【最新版】仮想通貨の始め方・買い方
テクニカル分析

【図解】三尊・逆三尊の意味と使い方|トレンド転換を示す強いサイン

▼23,000円タダで貰える仮想通貨の取引所LIQUID!▼ QUOINEX

どうも雪ねこです。

FXをやる上で三尊・逆三尊という言葉を聞いたことがあると思います。

三尊・逆三尊はチャートのトレンド転換を知る強力なシグナルですので、知っている人と知らない人で必ずFXの勝率に差が出てきます

この記事では初心者にもわかりやすく三尊について解説していきます。

三尊を活用して今後のトレードに是非活かしてみてください^^

ビットコインFXならBitMEX
 ➤ 登録はこちら ➤ 詳しい記事へ

為替FXならXM
 ➤ 登録はこちら ➤ 詳しい記事へ

三尊天井とは

三尊の読み方は「さんそん」で、別名トリプルトップとも呼ばれます。

上図のように上昇相場で3つの山(天井)を形成した後にトレンド転換して大きく下落するサインのことを言います。

三尊の成立にはいくつかのポイントがあります。

  1. 2番目の山が最初の山よりも高い
  2. 3番目の山が最初の山よりも低い
  3. 山の幅(間隔)が一定である

三尊は形が綺麗であればあるほど信頼度の高いシグナルとなります。

一定の間隔で3つの山を形成し、その後下落し始めたら動きを注視しておきましょう。

【三尊形成後のエントリーポイント】

  1. ネックラインを割る直前にロング
  2. ネックラインを割った後にショート

三尊をトレードに活かすには、ネックライン際でエントリーすることが重要です。

ネックラインを割らずに三尊を否定すればそこから反発して大きく高騰していきます。

逆にネックラインをしっかり割れば、そこからは大きく下落していきます。

僕がよく使う手法は、ネックライン付近にロングの指値を置いておき、ネックラインの下にドテン用の逆指値注文(ストップ)を入れておくことです

こうすることで三尊否定時は底でロングポジションを持てますし、ネックラインを割った場合はストップが発動してドテンショートにポジションを切り替えることができます。

是非活用してみてください^^

 

逆三尊とは

逆三尊はトリプルボトムとも呼ばれ、山尊天井の逆バージョンになります。

3つの底を作ってからネックラインを超えた時に上昇するシグナルですね。

  1. 2番目の底が最初の底よりも低い
  2. 3番目の底が最初の底よりも高い
  3. 山の幅(間隔)が一定である

【三尊形成後のエントリーポイント】

  1. ネックラインを超える前にショート
  2. ネックラインを超えた後にロング

こちらも三尊天井の時と同じくネックライン付近でエントリーを狙います。

ネックライン付近でショートの指値を入れておき、ネックラインの上でドテン用の逆指値注文をいれておきます。

 

実際の三尊のチャート

これは実際のビットコインのチャートです。

三尊天井を匂わせるチャートの動きをし、3つの山を形成しています。

そこからネックラインにタッチしたあと下まで下げきらなかった為、三尊否定となり逆に上での買い圧力が高まって高騰しました。

このように三尊形成後はネックライン後に急激な動きをすることが多いため、うまく乗れれば大きな利益を上げることができます

 

三尊まとめ

  1. トレンド転換を見抜く強いサイン
  2. 形が綺麗なほど信頼度が上がる
  3. エントリーポイントはネックライン際

三尊はダブルトップやダブルボトムよりも珍しいテクニカルシグナルですので、綺麗な形を描いていればそれだけ強力なトレンド転換のシグナルになります

チャートが三尊・逆三尊に近い形になってきた場合はネックラインを引いてみて、その後の動きをよく見ておきましょう。

ネックライン付近でしっかりエントリーできれば、その後の大きな値動きを初動で捉えることができるので大きな利益を上げることが可能になります。

ビットコインFXならBitMEX
 ➤ 登録はこちら ➤ 詳しい記事へ

為替FXならXM
 ➤ 登録はこちら ➤ 詳しい記事へ

【図解】レジスタンスライン・サポートラインの引き方と正しい使い方どうも雪ねこです。 FXでトレードをしている人はレジスタンスラインやサポートラインをいう言葉を聞いたことがあると思います。 2つ合わ...
【図解】フィボナッチラインの引き方|FXでテクニカル分析をしようどうも、雪ねこです(@Yuki_coiner1) 今回はFXをやっているとよく耳にする言葉『フィボナッチ』について初心者にもわかるよう...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事