ノーリスクで仮想通貨を始める方法
ビットコインFX

【初心者向け】ビットコインFXの専門用語と基礎知識を1から解説

どうも、雪ねこです(@Yuki_coiner)

今回はビットコインFXの界隈でよく耳にする専門用語を全て解説していくよ。

証拠金|建玉|レバレッジ|追証|スワップ|ドテン・・・ 意味や読み方がわからない用語もこの記事を読めば必ずわかるようになるはず。

現物取引との違いやFXのやり方まで徹底解説しているので、やり方を覚えたら是非FXにチャレンジしてみよう。

現物取引とビットコインFXの違い

現物取引というのは普段みんなが取引所で売買してる普通の取引と思えばOKだ。

基本的には現物取引もビットコインFXも買いと売りを繰り返して利益を得る点では一緒だけど、大きな違いが2つあるよ。

FXはレバレッジにより倍率を掛けられる

f:id:Yuki_BTC:20180513130133j:plain

 現物取引の場合、1BTC=100万円の場合に100万円持っていると1BTC買える。

1BTC=120万に高騰した時に売れば、所持金120万になるので利益率は20%となる。 

f:id:Yuki_BTC:20180513130648p:plain

FXの場合は自分の資産にレバレッジと呼ばれる倍率を掛けてビットコインを買うことができるので、レバレッジ5倍だと20万円用意すれば1BTC買うことが可能。

1BTC=120万円になって売却すれば20万円の差益が出るが、手持ちの資産20万円が40万円になっているので利益率は100%となる

ビットコインの価格が20万円も上がるというのはかなり時間がかかるけど、FXだと価格が少し動いただけで大きく資産が変わるので、短期トレードに向いている訳だね。

暴落チャートでも利益が出せる

f:id:Yuki_BTC:20180513173936j:plain

現物取引は『安く買って、高く売る』が基本で、高騰した時にしか利益を得ることができないので、暴落相場では指を咥えて見ていることしかできない。

しかしFXは『ここから価格が上にいくか下にいくかを当てるゲーム』なので、ビットコインが下落すると予想できたら下がるほうに賭ける(ショートポジションと言う)ことで暴落相場でも利益を上げることができる

下がるほうに賭けるというのを具体的に説明すると、FXではビットコインを持っていない状態で『売りから入る』ことができるんだ。

つまり売って価格が下がった時に買い戻すことで差額が利益になるということ。

下落中も稼げるようになれば投資の幅が広がり、稼ぐチャンスも2倍になるよ。

 Twitterなどでビットコインに下がって欲しいようなツイートをしている人は、みんなFXでショートポジションを持っている可能性が高く、FXユーザーは下落中もしっかり利益を上げているわけだね。

ビットコインFXの専門用語集

 FXには専門用語が多く、これが理解できないとなかなかFXに手が出しづらいという人も多いと思う。

人には聞けないような初歩的な用語をここで覚えてしまおう。

レバレッジ
➡FXをする際の倍率のこと。レバレッジ25倍の場合だと4万円の資産で100万円分のビットコインを購入することができる。

証拠金
➡レバレッジを掛けて取引をする際に必要な金額のこと。レバレッジ25倍で100万円分のビットコインを買いたい場合に必要な証拠金は4万円となる。

追証 (おいしょう)
➡資産がマイナスになってしまった場合に、取引所から追加で入金を迫られること。追証の無い取引所だと試算がマイナスになることは無いので初心者も安心。

建玉 (たてぎょく)
➡建玉はポジションと呼ばれることのほうが多い。価格が上がるか下がるかを予想して、どっちに賭けているかの状態を表す言葉。上がると予想してビットコインを買えばロングポジションといい、下落予想をして売りから入った状態をショートポジションと呼ぶ。

ロスカット
➡自分の残り資産が一定の割合まで減った際に、強制的にポジションが決済されて損切りされてしまうこと。ロスカット50%の場合は資産が半分になった時に強制損切りされる。

スプレッド
➡買い値と売り値の差額のこと。ビットコインを買う時は100300円で売る時は100万円の場合、スプレッドは300円となる。

スワップポイント
➡FXではポジションを持ったまま放置しているといくらかの手数料が掛かる場合があり、それをスワップポイントと呼ぶ。

ドテン
➡持っているポジションの向きを入れ替えること。高騰を予想してロングポジションを持っている人が、やっぱり下落しそうだからショートポジションに切り替えることをドテンショートと呼ぶ。

 スポンサーリンク

 

 おすすめのビットコインFX取引所

 日本人がよく利用しているFX取引所は数多くあるけど、ここでは筆者が厳選したおすすめ取引所TOP3だけを紹介するよ。

1位 GMOコイン

 

GMOコインは国内でレバレッジ5倍でビットコインFXができる取引所

手数料のスプレッドは狭いことで有名で、ワンタッチで注文を出すことができてFX取引所の中で操作性が一番簡単なので初心者に一番オススメしたい取引所だ

さらにGMOコインはスマホアプリがかなり使いやすく、スマホメインで取引をしている人の評判が非常に良いのも大きな特徴

GMOコインの登録はこちら

2位 DMM Bitcoin 

DMM BitcoinはビットコインだけでなくアルトコインFXができる取引所

国内でアルトコインFXができる取引所はかなり数が少なく、一番メジャーなのがDMM Bitcoinだ。

特にNEMのFXができるの取引所は海外にもほとんど無いので、FXにチャレンジするならDMM Bitcoinは開設しておうたほうがいいだろう。

レバレッジは5倍固定で、ロスカット率も高めに設定してあるので初心者に易しい取引所であると言える。

DMM Bitcoinの登録はこちら

3位 BitMEX (ビットメックス) 

f:id:Yuki_BTC:20171115122954j:plain

BitMEXは日本人ユーザーの多い海外の取引所だ。
追証が無いので預けた資産以上に負けることはないのが一番のウリ。

他にもサーバーが強いことや5種類のアルトコインFXができたりメリットが多く、中級者~上級者はBitMEXを利用している人が多い。

レバレッジは最大100倍で機能的には一番良いFX取引所だけど、初心者には少し操作が難しいのでFXに少し慣れた人オススメしたい。  

BitMEXの登録はこちら

総括 

まとめ

● FXは勝ち額も負け額も倍率通りになる
● 暴落中も利益を出せる
● まず専門用語を理解しよう
● 初心者が始めるならGMOコインから

ビットコインFXは怖いイメージがあると思うけど、少額だけ入金して始めれば資産が大きく動くことはないので、必要以上に怖がる必要はないよ

GMOコインとDMM Bitcoinはレバレッジが5倍しかないので、初心者の人はまず1万円だけ入金して練習してみることをお勧めするよ。

実際にビットコイン価格が何円動けば資産がいくら動くかを1度把握すれば、あとは資産の変動幅が理解できるはず。

 基本的にはやることは現物取引と一緒なのでまずはチャレンジしてみよう。 

👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 
TwitterではビットコインFXやアルトコインのファンダ情報などをツイートしています。良ければフォローお願いします( ˘͈ ᵕ ˘͈  )(@Yuki_coiner)