ソーシャルレンディング

【完全版】Funds(ファンズ)の評判・メリット・デメリット|話題のソーシャルレンディング

最近、Funds(ファンズ)という資産運用が話題になっています。

Fundsは「お金を集めたい貸付ファンド企業」と「お金を貸して金利を得たい投資家」をマッチングさせるサービス。

今回はFundsの特徴や仕組み、メリットやデメリットをヤラセ無しでガチレビューしてみました。

大人気の投資先は募集から数分で締め切られるほどに注目されていますので、特徴やメリット・デメリットをしっかり把握しておきましょう。

個人的にFundsにはかなり期待しています…!

この記事のまとめ

貸付投資として注目を浴びている

1円から投資可能

年利は1.5~6%ほど

既に複数の有名企業が投資先になっている

\ 3分で口座開設! 利回り最大6% /

Funds

Funds 口座開設はこちら

貸付ファンドのFunds(ファンズ)とは

名称 Funds(ファンズ)
仕組み 貸付ファンド
利回り 1.5 ~ 6.0%
手数料 無料
投資期間 4か月~1年
公式サイト 公式サイトへ

Fundsはソーシャルレンディング業界の重鎮である、株式会社クラウドポートが運営する貸付ファンドサービスです。

貸付ファンドとは、利回りと運用期間が予定された金融商品のこと。

お金を集めたい事業者に投資家がお金を資し、投資家は見返りとしてその分の事業利益や利息を受け取れる仕組みです。

貸付ファンドの例

● 年間利回り:4.0%

● 運用期間 :12ヵ月

事業者は銀行を介さずにお金を集めることができ、投資家(貸し手)はお金を預けて利息を受け取れるのでWin-Winの関係となります。

そしてこの事業者と投資家をマッチングさせるサービスがFundsです

Fundsの詳しい仕組み

実はFunds自体は貸付ファンド企業ではなく、投資家と貸付ファンド企業を仲介するマッチングサービス

投資家からお金を融資してもらいたいファンド企業の代わりに、Fundsが投資家へ募集をかけているといったイメージです。

投資家はファンド企業にお金を貸し、ファンド企業はそのお金を借り手に貸し付けます。

そして受け取った手数料の一部が利息として投資家へ還元されます。

 

Fundsはこの貸付ファンドの循環がうまく回るように、投資の募集をかけているサービスというわけですね。

このような投資募集プラットフォームは国内初となるため、Fundsが大きく注目を浴びているのです。

Funds 口座開設はこちら

Funds(ファンズ)のメリット

①:利回りの高さが魅力

Fundsは利回り1.5~6.0%となっており、安定した収益が見込めます。

資産運用において利回り5.0%以上は美味しい部類に入りますので、Fundsなら充分大きなリータンを得ることができます。

年利5.0%で100万円投資すると、1年後には105万円になっているわけです。

 

銀行に意味もなく100万円預けておくよりはFundsで融資しておいたほうがお得ですね。

ちなみに年利6.0%で10年運用すると元本は約80%増える見込みですので、100万円が10年後には180万円になります

長期で見ると年利6.0%の凄さがよく分かりますね^^

②:投資対象が不動産以外にも豊富

Fundsでは不動産だけでなくビジネスサービスなども投資対象になります。

募集金額があらかじめ決まっており、募集額に達した時点で応募が締め切られます。

不動産は基本的に利回りが5%近くあるので、今のところ募集から僅か数分で応募が締め切られているほどの人気っぷり

 

不動産以外にもアイフルビジネスローンなど、有名な上場企業もFundsでファンドを募っていますね。

こちらは安定感があり不動産に比べるとリスクが低い代わりに、利回りも控え目で1.5~3.0%くらいに落ち着きます。

今後も新しい投資先がどんどん増えていきますので、自分に合った案件を選んで投資できるのは嬉しいですね。

Funds 口座開設はこちら

③:1円から投資可能!

多くのソーシャルレンディングや資産運用は最低投資額が1万円~であることがほとんど。

しかしFundsはなんと1円から投資することができます

もちろん1円で投資しても全く儲からないので、1円で投資する人はいません(笑)

しかしこれはお金をあまり用意できない人や、投資の初心者の人にとってはかなりありがたい仕様ですね。

まずはお試しで1000円くらいで投資を経験してみたい!という人にもおすすめです。

④:手数料が全て無料!

Fundsではなんと全てにおいて手数料が無料となっています。

その他の資産運用サービスは利用者から利益の一部を手数料として徴収することが多く、そこがネックとなることが多いです。

例:ロボアドバイザーのWealthNaviは手数料が年間1%)

つまり同じ年利6.0%の資産運用でも、手数料の無いFundsのほうが収益率が高いということになるのです

 

ではなぜFundsは手数料を取らないのでしょう?

なぜならFundsは借り手にお金を貸し付けるファンド組成企業から、投資家を紹介した報酬として手数料を受け取っているからです。

つまりFundsの投資家から手数料を徴収する必要が無いというわけですね^^

⑤:有名な上場企業やベンチャーに出資可能

Fundsには誰もが聞いたことがある有名な上場企業が参加しています。

投資先が不透明で聞いたこともない企業に投資するのは怖いですよね。

その点Fundsでは安心できる有名企業に投資できることが大きなメリットです

不動産や知らない企業に投資するのが怖いという人は、アイフルなどの超大手企業に絞ってみるのもいいかもしれません。

⑥:スマホで気軽に投資できる

Fundsはスマホのデザインに特化しているので、スマホから気軽にファンドに投資することが可能です。

人気案件の募集は一瞬で締め切られてしまいますが、外出中でもスマホからすぐに投資することができるので安心ですね

専用アプリはまだありませんが、いずれリリースされるはずです。

⑦:ほったらかし運用でOK!

株やFXなどの値動きを利用して稼ぐ投資は、価格チャートをずっと見ていなければなりません。

価格の値動きを予想する投資は損失リスクも大きく、何より時間を取られてしまいます。

しかしFundsの金融商品はお金を預けているだけで利息を貰えるので、ほったらかし運用で資産を増やすことができます

仕事や育児・学業で忙しい人でも気軽に資産運用をすることができるのは嬉しいですね。

こんな人におすすめ!

投資の知識があまりない

資産運用に時間をかけたくない

Funds 口座開設はこちら

Fundsのデメリット

①:期限を過ぎるまで投資したお金は引き出せない

資産運用は途中で出金ができるものと出来ないものがありますが、Fundsのような貸付ファンドでは途中出金はできません

運用期間12ヵ月なら1年後に出金が可能になります。

投資をする際は運用期間をしっかり把握して、途中でお金に困らない金額で投資をすることを心がけましょう。

ただしFundsが取り扱っている一部のファンドは、投資申込から8日以内であれば解約が認められているものがあります

もし途中で投資を辞退したい場合は、8日以内に公式サイトから問い合わせをしましょう。

②:損失が出る可能性もある

Fundsは利回り1.5~6.0%ですが、必ず数字どおりに増えるとは限りません

利回りとは平均的にその利率で稼ぐ期待値がありますよという意味で、損失を出してしまう可能性もあります。

Fundsはミドルリスクの資産運用なので、多少なりとも元本割れをするリスクがあることは知っておきましょう。

 

またFundsだけに集中投資をしていた場合、Fundsで損失が出た時にトータル資産がマイナスになってしまいます。

投資先は分散してリスクを抑えるのが理想です

Funds以外の資産運用についてはこちらを参考にしてください^^

③:約20%の税金がかかる

Fundsに限らず投資や資産運用で得た利益には20.315%の税金が掛かります。

1年で10万円の利益が出た場合は約2万円を税金として払わなければなりません。

しかしこれは他の資産運用でも同様のことなので、Fundsだけのデメリットというわけではありません

お金を稼いだら納税する義務があるのでここは仕方がないですね。

Funds 口座開設はこちら

Fundsの利益は確定申告をする必要がある?

Fundsで得た利益分は源泉徴収されます。

公式サイトに確定申告に関するこのような記述があります。

分配金に対する課税には、源泉徴収制度が適用されます。

したがって、ファンドの組成企業(ファンドの営業者)は、税金に相当する額を予めお客様への支払額から控除し、お客様に代わって納税いたします。

Funds公式サイト 「よくあるお問い合わせ」より引用

このように、Fundsでは利益から支払うべき税金分をあらかじめ差し引いてくれます。

つまり年間で利益が10万円出たとすると、約20%の2万円が自動的に差し引かれてあなたの口座へ振り込まれるのです

分配金 = 利益(投資金額✕利回り)- 税金分

結論として、サラリーマンの人で雑所得が年間20万円を超えない人は確定申告を行う必要はありません。

わざわざ確定申告をしなくていいとなると嬉しいですね^^

Fundsの評判・口コミ

あのホリエモンもFundsには大きく期待しているようですね。

スマホで手軽に投資ができるので、今まで投資を敬遠していた多くの投資初心者を潜在的なユーザーとして取り込めます。

Fundsはこれから貸付ファンドやソーシャルレンディングを、お茶の間に浸透させることに成功すると僕も考えています。

Fundsでは損失が出た場合、まずファンド組成企業(貸付側)がその損失を補填してくれます。

その為その他のソーシャルレンディングと比較するとリスクを抑えられることになり、そこがまた人気の理由ともなっています。

Fundsのほとんどの案件が募集開始からすぐに締め切りになっています

僕も不動産の1つに応募しようと思ったんですが、一瞬で約2,000万円の応募に達して間に合いませんでした。

それほどFundsの投資先には大きな安心感と利回りのコスパの良さがあります。

今後Fundsに新しいファンドがどんどん追加されていくと思いますので、みなさんは乗り遅れないように気を付けましょう^^;

Fundsはソーシャルレンディング業界ではかなり話題になりましたので、口座開設の申し込みが殺到しているようです

そのため口座開設後に届く書類が遅れる場合があるとのことです。

口座開設をするだけならお金は掛かりませんので、是非今のうちに開設の申し込みだけでもしておきましょう。

 

Fundsまとめ

こんな人におすすめ!

資産運用が初めてで知識が無い

少額投資で始めたい

手間をかけず放置で運用したい

そこそこ大きなリターンが欲しい

Fundsは口座開設者が急増しているので、新規ファンドが募集を開始しても数分で締め切られてしまいます。

まずは口座開設を済ませて、いつでも応募できる準備だけでもしておきましょう

ソーシャルレンディング業界は色々と問題も起こっておりいますが、貸付ファンドのFundsには期待している人も多いようです。

1円から投資ができることも非常に強い魅力の1つなので、投資初心者の人もまずはお試しで始めてみましょう!

\ 3分で口座開設! 利回り最大6% /

Funds

Funds 口座開設はこちら

【完全版】初心者が10万円から始められる、おすすめ資産運用と投資を紹介「投資や資産運用に興味があるけど、あまり大きなお金は用意できない...」 こんな悩みを抱えている人へ、10万円からでも始められる初心者...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です