【最新版】仮想通貨の始め方・買い方
アルトコイン

リスク(LISK)が安く買える取引所はどこ?特徴や将来性も合わせて解説

▼人気急上昇中!▼
登録と本人確認で3,000円貰える取引所ビットポイント BITPoint

今回は仮想通貨 リスク(LISK)について解説。

元々コインチェック銘柄でもあり2018年1月にビットフライヤーにも上場したことで、国内での知名度はかなり高い通貨だね。

 リスクについてその性質と特徴を把握しておこう。 
  

リスク(LSK)が買える取引所

現在LSKは国内取引所だとビットフライヤー(bitFlyer)で購入可能。
bitFlyerのアルトコインは手数料が少し高めだが、国内の取引所を使いたい人はここで買うといいだろう。 

bitFlyerの登録はこちら

海外の取引所で安くLSKを買いたい人はBinanceで購入しよう。
BinanceはLSKだけでなく国内では買えない様々なアルトコインが取り扱われていて、日本人ユーザーの最も多い海外取引所だよ。

Binanceの登録はこちら

 

リスク(LISK)とは

 

f:id:Yuki_BTC:20180208175140p:plain

名称  :LSK(リスク)
時価総額:約24億 USD
発行枚数:上限なし

▼公式Twitter▼
 
Lisk (@LiskHQ) | Twitter 

▼公式Webサイト▼
https://lisk.io/

▼ソースコード▼
https://github.com/LiskHQ

 LISKはプログラミング言語がJavaScriptのブロックチェーンアプリケーション。
 LISKとは分散型アプリケーションプラットフォーム(DApps)の名称であり、そのプラットフォームで使用される通貨がLSKだよ。

さらにトランザクションに契約を織り込むスマートコントラクト技術を採用していたり、ブロックチェーンのほかにサイドチェーンを用いるなど充実した機能を備えている。 

サイドチェーンとは 

f:id:Yuki_BTC:20180208175009j:plain

メインのブロックチェーンとは別に存在するサブ的なブロックチェーン。サイドチェーン上でもトランザクション処理が可能になることでスマートコントラクト等の機能を追加することができ、処理速度の向上も見込める

また、メインチェーンとサイドチェーンを分けることでハッキング時の被害を最小限に留めることができ、セキュリティ面でも安全性が高い技術と言える。

 

Liskの発行枚数について

 Liskは発行枚数が上限無しとなっている。
元々ICOからスタートしたLiskは1億枚が配布されており、ここから毎年少しずつ発行量が増えて行く。トランザクションが発生し新しいブロックトェーンが生成されると同時に5LSKが発行される仕組みだ。

この新たな発行枚数はビットコインの半減期によるマイニング報酬の減衰のように300万ブロック毎に減少していく。
 

発行枚数が無限ということは希少価値が薄れるから価値は上がらないのでは?

有限である仮想通貨において発行枚数は非常に大きな意味を持つ。
Liskは年々発行枚数が増えて行くから価値は上がらないと思う人はいるかもしれないけど、Liskは元々の発行量である1億という数字がそもそも小さく、且つ新規発行される枚数も減少していく仕組みなので結果として発行枚数はそこまで大きくならない

もちろん元々2100万枚しか発行されないビットコインに比べると多いかもしれないけど、1000億枚のXRP等と比較すると発行枚数は大した数字にはならずインフレを抑えて一定の価値を持つよう設計されているから安心して欲しい。
 

 

EthereumとLiskの違い

 
イーサリアムとリスクのプラットフォームには大きく分けて2つの違いがある。

プログラミング言語
スマートコントラクトを記述する場所
 

プログラミング言語の違い

イーサリアムのプログラミング言語がSolidityという独自の言語を使用しているのに対し、Liskは一般的なJavaScriptを使用している。

一般人ですら聞いたことのあるJavaScriptはプログラマーなら扱えない人はいないくらい有名なプログラミング言語なんだ。

これをプラットフォームに用いることでLiskは開発者を容易に呼び込める体制を整えていて、今後も開発陣に困ることはないと思われるよ。

スマートコントラクトの記述場所の違い

これはイーサリアムがスマートコントラクトをメインチェーンに書き込んでいるのに対し、Liskはサイドチェーンに書き込んでいるんだ。

メインチェーンに情報が偏ると処理速度の低下やハッキング被害等のセキュリティ問題に直面することになるけど、Liskはサイドチェーンにスマートコントラクトコードを書くことによりメインチェーンの負担を軽減させている

このサイドチェーンは開発陣が意図的に切り離すことも可能で、ブロックチェーン上に問題が発生しても問題の起きたチェーンだけを捨ててメインチェーンを守ることもできるんだ。
チェーンを分けてリスクヘッジしているわけだね。

 

 スポンサーリンク

 

 

LSKの価格・チャート

 

f:id:Yuki_BTC:20180208185020p:plain

 LSKの価格推移は以下のとおり。

2017年2月     15円
2017年6
月   400円
2017年9月   800円
2017年12月   900円
2018年1月 4000円(最高値)
2018年2月 2500円

去年の2017年2月から最高値の4000円までで約270倍になってるね。
まだ歴史も浅いLiskの勝負年は2018年と言われているほどで、これから下地を作りながらしっかりと上げていく有望な通貨と見ている人が多い。

ただ、Liskは新規取引所上場やロードマップ更新などのイベント前に急騰し、発表後は暴落する傾向にあるので買い時はしっかり見極めよう。 
 

総括

 

Liskはサイドチェーンを採用
ETHとの違いはプログラミング言語とサイドチェーンを書く場所

LSKは発行枚数無限だが価値は上がる仕組み
価格は1年で約270倍に
購入はbitFlyerかBinance

コインチェックが取り扱っていた銘柄なので聞いたことはあったけど、仕組みまでは知らなかった人も多いと思います。

もしリスクに興味を持たれたなら是非購入して保有者になってみよう。
リスクは筆者もオススメする安心して握れる銘柄の1つだよ。
 

👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 
合わせて読みたい