも取引所に預けておくのは怖いからね。

みんなもリスクヘッジの為にハードウェアウォレットを利用してみては如何だろうか。
  

👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

合わせて読みたい 

関連記事