【最新版】仮想通貨の始め方・買い方
アルトコイン

【図解】仮想通貨AATトークンの買い方・特徴・将来性を徹底解説

▼口座開設で3000円タダで貰えるBITPOINT ▼ 画像の説明文

どうも、雪ねこです(@Yuki_coiner)

今回はSNSで話題になっているAATトークンの買い方を解説。

配当系トークンがブームの今、注目されているトークンの情報は常に把握しておこう。 


【6月29日追記】
AAcoinは日本人の登録を制限し始めたので登録しないことを推奨します

👇AAT以外で熱いトークンはこちら

あわせて読みたい
【図解】仮想通貨CETトークンの特徴・買い方・将来性を徹底解説どうも、雪ねこです(@Yuki_coiner) 今回は1日で8倍に高騰したCETトークンの特徴と買い方を解説。 もともとは保有メリッ...

AATトークンとは

f:id:Yuki_BTC:20180620153558j:plain f:id:Yuki_BTC:20180620164400j:plain

取引所AACOINの独自発行トークン。

配当系なのでAATを保有しているだけで取引所の手数料の一部を受け取ることが可能。

AACOINで発生した取引手数料の50%をAATトークン保有者で分配する。 

配当はAACOINで取り扱っている全ての銘柄で支払われるようだ。

また、AATを保有していると様々なトークンのエアドロップを貰うことができる

AMMトークンとは

f:id:Yuki_BTC:20180620164224j:plain

AMMトークンは取引手数料の100%分を新規発行して取引者に還元する。

つまり0.01BTC分の手数料を支払ったら0.01BTC分のAMMトークンを貰える仕組みだ。

AACOINでは実質取引手数料が無料ということになる。

そして、取引所が得た手数料の30%はAMMトークン保有者へ分配される。 

AATだけでなくAMMも保有しておけば配当が毎日受け取れるわけだね。

運営が毎日AATを買い戻し

f:id:Yuki_BTC:20180620164546j:plain

さらに取引手数料収入の残りの20%は運営がAATとAMMトークンを毎日買い戻してBURN(焼却)するのでAATとAMMは毎日希少価値が上がっていくことになる

運営の買い戻しはBNBやHTトークンのような主流の取引所トークンも採用しているシステムだが、ほとんどが四半期毎にBURNしている。

しかしAACOINでは毎日買い戻しを行う為、BURNによる価値の維持がより安定するとみていいだろう。 

AACOINの登録方法

 まず以下のリンクから登録画面へ。

現在AACOINに登録して本人確認をすると50AATがエアドロップされるので、タダで貰える分は必ず貰っておこう。 

 

f:id:Yuki_BTC:20180620165155j:plain

 メールアドレスとパスワードだけで登録ができるので3分で終わる。

入力後はメールアドレス宛てに確認メールが届くので、記載されてあるURLをクリックすれば登録が完了するよ。 

本人確認書類の提出 

f:id:Yuki_BTC:20180620171841j:plain

ログイン後、右上の人アイコンからユーザー画面へ。

メールアドレスの隣にある『Not completed』をクリックすれば本人確認画面に移行する。

パスポートだけでなく免許証でも申請できるので、忘れずに済ませておこう。

本人確認が完了すると50AATがエアドロップされる。 
 

 スポンサーリンク

 
 

AACOINへの入金方法

f:id:Yuki_BTC:20180620172514j:plain

まず『My Assets』からウォレット画面へ移行。

BTCの欄にあるDepositをクリックするとBTCアドレスが表示されるので、そのアドレス宛てにBTCを送金しよう。

AATトークンの取引開始はいつになるかわからないので、いつでも買えるように本人確認と入金は済ませておこう。  

AATとAMMは高騰する?

AATトークンは手数料の100%分がAMMトークンとして還元され、紹介手数料も存在するためFTトークンと同じく出来高が急騰する可能性がある。

FTトークンの配当が異常なまでに高いのは中国人が取引botを作成し、複数アカウントを作った同一人物がお互いに取引をして出来高を底上げしているからだ

これは手数料100%還元だからこそ起こる現象。

そしてこの現象がAATトークンにも起きる可能性があり、そうなれば配当額も相当なものになるポテンシャルを秘めている。

AACOIN側の配布するAMMトークンは独自発行したものなのでどれだけ配布しても問題なく、配当も手数料から捻出するのでいくら配布しても運営側は痛くも痒くもない。

実際に配当が始まったら取引所の出来高次第ではかなり美味しいトークンになり得る。

そして配当系トークンの中で運営の買い戻しシステムを取り入れているものはAATだけなので、BURNがしっかり進行すれば高騰に期待できる

高騰に期待はできるものの100%上がる保障は無いので、そこらへんを踏まえて購入しよう。 

【6/27 追記】

f:id:Yuki_BTC:20180627184744j:plain

予想通りAMMにbotが出現

一時とてつもない勢いで取引がされているのがわかるね。

bot使用者が増えて出来高が上がれば配当量も増えるので、AMMやAATを買う人が増え得て価格が上がると予想できる。

さらに取引が増えればそれだけ運営の買い増しBurnの量も増えて良いことづくしだ。

総括  

AATまとめ

● 取引所AACOINの独自トークン
● 配当は取引所利益の80%
● 取引をするとマイニング報酬としてAMMを貰える
● 手数料収入の20%で運営がトークンを買い戻し

取引所AACOINは3ヵ月以内に取引高世界10位を目指すと公言している。

取引所FCoinのFTトークンは僅か1ヵ月で世界一に登り詰めたので、AACOINも取引所の戦略次第では十分に可能性がある。

ただし配当系の取引所トークンは確かに高騰しやすいが絶対上がると思い込むのは非常に危険なので、買う銘柄を絞ってしっかり分散投資をしよう。

こういった高騰を狙うトークンは利確のタイミングが最も重要なので、利益が出たら必ず原資を抜いて欲を出さずに利確をするタイミングを考えておこう。

 

あわせて読みたい
【図解】仮想通貨CETトークンの特徴・買い方・将来性を徹底解説どうも、雪ねこです(@Yuki_coiner) 今回は1日で8倍に高騰したCETトークンの特徴と買い方を解説。 もともとは保有メリッ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事