ノーリスクで仮想通貨を始める方法
ビットコインFX

【図解】フィボナッチの引き方|仮想通貨FXでテクニカル分析をしよう

どうも、雪ねこです(@Yuki_coiner)

今回はビットコインFXをやっているとよく耳にする言葉『フィボナッチ』について初心者にもわかるように解説していくよ。

フィボナッチはFXに限らず仮想通貨トレードで勝率を上げることができる重要なテクニックなので、ここで必ず理解しておこう。

フィボナッチとは?

フィボナッチとは正式にはフィボナッチ・リトレースメントと呼ばれ、フィボナッチ比率という数学的な法則をもとにチャートの動きを読むテクニカル分析の1種だ。

これはチャートが反転するタイミングを知る為の指標としてよく利用されているよ。

フィボナッチでチャートにラインを引くことにより、どこで下落が止まるのか・どこまで上昇していくのかを予想することができる。 

フィボナッチの引き方

まず直近で一番価格が低い所と一番価格が高い2点を決めよう。

その2点の価格差を100%として、23.6%、38.2%・50%・61.8%・76.4%の価格で横に線を引けばフィボナッチラインの完成だ。

上図では23.6%と38.2%のラインでチャートが反転するような動きをしているね。

フィボナッチで引いたラインは多くのトレーダーが意識している価格 になるので、実際にここでチャートが反発するケースはよく見る。 

半値戻し』もよく聞くけど、これはフィボナッチで言うところの50%ラインだね。

また、フィボナッチで引いたラインはしばらくサポート・レジスタンスラインとして意識され、何度もそこで反発し続けることもある。

特に23.6%と38.2%のラインが強く意識されやすく、チャートがここで反応することが多いので覚えておこう

手っ取り早く計算したい時は下記サイトに底値と天井の価格を入力すれば一瞬でフィボナッチラインの価格がわかるよ。

➤ フィボナッチ 計算機 – Investing.com 

 フィボナッチ通りに価格は動くの?

 ビットコインの価格は投資家同士の心理で動いているので、他のトレーダー達もテクニカル分析を頼りにトレードをする人が多い。

フィボナッチは有名な手法なので利用する人が非常に多く、実際にフィボナッチラインの価格で注文を出す人も当然多くなる。

みんながフィボナッチを意識して注文を出すということは、実際にその価格で売買が行われて下落が止まったり、反転しやすくなるというわけだ

もちろん価格の動きに絶対は無いので、フィボナッチで引いたラインを簡単に突破されることはよくあるので、あくまでもトレードの目安として考えよう。 

また、フィボナッチに限らずテクニカル分析で引くラインは長ければ長いほど重要度が増すことにも注意。

15分足のチャートに引くよりも日足のチャートに引いたラインのほうが意識されやすいラインとなるので、時間軸を色々変えながらラインを引くクセを付けよう。
 

 スポンサーリンク

 

BitMEXのフィボナッチの引き方

 取引所によってはフィボナッチがツールとして標準搭載していることがある。

筆者がビットコインFXで最もオススメしているBitMEX(ビットメックス)ではフィボナッチを一発で引くツールが搭載されているので、使い方を解説するよ。 

 
(上記リンクから登録すると手数料が10%OFFになる特典付き)

 
BitMEXのトレード画面を開き、まずはチャートの右上にある矢印ボタンを押して画面いっぱいにチャートを広げよう。

サイドメニューのフォークの形をしたアイコンの右にある『>』マークをクリックすると様々なツールが表示されるので『フィボナッチ・リトレースメント』を選択。

あとは下図のように、最高値(天井)と最低値(底)の2点をクリックするだけでフィボナッチラインをカラフルに引いてくれるお手軽ツールとなっている。

  

総括

フィボナッチまとめ

● テクニカル分析手法の1つ
● 反発のタイミングを予測できる
● 過信しすぎは禁物。あくまで目安
● BitMEXのツールが便利

初心者は訳もわからず適当にポジションを入れるよりも、フィボナッチライン付近で注文を入れるほうが勝率は上がるはずだよ。

ただし、テクニカル分析を信用しすぎて無茶なトレードをするのは厳禁。

あくまでポジションを入れる根拠の1つとして考えるようにしよう。 

関連記事

 

関連記事