【最新版】仮想通貨の始め方・買い方
アルトコイン

【完全版!】取引所トークンとは?おすすめランキングと一覧まとめ

▼口座開設で3000円タダで貰えるBITPOINT ▼ 画像の説明文

どうも、雪ねこです(@Yuki_coiner)です。

今回は取引所が独自発行している『取引所トークン』の中でも有名なものを中心にまとめてみたよ。

今からでも長期で高騰に期待できるトークンもあるので必ず把握しておこう。

取引所トークン(独自トークン)とは

BNBトークンの価格チャート

取引所が独自に発行した仮想通貨のことで、トークンによっては保有しているとその取引所内で様々な恩恵を受けられる

また、取引所の総取引高が上がれば上がるほど独自トークンの価格も上昇していく傾向にあり、取引所が有名になるほど高騰に期待できるようになる。

最も高騰しているBinanceのBNBトークンは発行時から約60倍以上の高値を付けながらも今もなお高騰し続けているよ。

取引所トークンのポテンシャルは非常に高く、今後は取引所トークンを保有している人が資産を大きく増加させることになるかもしれない。

取引所独自トークン早見表

取引所トークン一覧表

海外の取引所トークンは数が多いので有名なものだけを厳選して紹介。

取引所の取引高が多い順に紹介しているので、購入の際は独自トークンの価格推移の参考にして欲しい。 

OKBトークン(OKEX)

OKBトークンのロゴマーク

OKBは取引所OKEXの独自トークンで、OKEXの取引手数料の一部がOKB保有者に毎週分配されるため持っておくだけで資産を増やすことが可能

OKEXは取引高世界一の取引所なのでOKBトークンの今後の価格高騰にも充分期待できる。 

価格は5月現在0.0007BTCを超え、発行時から7倍以上に高騰している。

OKBトークンを詳しく知りたい人はコチラ

【OKBトークンのメリット】

● 手数料の一部が貰える
● 上場コインの投票権を得る
● 緊急時にユーザーの資産補填に使われる
 

BNBトークン(Binance)

BNBトークンのロゴマーク

取引高世界1~2位を推移する、取引所Binanceの独自トークン。

取引所トークンのパイオニアがこのBNBトークンで、Binanceをきっかけとして様々な取引所が独自トークンに恩恵をつけて発行し出した。

取引高・メリットともに申し分無く、価格は発行時から約60倍以上に高騰しているにも関わらず未だに伸び続けている 

BNBは3ヵ月毎にBurnが行われ、総発行量が50%に減少するまでこのBurnは続く『運営の買い支え』があるので価格が高騰しやすい特徴がある。

【BNBトークンのメリット】

● 取引手数料が半額になる
● 上場コインの投票権を得る
● 500BNB以上保有でアフィ報酬が40%になる
● 運営の買い戻しがある
 

HTトークン(Huobi)

HTトークンのロゴマーク

HTトークンは取引高世界3位のHuobiが発行する独自トークン。

ICO時はセールが数回に分けて行われたが全て一瞬で完売するほどの人気を誇り、5月現在において価格は5倍以上に高騰している

HTトークン保有者はHuobiに新規コインが上場する度に、 該当コインの一部を受け取ることができるのでHTを持っておくだけで資産を増やすことができる。 

HTトークンを詳しく知りたい人はこちら

【HTトークンのメリット】

● 新規上場コインの一部を受け取れる
● 取引手数料が半額になる
● 人気投票の参加権を得る
● 3ヵ月毎に運営が買い戻してBurnする
 

TOPBトークン(TOPBTC)

TOPBトークンのロゴマーク

TOPBトークンは取引高世界15位あたりのTOPBTCが発行するトークンだ。

6月21日までセールが行われ、毎日30秒以内に完売するほどの人気ぶりを誇る

HT同様、保有者には取り扱い通貨のエアドロップが定期的に行われるようなので、TOPBを持っているだけで資産が増えて行く。 

取引所の出来高も上がってきており、人気も高いトークンなので中期的にかなり期待のできるトークンだと思っている。

TOPBトークンを詳しく知りたい人はこちら

【TOPBトークンのメリット】

● 新規上場コインの一部を受け取れる
● 取引手数料が半額になる
● 人気投票の参加権を得る
● 運営が取引所利益の50%で買い戻してBurnする
 

FTトークン(FCoin)

FTトークンのロゴマーク

FTトークンは取引所FCoinが発行するトークン。

保有していると取引所利益の80%が保有者へ還元されるという驚異の配当率を誇り、あまりの人気ぶりに僅か2週間で40倍に高騰した

初期に購入しておいた人は毎日1BTC以上の配当を受け取れるという、今まで類を見ないほどの高配当トークンとなっている。 

配当は美味しいが、いつかFT自体の価格が暴落する可能性も充分あるので、もし購入する場合は買い時に気を付けよう。

FTトークンを詳しく知りたい人はこちら

【FTトークンのメリット】

● 取引所利益の80%の配当を毎日受け取れる
● 取引手数料が半額になる
● コミュニティ内での発言権を得る

Bithumb Coin(Bithumb)

Bithumbトークンのロゴマーク

Bithumb Coinは取引所Bithumbが今後発行する予定の独自トークン。

発行スケジュールはまだ公開されていないが、Bithumbトークンも大きく高騰する可能性がかなり高いので上場直後に購入するといいだろう。

プロジエクトが少し延期になっているそうだが、おそらく夏までにはBithumbで取り扱われるものと思われる。

 

VTCトークン(Bit-Z)

VTCトークンのロゴマーク

VTCトークンは取引高10位前後である取引所Bit-Z(ビットジー)の独自トークン。

ただしVTCはなぜかDKKT建てでしか購入できない為、VTCを買う手順としてはまずDKKT建てでBTCかETHを売ってからDKKTしよう。

価格はまだ最高値で1.5倍になっている程度で、今後様々な恩恵が追加されれば伸びる可能性があるので、安くなったタイミングで仕込むのはアリかもしれない。

【VTCトークンのメリット】

● 新規コイン上場投票に使用
 

BIXトークン(Bibox) 

BIXトークンのロゴマーク

BIXはバイナンスに酷似している取引所Biboxの独自トークン。

バイナンスに似ている取引所なだけあって取引高も少しづつ上昇傾向にあり、BIXは発行後約5ヵ月で8倍まで高騰する人気っぷり

BIXの機能も今後BNBトークンと同じ恩恵を付けてくるのではないかと予想でき、価格は0.00016BTCほどなのでまだ上がる余地は充分にありそうだ。 

【BIXトークンのメリット】

● 取引手数料が半額になる
● 3ヵ月毎に運営が買い戻しでBurnする
 

KCSトークン(Kucoin)

KCSトークンのロゴマーク

KCSは取引所Kucoinの独自トークンで、独自トークンの中ではかなり古株であり過去に大注目を浴びて一気に10倍以上にまで高騰したことがある。

現在はKucoinそのものの取引高がかなり落ちているのでKCSトークンの価格も落ち着き、発行時から4倍ほどの価格を推移している。

 KCSは保有しているとKCS自体が毎日エアドロップされ、多く持っていればいるほど貰える額も大きくなることが特徴だ。

【KCSトークンのメリット】

● 毎日KCSトークンが貰える
● 取引手数料が半額になる
● 3ヵ月毎に運営が買い戻してBurnする
 

 CETトークン(CoinEx)

CETトークンのロゴマーク

CETトークンはビットコインキャッシュ(BCH)が基軸の取引所CoinExが発行した独自トークンで、CETトークンがエアドロップされることで一時期有名になった。

CETは保有していると貰えるエアドロップの量が多く、定期的にエアドロイベントを開催しているので必ず開設しておこう。

BNBやHTほど高騰していないのでこれからCETは注目され始める可能性が高い

【CETトークンのメリット】

● 通貨のエアドロップが受け取れる
● 3ヵ月毎に運営が買い支えてBurnする
 

QASHトークン(QUOINEX)

QASHトークンのロゴマーク

QASHは取引所QUOINEXが発行した、世界中の取引所の注文を1つのオーダーブックに集約して価格差を無くす『LIQUIDプラットフォーム』で将来的に使用されるトークン。

現状はQASHを保有することで取引所で受けられる恩恵は無いので、将来的な値上がりを期待するアルトコインの1種と考えると良いだろう。

QASHは日本国内で一番人気の高い取引所トークンだ。

QASHをもっと知りたい人はこちら

 

Zaifトークン(Zaif)

Zaifトークンのロゴマーク

Zaifトークンは取引所Zaifの独自トークンで、取引所トークンであるにも関わらず保有するメリットが一切なく、使い道も一切ない形だけのトークンだ

それが故に価格は右肩上がりとはならず、高騰と下落を繰り返している。

完全に投機商品として見ている人が多く、安い時に仕込んでおけば定期的に暴騰が来ているのでそこで売り抜ければ利益を得ることはできる。 

総括

取引所トークンまとめ

● 独自トークンは高騰しやすい
● Bithumbがトークン取り扱い予定
● BNB、HT、OKBが特に強い
● 国内ではQASHが人気

取引高上位の独自トークンは長期で見ればかなり有望なので、資産に余裕があれば分散していくつか保有しておくことをお勧めする。

ただしくれぐれも高値掴みにだけは気を付けよう。 

リスクを極力抑えたければ今後発行予定のBithumb Coinだけに絞って投資するといい。

👇ぜひ読者登録をお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事