楽天証券

【決定版】iDeCo(イデコ)を選ぶなら楽天証券をおすすめする3つの理由

(左)勝手にお金が増える自動売買FX!  (右)0円から始められるポイント投資! ループイフダン  楽天ポイント投資

どうも、資産運用家の雪ねこです。

iDeCoってよく聞くけど何のこと?」

「iDeCoを始めたいけど、どこのiDeCoがいいかわからない…」

こんな人のために、この記事ではiDeCoの特徴と楽天証券でiDeCoを始めるメリットについて分かりやすく解説していきます。

iDeCoは日本が国民に推奨している制度ですので、強くおすすめできる資産運用です

メリットだらけの制度ですので、今日から楽天証券でiDeCoを始めてみましょう!

この記事でわかること

iDeCoは個人で運用する年金制度

 積み立てたお金は60歳以降に受け取れる

iDeCoの利益は非課税で、所得税や住民税が安くなる

 楽天のiDeCoは手数料が安く、ポイントも貯まる!

\ iDeCoやるなら楽天証券!  /

楽天証券 口座開設はこちら

iDeCo(個人型確定拠出型年金)とは?

iDeCoを一言で説明すると、自分で運用する年金制度のことです

毎月一定の金額を積み立てていき、60歳以降から積み立てた掛け金を受け取れます。

毎月5,000円から1,000円単位で積立が可能で、運用方法を「投資信託もしくは定期預金」の2種類から選べます。

また、毎月の掛金の上限額は仕事の業種によって異なります。

毎月の掛金の限度額
自営業者 68,000円
会社員 23,000円
公務員 12,000円
専業主婦 23,000円

また、受け取り時も一括受取分割受取かを選択することが可能です。

今や国民年金・厚生年金の制度は破綻しており、老後に年金が貰えるかは怪しくなってきていますよね。

しかしiDeCoなら自分で積み立てたお金を老後に手元へ戻すだけなので、積み立てたお金は60歳で必ず戻ってきます

年金が信用できないご時世だからこそ、iDeCoで自分年金を始めてみませんか?

 

iDeCoのメリット

①:積立に使ったお金は所得控除できる

iDeCoでは毎月お金を積み立てていきますが、この積み立てたお金(掛金)は所得控除が適用されます

例えば年間で20万円を積み立てた場合、自分の所得から20万円を控除して来年支払う税金を安くすることができるのです。

つまり将来手元に戻ってくるお金なのに、毎年税金を安くすることができるのです

iDeCoを運用していれば来年から所得税と住民税が安くなりますよ^^

節税効果があるので銀行にお金を預けておくよりよっぽど賢いですね!

②:運用時に発生した利益は非課税!

iDeCoでは積み立てたお金で投資信託などを運用することになります。

投資信託は年間利回り2~4%ほどを期待できるので、iDeCoで積み立てたお金は自動的に増えていく可能性が高いです。

そしてiDeCoの運用で出た利益には税金が掛かりません!

投資や資産運用では利益に約20%の税金が掛かるのが普通ですが、iDeCoでは何百万円稼いだとしても非課税なのです。

掛金で所得控除ができて、運用利益には税金が掛からない素晴らしい制度ですね^^

③:受け取り時にも非課税効果がある

iDeCoは60歳から掛金を受け取る時にも条件付きで非課税になります。

掛金は一括か分割かを選択できますが、それぞれ非課税の条件が異なります。

● 一括受取 ⇒ 退職所得と合わせて1500万円まで非課税

● 分割受取 ⇒ 公的年金と合わせて70万円まで非課税

積み立てる時には所得控除があり、受け取る時には非課税になるのは嬉しいですね。

これは特に退職金の無いフリーランスや自営業者にとって、自分で非課税の退職金を作れる制度と考えると分かりやすいかと思います..!

とにかくiDeCoは節税メリットが大きいのでやらない手はないですね^^

楽天証券 口座開設はこちら

iDeCoのデメリット

①:60歳までは掛金を引き出せない

iDeCoは年金の一種ですので、途中でお金を引き出すことはできません

原則として掛金を受け取れるのは60歳からです。

しかし国民年金や厚生年金は受給期間が先延ばしになりつつありますが、iDeCoがそうなることは絶対にありません。

60歳からしっかり受け取れる年金としてiDeCoは信頼度が高く人気なのです。

②:元本割れの可能性はある

iDeCoで積み立てた掛金を投資信託で運用した場合、利回り2~4%ほどの利益に期待ができます。

しかし100%増える保障はなく、元本割れを起こしてしまうリスクはあります。

しかしiDeCoは数十年単位の長期運用なので、60歳になる頃にはかなり高い確率で資産は増えているでしょう

1~2年スパンの短期間で見ると減ってしまう年もあるかもしれませんが、気にせずに積立を続けて問題ありません^^

③:各種手数料が掛かる

iDeCoを運用するにあたって口座管理手数料等のいくつかの手数料が発生してしまいます。

しかし手数料は掛金や年金資産から自動で引き落とされますし、iDeCoの掛金は自動で増えていきますので手数料は相殺されます

ですのでiDeCoの手数料を気にする必要は全くありません^^

 

楽天証券でiDeCoを運用する理由

①:楽天スーパーポイントが貯まる!

楽天のサービスを利用していると楽天ポイントが貯まることが多いですが、これはiDeCoでも適用されます。

ただしこれには「楽天iDeCoの掛金引き落としを楽天銀行にしていること」という条件があります。

楽天を利用するなら楽天カード・楽天銀行・楽天証券の3つは必ず登録しておきましょう。

この3つを利用するだけで劇的に楽天ポイントが貯まるようになります。

\ 楽天カード申し込みで5000pt貰える /

楽天では投資信託を保有している分の0.048%~0.06%のポイントを年間で得られますが、iDeCo口座で保有している投信に関してはポイント還元はありません。

iDeCoでポイントを貰う為には、掛金を楽天銀行から引き落とすようにしましょう。

②:手数料が一番安い

iDeCoの手数料は加入時に国民年金基金連合に支払う2,777円(税込)と、毎月発生する各種手数料です。

最初の2,777円はどの金融機関を通してiDeCoを運用しても必ずかかります。

しかし楽天証券のiDeCoは運営管理手数料は誰でも無条件で0円、口座維持手数料は最安の167円となっています。

以前まではiDeCo口座残高が10万円以上の人のみが手数料0円でしたが、最近では始めたての人でも手数料無料になりました。

手数料を考えるとiDecoは楽天証券一択なのです

楽天証券 口座開設はこちら

③:投資商品が豊富で低コスト

楽天証券のiDeCoの掛金は投資商品を保有するか定期預金を選ぶかの2択になります。

みずほの定期預金は元本保証があり、他の商品は元本割れをするリスクがあります。

投資 商品 運用管理費
定期預金 みずほDC定期預金
国内株式 三井住友・日本株インデックスファンド 0.1728%
たわらノーロード 日経225 0.1836%
iTrudt日本株式 0.9612%
MHAM日本成長株ファンド<DC年金> 1.6740%
フィデリティ・日本成長株ファンド 1.6524%
コモンズ30ファンド 1.0584%
国内債券 たわらノーロード国内債券 0.1512%
明治安田DC日本債権オープン 0.6480%
国内REIT 三井住友・DC日本リートインデックスファンド 0.8700%
野村J-REITファンド 1.0260%
海外株式 たわらノーロード先進国株式 0.2160%
インデックスファンド海外新興国株式 0.5940%
ラッセル・インベストメント外億株式ファンド 0.14364%
iTrust世界株式 0.9612%
楽天・全米株式インデックス・ファンド 0.1696%
海外債券 たわらノーロード先進国債権 0.1836%
たわらノーロード先進国債権(ヘッジあり) 0.2160%
インデックスファンド海外新興国債権 0.5616%
みずほUSハイイールドファンド 1.5120%
海外REIT 三井住友・DC外国リートインデックスファンド 0.2916%
国内外株式 セゾン資産形成の達人ファンド 1.5500%
楽天・全世界株式インデックスファンド 0.2296%
コモディティ ステートストリート・ゴールドファンド 0.8860%
バランス型 三井住友・DC世界バランスファンド 1.2856%
三菱UFJDCバランス・イノベーション 0.6480%
投資のソムリエ 1.1880%
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 0.6200%
楽天・インデックス・バランス 0.2078%
ターゲットイヤー 楽天ターゲットイヤー2030 0.8970%
楽天ターゲットイヤー2040 0.9170%
楽天ターゲットイヤー2050 0.9170%

楽天iDeCoでは優秀な低コストのインデックス投信が揃っています。

あまりに商品数が多すぎても初心者はどれを選んだらいいか分からないと思いますが、楽天iDeCoは31種類に絞ってありますので初心者にも優しいです。

よく分からない人はみずほの定期預金で運用するといいでしょう

また楽天iDeCoには、R&Iファンド大賞を3度受賞したセゾン投信も取り扱っています。

iDeCoでセゾン投信を買えるのは楽天だけであることもメリットの1つです。

 

老後のお金は自分で作る時代

近年では少子高齢化社会が進み、年金制度の破綻がすぐそこまで来ています。

30代以下の若者は将来、満足に年金暮らしができなくなる可能性が非常に高いです

つまり年金に頼らない資産形成を若いうちからしておく必要があります。

老後に発生する費用

● 生活費=月20万円

● 旅行・趣味娯楽・リフォーム費用

● 老人ホーム・介護ヘルパー費用

これらの出費が老後にも掛かってきますが、国が用意した年金だけでは足りません

特に老人ホームや介護の助けが必要になってきた時にお金が無いと、自分の子供に迷惑をかけてしまうことになります。

 

しかし資産運用は難しそうで手が出せない…という人も多いと思います。

そんな人のためにiDeCoは国が推奨している資産運用の1種で、様々な節税メリットを用意してくれています。

iDeCoは年金に頼らず自発的に資産形成をして欲しいという国民への願いですね^^

楽天証券のiDeCoのお得な積立で、老後資金を自分で作っていきましょう!

 

楽天証券のiDeCoまとめ

iDeCoは積み立てた金額がそのまま税金控除に使えるので、やって損をすることがほぼないお得な年金制度です

難しい知識は要らず、毎月自分の決めた金額をクレカもしくは楽天銀行から引き落として積み立てるだけ。

公的年金は信用せず、自分の手で老後資金を確保しましょう。

特にiDeCoの節税高価の凄さはやり始めてから実感すると思いますよ^^

\ iDeCoやるなら楽天証券!  /

楽天証券 口座開設はこちら

楽天証券のサイトマップ