【最新版】仮想通貨の始め方・買い方
アルトコイン

【図解】仮想通貨CETトークンの特徴・買い方・将来性を徹底解説

▼23,000円タダで貰える仮想通貨の取引所LIQUID!▼ QUOINEX

どうも、雪ねこです(@Yuki_coiner1)

今回は1日で8倍に高騰したCETトークンの特徴と買い方を解説。

もともとは保有メリットが弱いトークンだったけど重大発表によりCETの価値が一気に上がったので、仕組みや特徴をしっかり把握しておこう。

また、CETが買える取引所CoinExでは様々な通貨を無料配布するエアドロップを定期的に行っている。

CETトークンの基本情報

CETはCoinExが発行している独自トークンで、ここでしか買うことができない。

総発行枚数は100億枚で、『プレセールなし・ICOなし・無料配布』を掲げている。

実際CETトークンはCoinExユーザーにかなりの枚数が無償で配布されており、CETを保有していると様々な恩恵を受けることができる。   

 

CETホルダーは様々な配当が貰える

f:id:Yuki_BTC:20180621164008j:plain

CETトークンは7月1日から『Trade-driven Mining』方式を採用する。

これは取引所CoinExで取引をした人に対し、手数料と同じ額のCETトークンを配布するというシステムで、実質手数料が無料になるようなもの。 

このマイニングシステムは36億枚のCETを配布するまで続くとのこと。 

また、CoinExで発生した総取引手数料の80%をCETトークン保有者へ毎日分配し、配当の種類は全種類の銘柄で受け取れる。 

7月現在、配当額がかなり多いことからCETが買われ続け、かなり高騰している状況だ。

【参照】CoinEx公式 CET配当について

 

運営の買い戻しがある

CoinExは4半期毎に取引所利益の20%を使ってCETトークンを買い戻し、それをBurn(焼却)する

つまり時間が経つにつれCETの発行枚数が減少していく。

これはBNBやHTなどでも採用されており、買い支えにより一定の価値が保障され、さらに流通枚数を減らして価値の希少性を高める効果がある。

わかりやすく言うとトークンの価格が上がりやすくなる仕組みで、この買い戻しがあるのとないのとでは長期保有のリスクが圧倒的に変わってくる。

CETは配当系トークンの中でも長期で保有すべき銘柄と言えるだろう。

 

CETエアドロップがある

f:id:Yuki_BTC:20180621164107j:plain

CoinExは特定の通貨をCoinExのウォレットに入れておくだけでCETを無料で配布するエアドロップを定期的に行っており、CETはタダで手に入れることができる

2月にはビットコインキャッシュ(BCH)をウォレットに入れるだけでCETが無償配布され、5月ではリップル(XRP)を入れておくだけでCETが毎日もらえていた。

筆者もXRPをCoinExに入金し、約50000CETをタダで受け取ることができた

このCETエアドロップは定期的にあるので必ずCoinExは登録しておこう

筆者はエアドロップで貰ったCETだけで数十万円分になった。

CoinExはノーリスクで資産を増やすことができる唯一の取引所だよ。  

 

その他のCET保有メリット 

● 取引手数料として代わりに控除できる

● CETペアで他の通貨と取引できる
●  新規上場コインの投票に使える
● CoinExが分散型取引所になった際にCETをガスとして使用できる

CoinExはマーケティングがかなり上手い取引所なので、今後もCETのインセンティブ(保有価値)を高める為に様々な手を打ってくるだろう。

 スポンサーリンク

 
 

CETトークンのチャート・将来性

CETトークンは取引をすれば同額のCETが貰えて、且つCETを持っていれば配当を受けることができる。

紹介報酬もあるので1人が複数アカウントを作ってお互いで売買しあうbotトレードで際限なく稼げてしまう為、botトレーダーが出てくると予想している。

botが出てくればCoinExの出来高が爆発的に伸び、手数料額が跳ね上がるのでCET保有者への手数料配当も肥大化し、CETの価格も上がっていく

そう、これは短期間で40倍に高騰FTトークンと全く同じ仕組みだ。

6月20日に配当の発表があり、1日で約8倍にまで高騰したのはこの仕組みがFTと同じであることに気付いた人が買い占めてホールドしてるからだろう。

ただ配当が始まるだけのアナウンスでは8倍まで伸びないはずだからね。

CETは上場後から15倍にまで高騰したが、筆者の予想では配当が始まる7月が本番だ。

様々なエアドロップの実績もあるCETは手数料配当だけでなく、今後も新規上場通貨などを受け取れる可能性も高いのでホルダーの握力がかなり高まると予想。

もちろん大暴騰した後すぐに買うのはお勧めしないが、長い目で見ればまだまだ高騰するというのが筆者の見解だ。 

【7月3日 追記】

予想通り大量のbotが出現し出来高が急上昇。取引高が世界1位となった。

取引量増加に伴って配当額が一気に増え、凄い勢いでCETが買われている。

価格も20倍以上にまで伸び、現在も高騰中

 

CETトークンの買い方

CETはCoinExでしか購入することができない。

登録方法やCoinExの使い方は別記事にまとめているのでそちらを参照してね。 

リスクを取りたくない人は定期的に開催されるCETエアドロップにだけ参加することでタダで資産を増やすこともできるのでオススメだ。

総括  

CETまとめ

● 取引所CoinEXの独自トークン
● 配当は取引所利益の80%
● 取引をすると手数料100%分のCETを貰える
● 4半期毎に運営がCETを買い戻してBurn 

海外でbotが作られれば出来高とともにCETの価格も暴騰するだろう。

しかし高騰を狙うトークンは利確のタイミングが最も重要なので、利益が出たら必ず原資を抜いて欲を出さずに利確をするタイミングを考えておこう。

長期保有を推奨するトークンだが、あくまでも一時的な暴落はどこかで来るので注意。

 
関連記事 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事