テクニカル分析

【図解】一目均衡表(一目雲)のエントリーポイントとMT4・MT5アプリでの引き方

FXのテクニカル分析の1つに一目均衡表というものがあります。

一目均衡表は通称「」と呼ばれ、多くのトレーダーがエントリーポイントを探る為に利用している重要なテクニックです。

雪ねこ
雪ねこ
雲を知らない人はFXにおいてハンデを背負っていると言っても過言ではないよ。

一目均衡表は価格の推移よりも「時間」を重視したテクニカル分析法で、時間による相場の変化からトレンド転換を推測したりすることができます。

この記事では一目均衡表の特徴から実際使い方、MT4アプリでの表示のさせ方まで徹底解説していきますので是非ここで覚えていきましょう!

一目均衡表(雲)とは

名称特徴
① 基準線過去26日間の最高値と最低値の中間値のこと。
② 転換線過去9日間の最高値と最低値の中間値のこと。
③ 遅行スパン終値を26日前にズラした線のこと。現在の価格が26日前より高いか低いかを示しており、
④ 先行スパン1転換線と基準線の中間値を26日先(未来)にズラしたもの。
⑤ 先行スパン2過去52日分の最高値と最安値の中間値を26日先にズラしたもの。
※ 雲先行スパンの1と2に囲まれた部分を雲と呼ぶ。

このように一目均衡表とは5つの線からなる指標の総称で、これらの線を用いて今後の値動きを予想していきます。

しかしこれだけ見ても何がどうなったらいいのか分からないと思います。

では実際に一目均衡表がどうなったら買い時・売り時のサインなのかを解説していきます。

三役好転と三役逆転がエントリーポイント

一目均衡表には「三役好転」と「三役逆転」という有名なシグナルがあります。

この2つのシグナルが出た時が強いエントリーポイントのサインですので、見逃さないように注視しておきましょう。

三役好転の条件

  • 転換線が基準線を下から上に抜ける
  • 遅行線が価格(ロウソク足)を下から上に抜ける
  • 価格(ロウソク足)が雲を下から上に抜ける

以上三点を全て満たした時が三役好転となります。全てが上向きとなり相場が完全に買い気配となる為、一気に上昇相場へとなる可能性が高いです。

三役逆転の条件

  • 転換線が基準線を上から下に抜ける
  • 遅行線が価格(ロウソク足)を上から下に抜ける
  • 価格(ロウソク足)が雲を上から下に抜ける

三役逆転は三役好転の逆バージョンですね。全てが下向きとなり相場が完全に売り気配となるので、一気に下落相場へとなる可能性が高いです。

これら3つの条件が2つ揃った時も割と強めのシグナルとなり得ますが、3つ全て揃った時はかなり強いシグナルと考えてOKです

3つ揃うことは滅多にありませんが頭の片隅にでも置いておきましょう。

雲を活用したエントリーポイント

一目均衡表の先行スパン1と2に囲まれた色のついた部分を「雲」と呼び、この雲がテクニカルとして非常に重要な働きをします。

価格チャートはこの雲を抵抗線や支持線として反発したり、雲を抜けた瞬間に一気に突き抜けていく傾向があるのです。

雲の特徴はこれ!

  1. 価格が雲の上にある時は上昇相場
  2. 価格が雲の下にある時は下落相場
  3. チャートが雲にぶつかる場所で反発しやすい
  4. 分厚い雲は反発しやすい
  5. か細い雲は突き抜けて行きやすい

トレーダーたちは雲を見ながらエントリーポイントを決めるので、雲にぶつかる価格帯は自然と注文が殺到しているということです。

つまり雲とチャートがぶつかる価格帯がエントリーポイントということですね。

もちろん雲を抜けていく時は一気に突き抜ける可能性があるので、過信はしすぎずにあくまでもエントリーの参考程度に留めておきましょう^^

雲の「ねじれ」は要注目!

雲の薄いところは反発力が弱く突破されやすいと説明しましたが、特に先行スパン1と2が交わる場所(ねじれ)は要注目!

このねじれをピンポイントで突き抜けて行くことはよくあります

ただし雲の薄い場所やねじれは短期的に抜けてもすぐ戻ることもあり、抜けたからと言ってトレンド転換したと判断するのは早計です。

厚い雲をしっかり抜けた時はトレンド転換の期待が高まりますので、抜け直後にエントリーするのはアリです^^

MT4とMT5アプリで雲を表示させる方法

では一目均衡表および雲をMT4・MT5で実際に表示させる方法を解説します。

MT4とMT5ではやり方は全く同じです。

MT4のインストールと基本的な使い方はこちら

MT4のチャート画面を開き、上段メニューの「 f 」のマークをタップしましょう。

インディケータのページになるので、「メインウィンドウ」をタップ。

次の画面で「Ichimoku Kinko Hyo」を選択し、完了をタップするだけです。

転換線や基準線・先行スパンの数字はそのままでOKで、各線の色は自分の見やすい色にカスタマイズするといいでしょう。

すると上図のようにチャートに一目均衡表の5本ラインと雲が表示されます。

スマホを横向きにすると見やすいですね。

MT4で雲を活用してトレードに活かしてみましょう^^

一目均衡表まとめ

一目均衡表は常にチャートに表示しておくことを推奨します。

初心者はまず雲だけに注視して、ロウソク足が雲にぶつかりそうになった時にどういう価格推移をするのかを見ていきましょう。

雲とロウソク足がぶつかる場所でエントリーしていくだけでも勝率を上げることができるはずです。

ダイヤモンドフォーメーションとは?エントリーポイントと利確ポイントを解説 FXをやっているとダイヤモンドフォーメーションという言葉を聞くことがあります。 これはFXにおいて重要なテクニカル分析法の1つで、...
【図解】フィボナッチラインの引き方や損切り・エントリーポイントを解説どうも、雪ねこです(@Yuki_coiner1) 今回はFXをやっているとよく耳にする言葉『フィボナッチリトレースメント』について、初...
関連記事