【最新版】仮想通貨の始め方・買い方
便利アプリ・サイト

【取引所】二段階認証のスマホが壊れた・紛失した・機種変更時の対処法

▼口座開設で3000円タダで貰えるBITPOINT ▼ 画像の説明文

どうも、雪ねこです(@Yuki_coiner)

先日、スマホがブラックアウトして一切動かなくなってしまう事件が発生。

スマホは1台しか持っていないので、二段階認証アプリが使えなくなり全ての取引所にログインできなくなってしまった。 

今回はスマホが壊れた時の対処法と、二段階認証の注意点・気を付けるべきことについて解説していくよ。

二段階認証とは

二段階認証は取引所にログインする際の不正ログインを防ぐために、スマホに表示された6桁のコードを入力しないとログインできなくなる機能。

もし仮にメールアドレスやパスワードが盗まれてしまっても、二段階認証を設定しておけば自分以外はログインされなくなる

仮想通貨をやっていくうえで設定必須のセキュリティだ。

Google Authenticator

 
Google Authenticator
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

このアプリは必ずインストールしておこう。

二段階認証を設定していないとハッキングに遭う可能性がグンと上がってしまうよ。 

 

二段階認証の設定方法・使い方

基本的に使い方はどこの取引所も同じ。

ここでは取引所ビットバンク(bitbank)を例に二段階認証の設定と使い方を解説する。

 全ての取引所で『セキュリティ』タグから二段階認証設定に進める。

表示されたQRコードをアプリで読み取って、表示された6桁の数字を入力すれば設定完了。

この6桁の数字は数十秒毎に変化するので、ログインする時もアプリを起動してコードを入力すればログインできるようになるよ
 

 スポンサーリンク

 

 

スマホが壊れた・紛失・機種変更時の対処法

二段階認証はセキュリティ面において非常に便利な機能だけど、何かしらの理由でスマホを紛失してしまうと取引所にログインできなくなる危険がある。

スマホが壊れたり、紛失したり機種変更の際の対処法を解説。

1.バックアップを事前にとっておく

海外の取引所では二段階認証を設定する際にバックアップコードが表示される。

これはスマホを紛失したり壊れてしまった時用の復帰コードだ。

新しいスマホを用意してGoogle Authencatiorアプリを起動し、バックアップコード を入力すれば以前と同じ状態でコードを復帰させることができる。

バックアップコードは必ず紙やメモ帳に保存しておこう!

バックアップをする際は新しいスマホでアプリを開いて『手動で入力』から設定可能だ。

 

2.運営サポートに連絡する

取引所によってはバックアップコードが無いところがある。

バックアップが無い場合は、取引所のサポートへ、『スマホを紛失してしまったので二段階認証を解除して欲しい』とメールを送ろう。

下画像は実際に筆者のスマホが壊れた際に取引所ザイフ(ZAIF)に送った解除要請のメールだ。

取引所からは『本人確認が取れたら解除するので、身分証を持った自撮り写真を送ってくれ』と要求されるので言う通りの写真を送ろう。

国内取引所だと1~3日ほどで設定を解除してくれるので安心だ。

海外取引所の場合は解除に1ヵ月以上かかることもあるので、やはりバックアップコードを必ずメモしておくことが重要だ。 

3.機種変更の場合

機種変更をする場合は急にログインできなくなるわけではないので安心だ。

まず古いほうのスマホで取引所にログインし、二段階設定を解除しよう。

その後に新しく機種変更したスマホでアプリをインストールし、取引所にログインして二段階認証を再設定すればOKだ。

 二段階認証は突破(ハッキング)される?

最近Twitterで『二段階認証を設定していたのにハッキングに遭った』というツイートを見かけることが増えてきた。

しかしこれは高確率でウソである可能性が高いので安心してほしい

二段階認証さえ設定しておけば基本的に不正ログインに遭うことはないよ。

ハッキング被害の嘘をつく人がいるのは、ツイートを拡散させたいだけ。

話題になりそうな嘘でツイートを拡散させて、LINE登録に促して詐欺を狙っている人が多いので騙されないように。   

総括

二段階認証まとめ

● 二段階認証の設定は必須
● バックアップコードは絶対メモ
● バックアップが無い場合はサポセンに連絡
● ハッキング被害は基本的に無い

仮想通貨はまだまだセキュリティ面を疎かにしている人が多い。

しっかり資産を管理していればハッキングには遭わないけど、油断しているといつ自分が狙われるかわからないので面倒でもきちんと設定しておこう。

 また、フィッシングサイト(取引所の偽物サイト)に入ってログイン時にパスワードや二段階認証コードを入力してしまうと不正ログインされてしまう

フィッシングサイトにはくれぐれも気を付けよう。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事