FXGT

FXGTとBitMEXの違いやメリット・デメリットを8つの項目で徹底比較

雪ねこ
雪ねこ
どうも、FXトレーダーの雪ねこです

2020年からビットコインFXにおいてFXGTという新しい業者が話題になっていますね。

今まではビットコインFXならユーザー数世界一のBitMEXが主流でしたが、今後はFXGTのユーザーが急増していくと予想しています

この記事では最大手BitMEXとFXGTを徹底的に比較していきたいと思います。

 
海外FX魂 LINE@

FXGTは2way方式、BitMEXは板取引

fxgtとbitmexの注文方法の違い

FXGTは為替FXと同様にMT5(Metatrader5)という取引ツールでトレードを行うため、スプレッド方式の2WAY取引を採用しています。

一方、BitMEXは顧客同士で注文をぶつけ合う板取引を採用しています。

板取引は顧客が出している注文が少ないと成行注文をした際にかなり不利な価格で約定してしまうリスクがあり、2WAY方式にはスプレッド拡張が起こり得るリスクがあります。

個人的には為替FXでスタンダードとなっている2WAY方式に慣れておいたほうが良いのでFXGTをお勧めしています。

雪ねこ
雪ねこ
2WAY取引と板取引はどちらが良い!と決めることはできず、好みによって好き嫌いが分かれる方式だよ。

なので両方使ってみて自分の得意なほうを選ぼう!

FXGTは各種ボーナスあり

FXGTのボーナス

FXGTには口座開設ボーナスと入金ボーナスがあります。

FXGTに登録と本人確認をするだけで1万円のボーナスが貰えるため、多くのトレーダーがFXGTの口座開設をしているのです。

また、入金した金額に応じて追加でボーナスが貰えるキャンペーンも実施しており、入金額が2~3倍になって口座に反映されます。

BitMEXにはこうのようなボーナス制度が無いので、FXGTは入金した瞬間からBitMEXよりも大幅に有利な状態からスタートできます。

まずはFXGTに登録をして口座開設ボーナスをタダで受け取りましょう^^

スプレッド(手数料)の比較

銘柄 FXGTBitMEX
ビットコイン約0.035%
約300円
成行:往復 0.15%
指値:往復-0.05%
アルトコイン約0.035%
約0.08円
成行:往復 0.50%
指値:往復-0.10%
公式サイトFXGT口座開設BitMEX口座開設

スプレッド(手数料)において両社を比較すると、圧倒的にFXGTのほうが手数料が安いということが分かるかと思います。

特にBitMEXはアルトコインの成行手数料がかなり高く、同値撤退をしても手数料負けをしてしまいます。

FXGTではほとんどの仮想通貨においてスプレッドは約0.035%前後なので、例えばビットコインが90万円の時のスプレッドはたったの300円ほど。

雪ねこ
雪ねこ
日本人に大人気のリップルに至ってはスプレッドは0.08円ほどしかないよ!

ただBitMEXでは指値注文に関してはマイナス手数料を採用しているので、逆に手数料が貰える仕組みになっています。

よって成行注文がメインのトレーダーはFXGT、指値注文がメインのトレーダーはBitMEXを選ぶと良いでしょう

ただ損切りのストップロス注文は強制的に成行注文になるので、個人的には成行の手数料が安いFXGTをおすすめします。

取引銘柄はFXGTが圧倒的に多い

業者名仮想通貨為替
FXGTBTCUSD・BTCJPY・ETHBTC・ETHUSD・ETHJPY・BCHUSD・BCHJPY・LTCBTC・LTCUSD・LTCJPY・・XRPBTC・XRPUSD・XRPJPY通貨ペア50種
貴金属2種
エネルギー3種
株価指数8種
株式56種
BitMEXBTCUSD・ETHUSD・BCHBTC・LTCBTC・XRPBTC・EOSBTC・TRXBTCなし

仮想通貨においてはFXGTは5種、BitMEXは7種を取り扱っており、通貨の種類ではBitMEXのほうが多いです。

しかしFXGTは各通貨でBTC建てとUSD建て・JPY建てが用意されています。

アルトコインはBTC建てとJPY建てでは全く違う動きをしますので、両方トレードできるFXGTはかなり融通が利くので便利です。

またFXGTは為替銘柄の種類もかなり多く、仮想通貨以外の金融商品のトレードが可能

  • 為替通貨・・・ドル円やポン円など
  • 貴金属やエネルギー・・・金や原油など
  • 株価指数・・・日経やNYダウなど
  • 株式・・・Amazon株やApple株など

仮想通貨をメインにトレードしている人も、為替銘柄がいつでもトレードできる環境に入金しておいたほうが臨機応変に対応することができます。

つまり取引銘柄においてはFXGTの圧勝ということですね。

FXGTは日本円入金OK!BitMEXはビットコインのみ

fxgt 入金対応通貨

BitMEXは仮想通貨専門のFX業者なので、証拠金はビットコインにのみ対応しています。

つまりBitMEXでは日本円をそのまま入金することはできず、BTCを購入してBitMEXに送金する必要があるわけですね。

雪ねこ
雪ねこ
しかしFXGTは7種の通貨に入金対応していて、もちろん日本円もOKだよ

仮想通貨FXがやりたいけど取引所で仮想通貨を買うのはめんどくさいという人でも、FXGTなら日本円をそのまま入金してビットコインFXが楽しめます。

ビットコインを証拠金としてトレードする場合、ビットコインそのものの価格が動いているのでトレードをしていなくても資産が減る可能性があります。

その点、日本円を証拠金にしておけば資産がビットコインの価格に左右されることもないので証拠金は日本円をおすすめします。

FXGTはスマホアプリ対応

BitMEXにはスマホ版アプリが無く、直接Webサイトにアクセスする必要があります。

スマホに最適化されていない為、スマホの使いづらさがBitMEX最大の欠点と言えるでしょう。

しかしFXGTはMT5(MetaTrader5)に対応しており、スマホからでも快適にトレードを行うことが可能です

MT5は海外FXの標準ツールで、高機能なチャート編集機能があり注文もサクサク通るので非常に使い勝手が良いです。

スマホメインでトレードをするユーザーならFXGTをお勧めしたいですね。

MetaTrader 5

MetaTrader 5
開発元:zhixing yang
posted withアプリーチ

MT5の使い方の記事はこちら

約定力はFXGTが圧勝

BitMEXは急激に価格が動いた時は注文ボタンを連打しないと注文が通らず、サーバーごと落ちてしまう時もあります。

注文が通らないのに損切りができずに含み損が増え続けるのは最悪ですよね。

下の画像を見てみてください。

これは2018年10月11日にビットコインが500ドル暴落した時のチャートです。

この時BitMEXは約30分にわたりログイン不能状態になり、ロングポジションを持っていた人が次々とロスカットされていきました。

注文が通らないというのはFXにおいて致命的な欠陥なのです。

一方FXGTはMT5という高性能プラットフォームを使用しますので、いかなる時も注文は驚くほど一瞬で通ります。

相場が急変した時にスプレッドが一時的に開くことはありますが、注文が通らないことはほとんどありません。

サーバーの軽さや注文の決済能力に関してはFXGTの圧勝と言えます

BitMEXは注文がスベることがある

BitMEXはユーザー同士で注文を出し合って取引をします。

その為ユーザーの出した注文数が少ないと板が薄くなり、取引したい価格で注文が通らないことが有り得ます。

BitMEXはビットコインの取引量は多いのでまだ大丈夫ですが、アルトコインの板は薄いので大きな枚数で成行注文を出す時は注意が必要になります

下図はBitMEXのXRP/BTCの注文板です。

例えばこの状況で20万XRPのショートを成行で入れると、7504~7502の板が全て吹き飛んで7501で注文が入ることになってしまいます。

このようにユーザー間取引のBitMEXでは、大きな枚数の注文では取引が非常にしづらいという欠点があります。

一方FXGTは2WAY方式の取引ですので、板の薄さは関係なく表示されている価格で必ず決済されます。

このことからも大きなポジションでトレードをする場合は2WAY方式のFXGTを利用したほうがいいことがわかります

FXGTとBitMEXまとめ

 

今までは仮想通貨FXと言えばBitMEXが主流でしたが、2020年以降はFXGTが仮想通貨FXの覇権を取ると予想しています。

現にBitMEXからFXGTに口座を移した人がたくさんいますしね。

FXGTは口座開設ボーナスや入金ボーナスなども実施していますので、ボーナスを活用して有利にトレードを進めましょう!

 
おすすめFX業者
 
 
IG証券は国内FXと海外FXの良いとこ取りをした、最強の国内業者です。
 

XMよりも資金効率が良く追証もなし、税率も安い!
国内業者でFXをやるなら絶対にIG証券一択です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です