【最新版】仮想通貨の始め方・買い方
取引所の特徴

【徹底比較!】BITPointとbitbank取引所の違いやそれぞれのメリット

▼23,000円タダで貰える仮想通貨の取引所LIQUID!▼ QUOINEX

人気の仮想通貨取引所といえばBITPointbitbankですね。

人気取引所であるこの2つはそれぞれ特徴やメリットが大きく異なります。

なので両者の違いを把握し、自分に合ったほうを選びましょう

この記事ではビットポイントとビットバンクの特徴と違いを、初心者にもわかりやすく丁寧に解説していきます。

BITPointに登録bitbankに登録

【簡易比較表】

項目 BITPoint bitbank
レバレッジ 最大25倍 なし
取り扱い通貨 5種 6種
操作性
出来高
セキュリティ
取引手数料 無料 無料
出金手数料
登録ボーナス 3,000円 なし
スマホアプリ
その他 税金計算機能あり レンディングあり

【結論】BITPointとbitbankどちらが良い?

結論から言いますと、仮想通貨が初めての人にはBITPointをお勧めします

これから先で解説しますが、BITPointには初心者に優しいサービスが充実しています。

  1. 口座開設と入金で3,000円貰える
  2. 出金手数料が無料
  3. 税金計算を自動でやってくれる

新規の初心者を獲得するためにBITPoint社も様々なサービスに力を入れていますので、まずはBITPointから登録するといいでしょう。

bitbankはトレードに特化した取引所ですので、取引に慣れた中級者ユーザーはbitbankに移行すると良いと思います。

BITPointに登録して3,000円を貰う

 

BITPointとbitbankの比較

1. 口座開設ボーナスの比較

BITPointは口座開設と5万円を入金するだけで3,000円分のビットコインを貰えます

入金した5万円はすぐに出金しても大丈夫なので、実質ノーリスクで3,000円が貰えるのと同じことですね。

このキャンペーンのおかげでBITPointは誰でもノーリスクで仮想通貨トレードをすることができる取引所として人気が急上昇しています

bitbankにはこのような口座開設ボーナスはありません。

お金は入金したくはないけど仮想通貨トレードを体験してみたい!という人はBITPointから始めてみましょう!

2. 取り扱い銘柄の比較

取引の修種類 BITPoint bitbank
現物 BTC
ETH・BCH
LTC・XRP
BTC・ETH
XRP・LTC
BCH・MONA
レバレッジ BTC なし

取り扱い銘柄は現物取引ならモナコインがあるぶんbitbankのほうが多いですね。

両社とも世界的に有名な銘柄は取り扱っており、国内ならこの2社に登録しておけば現物取引に困ることはないでしょう。

特に日本で大人気のリップル(XRP)を安く購入できる取引所と言えばBITPointとbitbankになります

一方、FXに関してはBITPointでレバレッジ最大25倍のビットコインFXをすることが可能です。

ビットバンクにはレバレッジ取引はありませんので現物取引のみになります。

FXも同時にやりたい中級者はBITPointを利用しましょう

BITPointに登録bitbankに登録

3. 各種手数料の比較

項目 BITPoint bitbnak
取引手数料 無料 無料
スワップ手数料 0.035%/日
出金手数料 下図参照 下図参照

取引手数料に関してはBITPointもbitbankも無料です。

両社とも手数料を気にすることなく取引を何度でもし続けることができます。

またレバレッジ取引はBITPointにビットコインFXのみありますが、スワップ手数料が0.035%/日と日本一安いです

ビットコインFXをするならBITPointをお勧めしますよ^^

次に出金手数料の比較です。

出金手数料 BITPoint bitbnak
日本円 324円 540円
756円(3万円以上)
BTC 無料

0.001BTC
ETH 0.005ETH
BCH 0.001BCH
XRP 0.15XRP
LTC 0.001LTC
MONA 0.001MONA

BITPointでは全ての仮想通貨の送金手数料が無料です

さらにBITPointは日本円の出金も金額に関わらず一律324円と格安。

出金手数料は全てにおいてbitbankよりもBITPointのほうが安いです。

仮想通貨の初心者ほど大きな手数料で痛い目を見る人が多いので、BITPointは初心者にもかなり優しい取引所と言えますね。

4. 出来高の比較

出来高とは、その取引所でのユーザーの総取引量のことです。

出来高が高いほど活発に取引がされていることになり、取引所側も売り上げが増えるので安定したサービスを供給できるようになります。

bitbankはリップル(XRP)の出来高が世界一となっており、リップルを取引するならbitbankが最適と言えるでしょう。

BITPointは現在ユーザー数が激増している人気取引所ですので、総出来高に関してもbitbankを超えてくると思います。

5. セキュリティの比較

取引所には自分の資産を預けておく為、セキュリティの高さは非常に大切です。

BITPointとbitbankは両社とも国内最高クラスのセキュリティ管理を行っています。

ハッキングが起こらないようコールドウォレットと呼ばれるオフラインのウォレットに顧客の資産を全て管理しています。

どちらもまだハッキング被害に遭ったことが無い取引所なので安心して利用できますね。

資産は出金手数料が日本一安いBITPointで管理するのがベターだと思います

僕自身もビットコインを円に変えて銀行口座へ出金する時は、必ずBITPointを利用していますよ^^

6. 操作性の比較

上図はパソコン版のBITPointとbitbankの取引画面です。

両社を実際に使ってみて比較したところ、bitbankのほうが視覚的に操作しやすく初心者にもわかりやすい設計だと感じます

BITPointのほうが多機能ではありますが、初心者にとってはシンプルなbitbankのほうが使いやすいだろうという印象でした。

慣れればどちらも問題なく使えますが、仮想通貨を初めて購入する人はbitbankから始めてみるといいかもしれませんね^^

BITPointに登録bitbankに登録

7. スマホアプリの比較

仮想通貨投資家の約6割はスマホでトレードをしています。

よってスマホ版アプリの使いやすさは非常に重要になってきます。

BITPointとbitbankにはそれぞれ専用のスマホアプリがありますが、アプリはbitbankのほうが使いやすいと感じました

もちろんBITPointのアプリもクオリティは高いので安心してください。

両社ともに問題なくスマホでトレードができると言えます。

その他のサービス

上図はBITPointの税金計算サービスです。

BITPointでは取引をする度に自動で損益の計算をしてくれますので、利益が出た場合も支払う税金計算をする必要がありません

特に初心者は仮想通貨の税金計算はわからないと思いますので、これは初心者にとって非常に心強いサービスですね。

この機能を採用しているのは国内ではBITPointだけです。

もし最後まで税金計算の勉強をしたくない人は、最初から最後までBITPointだけで取引をしましょう!

 

まとめ

  1. 手数料はBITPointが安い
  2. BITPointは登録で3,000円貰える
  3. BITPointは税金計算機能あり
  4. リップルの取引ならbitbank
  5. 操作性が高いのはbitbank
  6. セキュリティは両社とも安全

BITPointに登録bitbankに登録

両社にそれぞれメリット・デメリットはあるので、実際に両方登録をしてみて今の自分に合ったほうを選ぶといいでしょう。

個人的にはリスクを追いたくない初心者にはBITPointをお勧めします

トレードをガンガンやっていきたい!という人にはbitbankがお勧めです。

【図解】取引所ビットポイント(BITPOINT)の特徴・メリット・使い方今回は仮想通貨取引所BITPOINT(ビットポイント)について解説。 BITPOINTは人気取引所というわけではないが大手には無いメリ...
ビットバンク(bitbank)の特徴と評判|リップル取引量が世界一の取引所今回は取引所bitbank(ビットバンク)を詳しく紹介。  ビットバンクはまだ国内で不祥事を起こしておらず、リップルを世界一安く購入す...