dealFX口座開設ボーナス

FXの基礎知識

FX業者のDD方式とNDD方式の違い|トレーダーはどちらの業者を選ぶべき?

雪ねこ
雪ねこ
FXトレーダーの雪ねこです

FX業者にはDD方式とNDD方式の2種類の形態があるのをご存じでしょうか

この2つの形態によってそのFX業者の信用度が大きく変わってくるのです。

「あそこはスプレッド狭いけどDD業者だから使わない」と言うトレーダーもいます。

この記事ではNN方式とNDD方式で何が違うのか?どの業者がNDDなのか?メリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

DD方式とNDD方式の違い

  • DD(ディーリングデスク)方式   ⇒ FX業者が仲介する
  • NDD(ノーディーリングデスク)方式 ⇒ FX業者が仲介しない

FXはトレーダーが注文を出すと、その注文がインターバンク(銀行間取引市場)という市場に流れ、そこで為替レート変動における取引が行われています。

僕たちトレーダーはFX業者を通してインターバンクで取引を行っているわけですね。

DD方式とNDD方式の違いは、トレーダーとインターバンクとの間にFX業者のディーラーが仲介するかどうかです

間にディーラーが仲介するかどうかでFX業者の信頼度が大きく変わってきます。

DDとNDDそれぞれの仕組みや特徴を詳しく見ていきましょう。

DD方式とは

DD方式は別名OTC方式とも呼ばれ、トレーダーの注文を仲介するディーラーが預かり、その注文を実際にインターバンクに流すかどうかをディーラーが決めます。

雪ねこ
雪ねこ
え!? じゃあディーラー次第では、僕が出した注文はインターバンクに流れていない可能性もあるの?

結論はYesです。

DD業者は顧客の注文を一旦受け止め、注文状況や市場を考慮した上でDD業者がインターバンクに独自の注文を入れます。

つまりトレーダー達がどういった注文を入れているかを全て把握したうえで、DD業者は自分たちが儲かるような注文をインターバンクに流しているわけです。

実際の顧客の注文とは違う注文をインターバンクに流している為、顧客が勝ってしまうとDD業者は損をしてしまいます。

つまりDD業者と顧客トレ-ダーは利益相反の関係にあるということです

顧客の注文を実際にはインターバンクに流さないことを「注文を呑む」と表現します。

なぜDD業者が顧客の注文を呑むのか、それはFX業者が得をする可能性があるからです。

例えばAさんがFX業者に10万円を入金し、10万通貨のドル円ロングの注文を出したとします。

この時点ではまだ注文はFX業者に流れただけで、インターバンクに注文は流れていません。

そしてそのロングポジションがロスカットされるほどの暴落がきた場合、もしFX業者が注文をインターバンクに流していなかったら10万円はそのまま業者のポケットに入れることができるわけです。

Aさんは自分の注文がロスカットされたと思い込んでいますので、FX業者はAさんに10万円返す必要が無いからです。

このように顧客の注文はどうせ損失が出ると思った場合、FX業者は顧客から頼まれた注文を実際には出さない可能性があるわけですね

ロスカットされそうな顧客の注文は呑んで損失分のお金はポケットに入れ、勝ちそうな顧客の注文だけをインターバンクに通すのです。

このようにDD方式の業者は注文を呑むことがあるので、顧客が負ければ負けるほど儲かる仕組みになっているわけですね

DD業者はレートずらし等の不正を行う可能性あり

先述したとおりDD業者は顧客の注文を呑んだ時は顧客に負けて欲しいと思っています。

そして様々な不正行為を働いて顧客を強制的に負けさせる可能性があるのです

  • ストップ狩り
  • レートずらし
  • 大幅なスリッページ
  • 故意的なサーバーダウン

例えばDD業者が故意にスプレッドを一瞬だけ広げ、顧客のストップ注文を意図的に発動させることで顧客を負けさせる「ストップ狩り」が有名ですね。

あの手この手でチャート操作を行って顧客の注文を狩り、負けさせたことにして証拠金をポケットに入れている可能性があるわけです。

全てのDD業者が不正行為を行っているわけではありません。また、ストップ狩りをしているという証拠もトレーダー側からは掴むことはできません。

スキャルピングは禁止されている

スプレッドの狭いDD業者でスキャルピングをするとトレーダーが勝ってしまうので、DD業者ではスキャルピング禁止な業者が多いです

DD業者はディーラーが裁量で注文を捌いているため、高速で何度もスキャルピング注文をされると処理が追い付かなくなってしまう。

そのため国内業者でスキャルピングをしてたくさん稼いでいると、目を付けられて口座凍結をされることがありますので気を付けましょう。

DMM FXやGMOクリック証券などの最大手もスキャルピングは禁止です。

スキャルピングトレーダーはNDD方式の業者を選びましょう。

DD業者のメリット

散々なことばかり書いてきましたが、DD業者にもメリットはあります。

それはスプレッドがとにかく狭いことです。

DD業者は顧客の注文を呑んだり、ディラーが裁量トレードで利益を上げたりすることができるので、手数料を安く設定しても儲かるわけです。

デメリットは多いですが、メリットは「スプレッドが狭い」これ1つだけです。

 

NDD方式とは

NDD方式はディーラーが仲介しない為、顧客の注文はインターバンクに直接流れます。

FX業者は顧客の注文を全てインターバンクに流し、スプレッド分の手数料だけを徴収して利益を上げています。

スプレッド手数料が利益源なので、NDD業者は「顧客にたくさん取引をして欲しい」ことになり、利益相反の関係にはなりません

つまりNDD業者はDD業者と違ってトレーダーにたくさん勝って欲しいわけですね。

NDD方式には2種類の取引タイプがある

NDD方式は大きく分けてSTP方式とECN方式の2つの取引タイプがあります。

STPとECNの違い

【STP方式】スプレッドの中に業者の利益が既に含まれている取引形態。

【ECN方式】トレーダー同士が注文をぶつけ合う取引形態で、スプレッドが激狭な代わりに取引手数料が毎回かかる。

STPとECNはどちらが良いというものではありませんが、基本的にはECN方式のほうが総合的に手数料が安い場合が多いです

NDD業者は不正行為はしない

先述したとおりNDD業者はトレーダーに勝って欲しいので、そもそも不正をして顧客を負けさせるようなことをする理由がありません。

なのでストップ狩り・約定拒否・スリッページ等が起きる可能性が極端に低いのです。

(スリッページは故意でなくとも起きることはあります。)

もしこれらのチャート操作のような挙動があった場合、その業者はNDDと言いながら実はDD業者である可能性が高いと言えます。

NDD方式ではスキャルピングOKな可能性が高い

スキャルピングは小さな値幅えを狙って何度も取引をしますので、手数料が多くかかってしまうトレード手法です。

NDD業者は収益源が手数料だけなので、スキャルピングはむしろ大歓迎というわけです。

例えば僕がイチオシしているGemForexもスキャルピングを認めていると公式サイトに記載があります。

Q. スキャルピングは認めていますか?

A. はい、特に制限は設けてはおりません。但し、お客様からのお口座から発生するメッセージが膨大な量となり当社サーバーの執行能力に支障があると担当部門で認められます場合には、メッセージ数を減らしていただくようお願い申し上げることがございます。

Gemforex公式サイトQ&Aより

スキャルピングトレーダーは必ずNDD業者を選びましょう!

DD業者でスキャルピングをするのはかなりリスクが高いです。

NDD業者のデメリットは?

NDD業者のデメリットはスプレッドが広いことです。

DD業者である国内FXのドル円スプレッドは0.3pipsですが、海外では1.0~1.7pipsあたりが主流です。

海外FXはスプレッドが広い!と言われているのはNDD方式が主流だからなんです。

雪ねこ
雪ねこ
国内のDD業者よりもスプレッドが3~5倍ほど広いわけだね

しかしGemForexのノースプレッド口座なら、NDD方式でありながらドル円0.3pipsという驚異の狭さを誇っています。

NDD業者でスキャルピングをするならGemForexのノースプレッド口座一択です

Gemforexのノースプレッド口座をガチレビュー!手数料やデメリットも徹底解説Gemforexにはオールインワン口座とノースプレッド口座の2種類があり、今回はノースプレッド口座について詳しく解説します。 結論から...

代表的なDD業者とNDD業者は?

まずGMOやDMMなどのほとんどの国内FX業者はDD方式で、NDD業者は数えるほどしかありません。

雪ねこ
雪ねこ
NDD業者で取引がしたいのに、国内はほとんどDD業者なのか…

逆にiFOREXやLANDFXなどの一部を除けば、海外FX業者のほとんどはNDD業者です。

しかしNDD業者と公式サイトに明記しながら、実際はDD業者でストップ狩りなどをしている業者も存在します。

例えばヒロセ通商のは数少ないNDDの国内業者ですが、ストップ狩りに遭ったというウワサが数多く存在します。

このように業者がNDD方式と謳っていてもそれを素直に信じてはいけません

実際に利用してみて、本当にストップ狩りや約定拒否などの不正行為が無いかどうかを自分で確かめることが重要です。

まとめ

DD方式とNDD方式の違いがこれで分かったかと思います。

ただ勘違いをしないで欲しいのは、DD業者が全て不正行為をしているわけではないということです。

あくまでもDD方式というシステム上、ストップ狩りや約定拒否などを起こされる可能性がありますよというだけです。

DD業者でも真っ当に運営しているFX業者はたくさんありますので、勘違いはされないよう気を付けて下さい。

しかし個人的にはやはり安全な取引をしたいのでNDD業者でトレードをするほうが良いと思っています。

【最新版】海外FXで口座開設ボーナスのキャンペーンを実施している業者まとめ今回は海外FXの口座開設ボーナスについて詳しく解説していきます。 海外FXは業者によっては口座を開設するだけで3000円~3万円をタダ...
 
おすすめFX業者
 
 
IG証券は国内FXと海外FXの良いとこ取りをした、最強の国内業者です。
 

XMよりも資金効率が良く追証もなし、税率も安い!
国内業者でFXをやるなら絶対にIG証券一択です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です