【最新版】仮想通貨の始め方・買い方
取引所の特徴

【超まとめ】LIQUID by QUOINE(リキッド)取引所の登録方法と使い方

▼人気急上昇中!▼
登録と本人確認で3,000円貰える取引所ビットポイント BITPoint

どうも雪ねこです。

この記事では取引所LIQUID by QUOINE(リキッドバイコイン)について詳しく解説していきます。

LIQUIDは元々QUOINEX(コインエクスチェンジ)という取引所で、9月4日からプラットフォームを一新してLIQUIDに改名しました。

現在LIQUIDは最大23,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施中。

11月17日までに口座開設するだけでノーリスクで3,000円が貰えますので、必ず口座開設は素目せておきましょう!

LIQUIDを利用する様々なメリットがこちらです。

  1. QASHを購入できる取引所
  2. リップルを安く購入できる
  3. 口座開設で3000円もらえる
  4. FXの手数料が国内最安
  5. スマホアプリが使いやすい

 

登録方法と使い方までスキップする 】 

LIQUID(リキッド)とは

f:id:Yuki_BTC:20180529132727j:plain
CEO 栢森加里矢
設立年月日 2014年11月
電話番号 03-6261-6333
資本金 20億円
所在地 東京都千代田区平河町2-7-3 PMO平河町 2階

LIQUIDはQUOINE株式会社が運営するアジア最大級の仮想通貨取引所です。

LIQUIDは国内で一番最初に金融庁の認可を獲得しており、セキュリティや顧客保護の観点では間違いなく日本トップクラスと言えます。   

9月4日に新プラットフォームに移行し、登録3000円キャンペーンも実施していますのでユーザーが一気に増えているようです

参考:LIQUIDオフィシャルサイト  

取り扱い通貨について

● BTC(ビットコイン)
● ETH(イーサリアム)
● BCH(ビットコインキャッシュ)
● XRP(リップル)
● QASH(キャッシュ)

LIQUIDでは上記5種類を取引することが可能です。

QASHトークンは国内ではLIQUIDでしか購入できない独自トークンであり、将来に期待しているユーザーも多い注目通貨です。

LIQUIDでは取り扱い通貨を厳正に審査しているようで、取引できる通貨の種類が少ないことはデメリットの1つと言えるでしょう。

 QASHトークンとは

QASHは『金融界のビットコイン』としての普及を目指しています。

世界中の取引所の取引注文を1つのオーダーブックに集約することを目的とした『LIQUIDプラットフォーム』で利用される仮想通貨です。

簡単に言うと取引所間の価格差や取引高差をなくして、公平な価格の取引を目指すのがLIQUIDで、そこで使用されるトークンがQASHという解釈でOKです。

2018年9月4日に、QUOINEXはLIQUIDプラットフォームに移行しています。

LIQUIDプラットフォームの公式解説サイトへ

 

LIQUIDのメリット

登録で3000円が貰える!

条件 報酬
口座開設 120QASH (約3千円)
5万円以上の入金 400QASH (約1万円)
50万円以上の取引 400QASH (約1万円)

LIQUIDでは現在、口座開設をするだけで3,000円相当のQASHが貰えるキャンペーンを実施しています。

さらに入金後に一定の取引をすると計23,000円相当のキャッシュバックあり。

キャンペーンは11月16日までですので、口座開設だけでも必ずしておきましょう!

口座開設だけならノーリスクですので、初心者に是非おすすめしたいです^^

QASHの付与は2018年12月下旬に付与予定だそうです。

 

 セキュリティが強固

LIQUIDは顧客の資産を全てオフラインのウォレットで管理している為、ハッキングに遭う可能性が非常に低く、セキュリティ面は国内随一と言えます

事実、LIQUIDはまだハッキング被害に遭ったことがありません。

取引所に資産を置きっ放しにすることは少なからずリスクを伴いますが、LIQUIDは比較的安全に預けることができます。 

取引手数料が無料

国内の取引所は手数料が高いことが多いですが、LIQUIDではビットコイン現物取引の手数料は完全無料。その他アルトコインの手数料は一律0.25%と格安です。

さらにビットコインFXに関しても2018年8月より取引手数料が無料になり、スワップ手数料は0.05%から0.025%に改善されました

ビットコインFXをするならLIQUIDの手数料はかなり良心的な仕様ですね。

手数料無料のLIQUIDでは安心して何度もトレードをすることができます。

公式サイトの手数料ページはこちら

国内でQASHが買える取引所

LIQUID最大のメリットともいえるのがこのQASHです。

日本国内にQASHホルダーは多いですが、国内でQASHを買いたい場合はこのLIQUIDでしか買うことができません

将来高騰するかどうかの保証はできませんが、保有しておきたい人はLIQUIDを開設しておきましょう。  

 スポンサーリンク

  

LIQUIDの登録方法

まず下記リンクから公式サイトへ移行しましょう。

公式サイトに移行したら『口座開設 無料 はこちら』をクリックします。

基本情報の入力

ここからは基本情報の入力です。

移住国は日本のままで『次へ』をクリックします。

次にメールアドレスやパスワードを入力します。

2つのチェックボックスにチェックを入れましょう。

更に下にスクロールすると住所氏名生年月日などの入力欄があります。

収入や投資経験を聞かれますが、年収が低かったり投資経験が無いことが原因で登録できなくなることは無いから安心してください

投資経験は全部1年未満を選択しても問題ありません。

全て入力し終えたら、登録したメールアドレスに確認メールが届きます。

そのメールにある『Confirm my account』をクリックすれば登録完了です。 

本人確認のやり方

ログイン後はまず本人確認をしましょう。

LIQUIDのトップページの右上に表示されている自分のメールアドレスを選択。

タグが出てくるので『ステータス:書類未提出』をクリックします。

書類のアップロード画面に飛ぶので、運転免許証やパスポート・個人番号カードなどの本人確認証明の写真をとってアップロードしましょう。 

本人確認書類を提出すれば入金・取引ができるようになります。

 

取引のやり方

入金方法

本人確認が終わったらLIQUIDへ入金をしましょう。

入金はトップページ右上の『ウォレット』をクリックします。

入金』を選択して入金したい通貨の種類を選択しましょう。

そのあと表示されるアドレスへ振り込めば入金が完了します。

通貨の買い方・取引方法

まず上段メニューから『多機能トレード』を選択してトレード画面へ。

左側にある通貨ミニューで、日本円で買うなら『JPY』・BTCで買うなら『BTC』を選択します。

出てきたコイン一覧から取引したい通貨を選択しましょう。

上図では日本円でQASHを買いたいので、QASH/JPYを選択していますね。

取引の注文は画面右下の取引タグで行います。

ここで買いたい価格と欲しい数量を入力して買ボタンを押せば注文が出せます。

 

レバレッジ取引について

レバレッジ取引(FⅩ)

レバレッジ 最大25倍
取り扱い通貨 ビットコインのみ
取引手数料 無料
スワップ手数料 0.025%
両建て あり

LIQUIDでは最大25倍のレバレッジを掛けてFⅩをすることができます。

さらに8月から取引手数料が無料となり、スワップ手数料は格安の0.025%に改定されたので、国内でも手数料最安のFX取引所となりました

手数料に苦しめられているbitFlyerのFXユーザーが少しづつLIQUIDに移動してしてきている傾向にあります。

レバレッジ取引のやり方

レバレッジ取引は『多機能トレード』で通貨をBTC/JPYで選択し、右下の注文タグで『現物』⇒『レバレッジ』に変更しましょう。

レバレッジ取引では指値・成行・逆指値・トレイルの4つの注文方法が選べます。

レバレッジは2倍~25倍まで自由に選べますので、自分のトレードや資産に合ったレバレッジを選択しましょう。

注文の出し方は現物取引と一緒ですので、BTCの価格と数量を入力して『買・売』ボタンを押せば注文を出すことができますよ^^

 

LIQUIDのスマホアプリ

LIQUIDが5月にスマホアプリ『LIQUID ライト版』をリリースしました。

このアプリは国内取引所のアプリの中でもかなり使いやすく、スマホユーザーが取引をする分には申し分ない性能を備えています。

難しい機能は省かれており、初心者向けにシンプルに作られています。

チャートも非常に見やすく、指値注文も出せるのでLIQUIDユーザーは必ずインストールしておきましょう!

iPhone版Android版

 

LIQUIDの評判

SNS上でのLIQUIDおよびQASHトークンの評判は上々ですね。

特にQASHの将来の価格高騰に期待して保有しているユーザーが多いようです。

FXの取引手数料が無料になったことや、登録3000円キャンペーンもかなり好評なようですね^^

個人的には2019年からがユーザーも一気に増えて人気の出てくる取引所になるのではないかと予想しています。

 

LIQUIDまとめ

  1. セキュリティが強固
  2.  QASHを買える取引所
  3.  登録3000円キャンペーン
  4. FⅩの手数料が国内最安
  5.  スマホ版アプリが優秀
 

QASHに興味が無い人もLIQUIDのセキュリティの高さを信用して資産の一部をLIQUIDのウォレットで管理しているユーザーも多いです。

資産は1ヵ所に集中して置いておくと危険ですからね。 

またビットコインFXを国内でやるならLIQUIDが最も手数料が安いのも大きなメリットです。

特に3000円相当のQASHが貰えるキャンペーンは11月16日までですので、登録だけでも今のうちに済ませておきましょう。

仮想通貨QASH(キャッシュ)とは? 買い方・特徴・将来性を徹底解説今回は話題になっている仮想通貨トークンQASHについて解説していくよ。 QASHを国内で売買できるのはアジア最大級の取引所QUOINE...
ビットコインFXのやり方・始め方|FXは負けないことを考えろ!どうも、雪ねこです(@Yuki_coiner1) この記事ではBTCFX(ビットコインFX)の始め方や基礎知識・勝つ為のコツなどを初心...