ノーリスクで仮想通貨を始める方法
取引所の特徴

【図解】仮想通貨BKKトークンの特徴と買い方|取引所BKEXの登録方法

どうも、雪ねこです(@Yuki_coiner)

今回は世界中で話題になりつつあるBKKトークンの買い方を解説。

短期間で40倍にまで高騰したFTトークンと仕組みが似ている為、BKKトークンも同じく暴騰する可能性が高いと世界中で注目されている。 

今登録を行うと4000BKEXがエアドロップされるので必ず口座開設だけでもしておこう。

BKKトークンとは

BKKトークンのロゴマーク

 BKKトークンは中国の取引所BKEXの独自発行するトークン。

6月の口座開設者に4000BKEXをエアドロップし、7月15日までに取引を開始する。 

取引所BKEXが得た取引手数料の100%分をBKKトークン保有者にUSDTで分配する

この配当100%は最近40倍に高騰したFTトークンを超える配当率であり、全ての仮想通貨の中で最も配当率が高いトークンと言える。

時間23:59:59にスナップショットを取り、配当は毎日入る。

つまりBKKを持っておくだけで毎日資産が増え続けるということだね。

マイニングによる配当

BKEXで取引をすると承認作業としてマイニングが行われ、1周期を90日として下図の枚数が毎日新規発行される。

上場直後は第一周期なので5873225枚が90日間発行され続けるということになる。

BKKトークンの発行サイクル

このマイニング報酬にも配当があり、以下の割合で分配される。

BKKの配当の仕組みはこのマイニング報酬でBKKの保有枚数が増え、取引手数料の配当はUSDTで受け取れるということになる。

マイニング報酬の配分

● BKEXで取引をした人に40% 

● 紹介者に10%

● コミュニティパートナーに5%

● 取引プラットフォームに45%

取引所BKEXで取引をすればするほど報酬としてBKKを受け取れる仕組みだ。

つまり5873225枚の40%である約240万枚のBKKが、取引量に応じて毎日ユーザーへ配布される

毎日約580万枚も増えて大丈夫なの?と思う人もいるかもしれない。

しかし580万枚増え続けても1ヵ月後の発行枚数は2億枚ほどであり、これはFTトークンの上場3週間後の発行枚数4.5億枚より遥かに少ない。

少なくとも上場後しばらくは発行枚数に関しては気にする必要はないと言えるだろう。 

➤  BKKのホワイトペーパーはこちら

また、取引をするだけでBKKを受け取れるこの仕組みには上限が設定されていて、1人あたりの取引量は1日25万USDTまでとなっている。

取引所全体では2.4億USDTまで。

1人でMAX25万USDTの取引をすると翌日に約1200BKKを受け取ることができるようだ。

取引のカウント開始は13時からスタートで、2.4億USDT分の取引成立で終了

マイニングタイムは日に日に短くなっており、僅か数十分で上限に達してしまうので、BTCを入金して13時に待機して取引をする準備をしておこう。

報酬の受け取り方

マイニング配当の貰い方

マイニング報酬は『My wallet』のプレゼントアイコンを押さないと貰えないようだ。

これは毎日ログインして押す必要があるので、報酬を貰える人は必ずBKEXに毎日ログインして忘れずにボタンをクリックしよう。

BKKを効率よく増やす方法

BKKの取引はまだ開始されていないが、マイニング報酬は既に受け取ることができる。

今はBTC/USDTなどの取引をしてマイニング報酬のBKKを受け取っておこう。

BKKは先行者利益がかなり強いはずなので、今のうちからマイニング報酬を受け取っておけばかなり有利になるはず。 

そしてBKKの取引が始まったらBKKを買い、毎日貰える配当のUSDTでまたBKKトークンを買い増していこう。

USDTでBKKを買うことによりBKK保有枚数が増え、さらにマイニング報酬としてのBKKも受け取ることができるので翌日受け取るUSDT配当も大きく増加する

つまり複利で増やしていくことにより爆発的に資産を増やすことが可能だ。

ただし収益がある程度出たら原資だけ抜いておくこと

原資さえ抜けばその後BKKがどうなっても負けることはないので、全力で複利投資をすることができる。

BKEXの登録方法 

下記リンクから公式サイトへ。 

口座開設で4000BKEX貰えるエアドロップはいつ終わるかわからないので、登録だけはとにかく早めにやっておこう。

 

BKEXの登録画面

まず右上の言語を日本語に変更しよう。

電話番号は日本人だと登録できないようなのでメールアドレスで登録。

必要事項を入力してアカウント作成をクリックでOK。  

本人確認書類の提出方法

本人確認のやり方

ログイン後、上部バーのマイページから実名認証の欄の『すぐに認証する』を選択。

本人確認は基本的にパスポートだが、持ってない人は免許証で申請しよう。

下図のように必要事項を記入し、3枚の画像をアップロードして『提出』をクリック。

f:id:Yuki_BTC:20180614155706p:plain

急ぎで本人確認をしたい場合はサポート(support@bkex.com)にメールしよう。

メールする際はGoogle翻訳で中国語に返還して送信することを忘れずに。 

 

 スポンサーリンク

 
 

BKEXへの入金方法

BKEXへの入金方法

まず『マイポケット』➡『お預入れ』からBTCを選択し、表示されたビットコインアドレスにBTCを入金しよう。

(本人確認が済んでからでないと入金はできないので注意) 

BKEXの取引は6月15日から開始されるので、取引画面の使い方はその時に追記予定。

BKKトークンの取引開始はいつになるかわからないので、いつでも買えるように本人確認と入金は済ませておこう。  

BKKトークンは高騰する?

もちろん100%上がると断言はできないが、高い確率で高騰するだろう。

まず配当率がFTをも上回ることで既に世界中で話題となっており、上場とともに大勢のイナゴが群がることが予想される。

現在BKEXの口座開設申請は数十万件にも及び、運営の手が追い付いていない状況だ。

中国銘柄なだけに大量のチャイナマネーの流入も見込める為、かなり期待値は高い。

マイニング報酬もあるので、取引所全体の出来高も維持され続けるはずだ。

また、取引所収益の100%がUSDTで還元って取引所はどうやって儲かるの?BKKは詐欺じゃないの?と思う人もしるかもしれない。

これに関してはBKEXは取引手数料ではなくBKKトークンのマイニング報酬45%が利益となる為、取引所にもちゃんと収益があるので安心して欲しい。

取引所の収益を確保しつつ、ユーザーへの配当を極限まで高めたシステムがBKKトークンと考えてOKだ。

BKKトークンの情報収集

 日本語の公式テレグラムに加入する

● ゼットマン(@maru_cpa)をフォローする

BKKに関するの情報収集は主に上記2種類。 

BKKホルダーになるなら、この2つの情報源はチェックしておこう。 

また、この記事でもBKKに関する最新情報が入り次第すぐに追記していく予定だ。

総括  

BKKまとめ

● 取引所BKEXの独自トークン
● 配当は取引所利益の100%
● 取引をするとマイニング報酬を貰える
● 7月15日までに取引開始

最近は取引所トークンや高配当トークンのブームになっており、上手く波に乗れば資産を十倍以上に増やせる可能性がある。

BKKに似たトークンにFTトークンがあるが、還元率80%という高配当であるFTは取引開始から1ヵ月もしない間に価格が40倍にまで高騰した。

FTトークンのチャート

地合いが悪い時こそ、BKKのような話題性のある銘柄に乗ってみるのも戦略だ。

ただし、確実に高騰する補償は無いので購入はあくまでも自己責任で。 

 
今大注目のトークン記事